このページの目次
「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」(企画展示室)

「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」(企画展示室)

開催概要

特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」
開催期間2021年7月13日(火)~9月5日(日)
開催期間 2021年7月13日(火)~9月5日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A
料金

一般:600円 / 大学生:250円
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※高校生以下は入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館が無料です。
※半券の提示で当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。

開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 毎週月曜日(8月9日[月・休]は開館)
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
展示協力 公益財団法人 平木浮世絵財団

地震けん(部分) 黄雀文庫蔵

開催趣旨

安政2年10月2日(1855年11月11日)の夜に発生し江戸の町に甚大な被害をもたらした安政江戸地震の直後から、被災状況を伝える瓦版などさまざまな出版物が売り出されました。なかでも、地震の元凶とされた地中の大鯰をモチーフとし、今日「鯰絵」と呼ばれる戯画的版画は、同年末に禁止されるまでの間、200種を越えるものが発行されたといわれています。

鯰絵の多くは地震の元凶と信じられていた大鯰をモチーフとしていますが、鯰を制する側の鹿島神や要石などを題材にしたもの、被災して損害を被った富裕者たちを描くものなど、さまざまな主題と趣向を取り入れ、ユーモアに富んだ画面をつくりあげています。鯰絵には地震に対する不安や怖れ、震災後の世相に対する風刺、あるいは世直しへの願望など、民衆のさまざまな思いが投影され、歴史学や民俗学などの研究対象として注目されてきました。

本展では、黄雀文庫所蔵の鯰絵コレクションの初公開を通して、未曽有の災害に遭いながらも、諧謔の精神でたくましく乗り越えようとした江戸の民衆の豊かな想像力を、主として江戸の都市文化の文脈の中でとらえようと試みる企画です。

広報画像 傾城あだなの焚 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎「傾城浅間獄(けいせいあさまがたけ)」のパロディ。 巴之丞が愛人の傾城奥州と取り交わした起請を焼くと、煙中に奥州の霊が現れて巴之丞に恨みを言う有名な場面。巴之丞ならぬ鯰(羽織の紋は瓢箪で「巴」をつくる)が、出現した傾城の幽霊(被災した吉原で落命)に驚く様子。

 

本展のみどころ

  • 民衆は大地震の元凶に何を見、そしてそれを防ぐものとして何に期待したのか?
  • 大津絵の画題や歌舞伎の一場面をパロディ化した手並みの鮮やかさ
  • 逆境にも負けず、諧謔の精神で乗り越えようとする民衆のエスプリを見る
  • 鯰絵の中に民衆の世相へのちくりとした風刺を見る
  • 従来あまり知られていなかった鯰絵出版のメカニズムを垣間見る

作品リスト・展示替えスケジュール

展示構成

※章の構成と出品作品は変更になる場合があります。
※会期中、展示替えを行います。

プロローグ

江戸に大きな被害をもたらした安政江戸地震の直後から、地震の被害状況を伝える絵図や震災後の世相を描く錦絵、あるいは地震誌というべき書物などさまざまな出版物が生み出されました。プロローグでは、国立歴史民俗博物館の所蔵品を中心に、安政江戸地震以前の善光寺地震のものなども含め、地震に関する多彩な出版物を紹介します。

『安政見聞誌』 安政3(1856)年 国立歴史民俗博物館蔵

安政江戸地震を扱った地震誌の代表作例で、戯作者の仮名垣魯文(かながきろぶん)の作。市中の被災状況だけでなく、地震にまつわるエピソードや震災後の出版物を収載するなど多彩な内容を持つ。無届出版であることから発禁となった。

 

第一章 地震の被害

黄雀文庫から安政江戸地震の直接的被害を伝える絵図や地震誌の類と、その後の被災生活などを描く鯰絵を紹介します。地震後を描く主題には、死者を供養する施餓鬼会や、野外での被災生活などが見出されます。

地震後野宿の図 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

余震を怖れ、人々が建具を寄せ合って野宿する姿を描く。提灯には「鹿島明神」「要屋」「瓢箪屋」など、地震に因む文字が見出せる。

 

