このページの目次
「中世公家の〈公務〉と生活-広橋家記録の世界-」「印籠とたばこ入れ」「水滸伝ブームの広がり」

第3展示室
「中世公家の〈公務〉と生活-広橋家記録の世界-」

開催概要

開催期間 2023年3月7日(火)~ 2023年5月7日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日 
※5月1日(月)は開館
※その他館内メンテナンスのため休館する場合があります。
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

●重要文化財の『経光卿記』・『経光卿暦記』・『兼仲卿記』・『兼仲卿暦記』・『弁官補任』を展示
●新収蔵資料はいずれも今回初公開
●広橋家に蓄積されたバリエーション豊かな資料群から中世の公家社会の実態に迫る

趣旨


『洛中洛外図屏風』歴博甲本(部分) 
16世紀前半 本館蔵
※広橋邸部分

2020年度から開始した基盤研究「『広橋家旧蔵記録文書典籍類』を素材とする中世公家の家蔵史料群に関する研究」(研究代表:家永遵嗣)の研究成果を展示にて公表します。本共同研究では、『広橋家旧蔵記録文書典籍類』に含まれる日記、公務関係文書、先例調査文献を、広橋家歴代当主それぞれの経歴と結びつけて位置づけ、その全体像をイエの歴史として整理して提示することを主目的に掲げています。本特集展示では、館蔵の実物資料を用いてこの研究成果を具体的に示し、多様な資料群からなる『広橋家旧蔵記録文書典籍類』の魅力と奥深さを紹介するとともに、広橋家からみた中世における公家社会の具体相を展示します。

また、当館では2018年度に『八省御斎会部類記』(H-63-994)、2019年度に『大仁王会部類記』(H-63-995)、2020年度に『春日経供養家記抄』(H-63-996)・『兼仲卿暦記』自正安二年正月四日至二十一日(H-63-997)、2021年度に『兼仲卿暦記』自正安二年正月二十二日至三月二十九日(H-63-998)を相次いで購入しました。これらの資料は、いずれも広橋家当主によって作成されたものであり、『広橋家旧蔵記録文書典籍類』と一体をなすものです。本特集展示では、これら新収蔵資料もあわせて公開します。

 

主な展示資料

【広橋家旧蔵記録文書典籍類】
『経光卿暦記』・『経光卿記』・『経光卿御斎会奉行記』・『兼仲卿暦記』・『兼仲卿記』・『兼宣公記』・『綱光公暦記』・『綱光公記』・『兼顕卿暦記』・『兼顕卿記』・『守光公記』・『義満公任槐召仰儀并大饗雑事定書』・『経嗣公記抄』・『兼綱公譲状草』・『崇賢門院叙位除目申文案』・『後柏原院践祚御訪方註進』・『後土御門院御即位惣用帳』・『永正度御即位料足請取』・『文明九年小叙位方切符』・『脩明門院熊野御幸記』・『頼資卿熊野詣記』・『弁官補任』自寛弘八年至久寿元年・『補略 永禄六年』・『公卿補任』自天文十年至弘治三年・『年号勘者例 正応〜応永』・『改元部類記』・『仲光卿記』・『仲光卿讓状』・『柳原第⾏幸親王宣下記』・『後法性寺殿御抄』・『除目』・『除目執筆記 下』・『柿御園山上郷用水沙汰記録』・『守光公書状案』・『足利義成元服記 文安六年』・『県召除目成文』・『八省御斎会部類記』・『大仁王会部類記』・『春日経供養家記抄』・『兼仲卿暦記』自正安二年正月四日至二十一日・『兼仲卿暦記』自正安二年正月二十二日至三月二十九日など

【船橋清原家旧蔵資料】
『即位第一』・『即位下行帳 第四』

【田中穣氏旧蔵典籍古文書】
『御即位下行帳 越前 永正八』・『慶長十六年御即位雑用一式帳』・『御即位之図』

など約80点(すべて本館蔵)
 ※会期中、展示替えを行います。

展示資料一覧はこちら    展示資料釈文

 