第二章 鹿島・要石・神馬(信仰と鯰絵)

地震の原因は地中深く棲む大鯰、それを普段は鹿島神が要石で抑え込んでいたと考えられていました。安政江戸地震が起きたのは、たまさか神々が出雲に集い留守になる神無月。鹿島神の留守を預かる恵比寿の不注意で鯰が暴れました。鯰絵にはこうした当時の俗信を面白おかしく描き込んだものが少なくありません。

広報画像 鹿島神と要石 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

要石で大鯰を制する鹿島明神。その前でひれ伏し謝罪する鯰たち。

広報画像 鯰と要石 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

要石に寄りかかり居眠る老人(鹿島神の留守を預かる恵比寿か)の夢の中で、大鯰が暴れて町が炎に包まれる様子を描いている。

 

第三章 損する人・得する人

地震により仕事にあぶれた人々や財産を失った持丸(金持ち)がいる一方で、復興景気の中で大工や左官など建設業に携わる職人たちは賃金が高騰して潤いました。損失を蒙った人々が鯰を痛めつける一方で、仕事が増えた人々は鯰を庇おうとします。地震後のそうした世相を風刺した鯰絵には、富の再配分への期待感が感じられるものもあります。

広報画像 鯰退治 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

まな板の上に載せられ、被災者たちに料理されようとする大鯰。四角い枠内は、地震除けの護符が書かれている。

広報画像 難義鳥(なんぎちょう) 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

建築関係の職人たちが蒲焼屋で鯰を肴に酒宴の最中、怪鳥が現れて鯰をさらっていく。震災復興で潤う者たちへの皮肉が込められている。

広報画像 鯰のけんくわ 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

地震で蔵が潰され、その狭間で商売が出来なくなった辻君(夜鷹)が鯰に殴りかかり、職人が仲裁する。その後ろでは地震で家屋や蔵が潰れた持丸(金持ち)が、もっと殴れとけしかける。

広報画像 鯰に金銀を吐かされる持丸  安政2(1855)年 
黄雀文庫蔵

黒づくめの盗人装束をした鯰が金持ちたちに金銀の貨幣を吐き出させている。職人たちに混じり金を拾う医者の姿(左端)は、地震による怪我人治療で潤ったことを風刺したもの。

広報画像 鯰の切腹 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

地震を起こして人々に迷惑をかけた責任をとって切腹する鯰。背中には鹿島大明神の射た矢が刺さっている。鯰の腹からは小判があふれ出て人々を潤すという世直しへの期待。

広報画像 大鯰江戸の賑ひ 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

江戸湾に浮かび上がったのは鯨ならぬ大鯰。潮のように金銀を吹き出している。嘉永4(1851)年に大井村の海岸に鯨が漂着したことをふまえたもの。

広報画像 じしん百万遍 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

地震を起こしたことを悔いて出家の決心をした鯰。地震で潤った職人たちが、いっしょになって百万遍の念仏を唱える。頭上には地震で落命した人々の亡霊。

 

第四章 パロディ

鯰絵には人気のある歌舞伎の一場面や流行歌、門付芸、番付や年代記などのパロディになっているものが数多く見出されます。それらは地震後の世相を伝えてはいますが、いかに巧みに「もじる」かに主眼が置かれているようで、江戸の人々の豊かな諧謔精神が見て取れます。

広報画像 雨には困ります 野じゆく しばらくのそとね 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎の「暫」のパロディ。「暫のつらね」ならぬ「暫くの外寝」と洒落て、被災後の野外生活を謳い込む。

広報画像 名石千歳刎(めいせきせんざいはね) 
男之助せりふ 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎の「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の有名場面のパロディ。仁木弾正に扮する鯰は、床下の鼠ならぬ瓢簞から出現。対する荒獅子男之助に扮するのは要之助(鹿島大明神)。

広報画像 地震けん 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

鯰(地震)、雷神、炎の三者が狐拳で遊ぶのを親父が見物。江戸の名物、地震・雷・火事・親父のパロディ。

広報画像 ちよぼくれちよんがれ 安政2(1855)年 
黄雀文庫蔵

ちょぼくれ(上方ではちょんがれ)は願人坊主が路傍や門口で歌って銭を乞う門付芸。ここでは鯰の願人坊主に閻魔の子と地蔵の子がくっついて歩いている。歌詞は、地震発生時に周章狼狽した様子、直後の避難生活の苦境を詠み、最後は世直しへの期待で結んでいる。

 

第五章 一枚摺り

黄雀文庫から地震に関して売り出された墨摺の一枚摺りをまとめて展示します。安政江戸地震に関する一枚摺りは被災地域や御救小屋を示すもの、引札や番付、身元保証書などの文書のパロディで地震の被害を伝えるもの、狂歌に被害や世相を詠み込むものなど多彩です。

江戸 大地震新焼場附 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

11月に行われる歌舞伎の顔見世興行の番付を模して、地震の被害状況を伝えたもの。中央上部の劇場の櫓紋は市村座の橘に似せて瓢箪と鯰で出来ている。震災によりこの年の顔見世は行われず、この一枚摺りは用意していた顔見世番付の版木を転用した可能性もある。

 

第六章 その他

大津宿の土産として知られる大津絵には「瓢簞鯰」という画題があり、鯰絵に繰り返し取り入れられています。この章では瓢簞鯰をもとにした鯰絵、さらに鯰絵以外で瓢簞鯰のモチーフを取り入れた錦絵類を展示します。また、地震後の世相をもとにした役者絵なども紹介します。

広報画像 冬の宿嘉例(しゅくかれい)のすゝはき 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎役者たちが年末の恒例の煤掃き(大掃除)をしている光景と見せて、実は地震直後の屋外での避難生活を描いたもの。

 

エピローグ

一時的に大流行した鯰絵は、その後の風刺画にも少なからず影響を与えています。エピローグでは、国立歴史民俗博物館が所蔵する戊辰戦争の風刺画などをもとに、幕末の風刺画と鯰絵の関連をさぐります。

広報画像 浮世又平名絵の誉 慶応4(1868)年
国立歴史民俗博物館蔵

鯰絵に描かれる瓢箪は大津絵の瓢箪鯰に由来する。戊辰戦争など幕末の風刺画にも、大津絵をモチーフに取り込んだものが散見される。

 

【黄雀文庫とは】

浮世絵研究者で収集家としても知られる佐藤光信氏(公益財団法人 平木浮世絵財団理事長)の個人コレクションです。錦絵や絵本など江戸時代の浮世絵を中心とした多彩な内容を誇ります。特に約200点におよぶ鯰絵は、質・量共に国内最大級のものです。

これまで黄雀文庫の鯰絵は国内最大級のものとして、一部の研究者に注目されてきていましたが、まとまって展示する機会に恵まれませんでした。その全貌を世に広め、今後の鯰絵研究に資することを希望する佐藤氏の強い意向を受け、今回の展示が実現しました。

 

【展示プロジェクト委員】

展示代表:大久保 純一(国立歴史民俗博物館 副館長/情報資料研究系 教授)
専門分野 日本近世絵画史
著書、論文、原稿執筆、講演多数。主な著書に、『アートセレクション 千変万化に描く北斎の冨岳三十六景』(小学館、2005年)、『カラー版 北斎』(岩波新書、2012年)、などがある。

展示プロジェクトメンバー
佐藤 光信  (平木浮世絵財団・理事長)
森山 悦乃  (平木浮世絵財団・理事・主任学芸員)
松村 真佐子 (平木浮世絵財団・学芸員)
湯浅 淑子  (たばこと塩の博物館・主任学芸員)
島津 美子  (国立歴史民俗博物館 情報資料研究系・准教授)
久留島 浩  (国立歴史民俗博物館 特任教授)
川村 清志  (国立歴史民俗博物館 民俗研究系・准教授)