【展示代表】

田中 大喜 たなか ひろき (国立歴史民俗博物館 歴史研究系 准教授)
専門分野:日本中世史
武士団・武家政権の研究を通して、およそ700年間にもわたり武士の支配が継続した歴史を持つ日本社会の特質を追究。主な著書に『中世武士団構造の研究』(校倉書房、2011年)、『対決の東国史3 足利氏と新田氏』(吉川弘文館、2021年)、『中世武家領主の世界』(編著、勉誠出版、2021年)など。

 

1)重要文化財『経光卿記(つねみつきょうき)』
自安貞元年十月十四日至二十七日 安貞元年(1227)
国立歴史民俗博物館蔵 展示期間:前期

鎌倉時代前期の広橋家当主だった藤原経光の日記。子孫のために、朝廷の儀式について詳細に記録している。

2)重要文化財『兼仲卿記(かねなかきょうき)』
自正応元年十月一日至二十九日 正応元年(1288)
国立歴史民俗博物館蔵 展示期間:通期

鎌倉時代後期の広橋家当主だった藤原兼仲の日記。朝廷の儀式のほか、主家の近衛家の家政についても詳細に記録している。

3)『兼仲卿暦記(かねなかきょうりゃっき)』
自正安二年正月二十二日至三月二十九日 
正安2年(1300)
国立歴史民俗博物館蔵 展示期間:後期

具注暦に記された藤原兼仲の日記。2021年度の購入資料で、これまで写本でしか知りえなかった内容の新出原本となる。

4)『永正度御即位料足請取(えいしょうどごそくいりょうそくうけとり)』
永正18年(1521) 
国立歴史民俗博物館蔵 展示期間:後期

後柏原天皇の即位礼に使用する脂燭掌灯(照明器具)の費用を、蔵人所の職員が広橋守光へ提出した請取状(請求書)。

5)重要文化財『弁官補任(べんかんぶにん)』
自寛弘八年至久寿元年 13世紀 
国立歴史民俗博物館蔵 展示期間:前期

朝廷の実務を担った歴代弁官の名簿。現存最古の『弁官補任』として資料価値が高い。

6)『御即位之図(ごそくいのず)』 
17~18世紀 国立歴史民俗博物館蔵 展示期間:通期

正応元年(1288)に太政官庁で行われた伏見天皇即位礼の即位図の写し。即位礼は本来大極殿で行われたが、中世には消失していたため、辛うじて残っていた太政官庁で行われた。

 

 

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『印籠とたばこ入れ』

開催概要

開催期間 2022年10月25日(火)~ 2022年12月4日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

●100点以上の展示資料のほとんどが今回初公開
●日本を代表する蒔絵・螺鈿などの漆工芸をはじめ、江戸時代から明治時代に培われた各種技術の粋を集めた細密工芸としての印籠の美
●輸入皮革や各種織物に金具を加え、意匠を凝らした個性的なたばこ入れの数々

趣旨


輪舞遊楽図屏風 ↑
左隻(部分)
江戸時代(17世紀)
本館蔵

 

中央の男性の腰回りを拡大 →

当館は、平成25年度に根付・印籠・袋物のコレクション(H-1869)、平成28年にたばこ入れ(H-1904)、平成30年度には印籠及び印籠箪笥(H-1923)を相次いで受贈しました。そこで今回の特集展示は、館蔵資料の中から、男性の装身具である印籠とたばこ入れをとりあげて未公開資料を中心に展示し、当館が所蔵する膨大な近世資料の一端を示すことを目的とします。なお、平成27年に開催した特集展示「印籠」において、平成25年度受贈分の印籠の中から、100点弱を選んで公開しましたが、今回展示される資料の大半は、この時には展示されなかったものです。

印籠は、武家や一部の裕福な町人男性が佩用(はいよう)する携帯用の薬入れとして、近世初期から急速な流行をみました。当初より装身具としての機能が重視され、その多くに、高度な工芸技術を駆使した装飾が施されている点が特色です。一方、喫煙の習慣の広まりとともに普及したたばこ入れも、同様に実用を兼ねた装身具として、町人を中心とした庶民のあいだで広まり、近代に至るまで愛好されました。

小さいながらも用いる人のこだわりを表す印籠やたばこ入れには、貴賤を問わず装うことを楽しんだ日本の文化が凝縮されています。本展示では、これらにみる多様な素材や細密工芸技術、ウィットに富む装飾デザインなどを通じて、都市を中心に華開いた豊かな生活文化を浮き彫りにします。

 

主な展示資料


印籠および印籠箪笥より 
花鳥蒔絵印籠箪笥
江戸~明治時代 本館蔵

・根付・印籠コレクションより 印籠およびたばこ入れ(約80点)
・印籠および印籠箪笥より 印籠(12点)および花鳥蒔絵印籠箪笥
・星野平次郎袋物コレクションより たばこ入れ
・輪舞遊楽図屏風 四曲一双

など100点以上(すべて本館蔵)

展示資料一覧はこちら

 

 

【展示代表】

日高 薫 ひだか かおり (国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)
専門分野:漆工芸史
主な研究テーマは、蒔絵を中心とする漆工芸史および日本の装飾芸術の特質に関する研究、交易品としての
漆器をめぐる文化交流に関する研究。また、在外の日本関係資料の調査研究をすすめている。
東京大学文学部美術史研究室、共立女子大学国際文化学部研究助手を経て、1994年から国立歴史民俗博物館に所属。

 

1) 印籠および印籠箪笥より 
菊扇蒔絵螺鈿印籠
 
江戸時代 国立歴史民俗博物館蔵

徳川将軍家の御用を代々務めた印籠蒔絵師、山田常嘉作の華やかな印籠。

2) 印籠および印籠箪笥より
豆蒔絵螺鈿印籠
江戸時代 国立歴史民俗博物館蔵

緑味を帯びた螺鈿を引き立てるため、緒締や紐の色合いを合わせたもの。

3) 印籠および印籠箪笥より
色絵梅樹印籠

江戸時代 国立歴史民俗博物館蔵

金・青・緑・赤の色彩を用いた華やかな京焼の陶製印籠。

4) 根付・印籠コレクションより 
花唐草文彫印籠
江戸時代 国立歴史民俗博物館蔵

木地の表面に花唐草文を彫り出した洗練された装飾の印籠。根付は椎茸。

5) 根付・印籠コレクションより 
富士越龍相良繍提げたばこ入れ

明治時代 国立歴史民俗博物館蔵

布地の表面に結び玉を造って文様を表す刺繍(相良繍)によるたばこ入れ。

6) 根付・印籠コレクションより 
黄羅紗地追儺図一つ提げたばこ入れ
江戸~明治時代 国立歴史民俗博物館蔵

鮮やかな色彩、根付けと前金具とで節分のテーマを表す意匠が個性的。

7) 星野平次郎袋物コレクションより
霊芝彫腰差したばこ入れ
江戸~明治時代 国立歴史民俗博物館蔵

大きな茸をくりぬいて成形した珍しいたばこ入れ。

8) 星野平次郎袋物コレクションより
金地擬革紙渦巻文懐中たばこ入れ

江戸~明治時代 国立歴史民俗博物館蔵

刻みたばこを入れる袋(叺・かます)と煙管筒とを懐に入れて携帯するタイプ。

9) 印籠および印籠箪笥より
花鳥蒔絵印籠箪笥
江戸~明治時代 国立歴史民俗博物館蔵

内部に12個の印籠をぶら提げて保管する形式の蒔絵箪笥。

 

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『水滸伝ブームの広がり』

開催概要

開催期間 2022年8月3日(水)~ 2022年9月4日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館)
※8月15日(月)は開館
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

●歌川国芳の出世作で、浮世絵の武者絵の有名シリーズ「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)(つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり)」から、出来栄えの優れた作を展示します。力強く、躍動感あふれる描写をお楽しみください。

●『水滸伝』のブームが、出版のみならず江戸末期の大衆文化のさまざまな分野に波及したことを視覚的にお示しします。

趣旨


歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)」より
「入雲龍公孫勝」
文政(1818~30)末~天保(1830~44)初期 本館蔵

中国の小説『水滸伝』は江戸初期に伝来し、漢学者たちの間で関心を持たれていましたが、岡島冠山(おかじまかんざん)による翻訳『通俗忠義水滸伝』(宝暦7~寛政2年・1757~90)の刊行や、より読みやすい挿絵入りの読本や草双紙化したものが出版されるなどして、次第に読者層を拡大していきます。舞台設定を日本に変えた山東京伝(さんとうきょうでん)の『忠臣水滸伝』、曲亭馬琴(きょくていばきん)の『傾城水滸伝』や『南総里見八犬伝』なども生み出されました。こうした大衆的レベルでの水滸伝ブームは浮世絵の世界にも波及し、文政(1818~30)末期に出た歌川国芳の錦絵シリーズ「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)(つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり)」は武者絵というジャンルの流行に大きな役割を果たします。

また『水滸伝』は、そのほかにも狂歌や見世物などさまざまな分野で題材とされただけでなく、そのイメージは、江戸末期の侠客や博徒を描く講談や浮世絵に重ねられていきます。このように『水滸伝』は江戸末期の大衆文化をかたちづくる豊かな土壌となったのです。

本展では、冠山訳『通俗忠義水滸伝』の他、『水滸伝』を扱った葛飾北斎ら浮世絵師たちの版本、あるいは『水滸伝』の豪傑たちを描く国芳らの錦絵、幕末の侠客物(きょうかくもの)への波及作などを展示して、江戸時代末期の大衆文化における水滸伝ブームの広がりを垣間見ていきます。

 

主な展示資料


葛飾北斎『忠義水滸伝画本』より
「梁山泊賊寨」
文政12年(1829) 本館蔵

・岡島冠山訳 『通俗忠義水滸伝』
・鳥山石燕 『水滸画潜覧』
・葛飾北斎 『忠義水滸伝画本』
・歌川国芳 「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)」
・歌川国芳 「豪傑水滸伝双六」
・一恵斎芳幾 「松本喜三郎の生人形」
・三代歌川豊国 「当世好男子伝(とうせいすいこでん)」

など約30点(すべて本館蔵)

展示資料一覧はこちら

 

 

【展示代表】

大久保 純一(国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)
専門分野 日本近世絵画史
著書、論文、原稿執筆、講演多数。主な著書に、『アートセレクション 千変万化に描く北斎の冨岳三十六景』(小学館、2005年)、『カラー版 北斎』(岩波新書、2012年)、などがある。

 

1. 葛飾北斎『忠義水滸伝画本』より「浪裡白跳張順」他
文政12年(1829) 国立歴史民俗博物館蔵

『忠義水滸伝画本』は、『水滸伝』の豪傑たちの姿を描いた絵本で、北斎らしい緻密で緊張感あふれる描写が特徴です。「梁山泊賊寨」(上図)は、冒頭近く、豪傑たちが立て籠もる梁山泊を遠望した光景です。この後から「浪裡白跳張順」(左図)等、個々の豪傑たちの雄姿が描き出されていきます。

2. 歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)」より「花和尚魯知深初名魯達」
文政10年(1827)頃 国立歴史民俗博物館蔵

冤罪の林冲を護送する役人を、魯智深は鉄禅杖(てつぜんじょう)で松の木を叩き折って威嚇する場面です。

3. 歌川国芳「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(壱人)」より「浪裡白跳張順」
文政(1818~30)末~天保(1830~44)初期 
国立歴史民俗博物館蔵

水練の達人である張順が敵の籠城する城の水門を破って侵入する場面。原作にはない場面で、国芳の創作といわれています。

4. 一恵斎芳幾 松本喜三郎の生人形 安政3年(1856) 国立歴史民俗博物館蔵

浅草奥山で松本喜三郎が興行した生人形の見世物の全貌が描かれています。
中央上右に『水滸伝』から、大刀関勝(だいとうかんしょう)、敵将の何濤(かとう)を水中に沈める阮小五、一丈青扈三娘(いちじょうせいこさんじょう)が見いだせます。