このページの目次
「和宮ゆかりの雛かざり」「江戸のビスタ」「紀州徳川家伝来の楽器-こと-」

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『和宮ゆかりの雛かざり』

開催概要

開催期間 2022年2月22日(火)~4月3日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 2月まで 9:30~16:30(入館は16:00まで)
3月から 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)
主催 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 和宮所用と伝えられる雛人形は、有職雛(ゆうそくびな)(直衣雛)という貴族的な面立ちの上品な人形で、幕末期の富裕層における雛人形の典型的な作例です。
  • 女雛の紫地の表着(うわぎ)の模様である「亀甲繋(きっこうつなぎ)に八葉菊」は、文久元年(1861)に和宮に調進された赤地の唐衣(からぎぬ)の裂(きれ)にもみられることから、和宮ゆかりの品であることを示す特徴ともいえます。
  • 婚礼調度をミニチュアとして作った雛道具は、約80点を数えますが、当時の流行を反映して、ガラス製の器なども含まれます。江戸上野池之端にあった有名な雛人形店、七澤屋(ななさわや)製と推測されます。
  • 長州藩士の子孫に受け継がれ、和宮から下賜されたと伝わる有職雛を昨年度に収集。今回初めて公開します。

趣旨

幕末の動乱期、波乱にとんだ生涯を送ったことで知られる和宮は、仁孝天皇(にんこうてんのう)の第8皇女として生まれ、「公武合体」の証しとして文久元年(1861)14代将軍徳川家茂(とくがわいえもち)に降嫁しました。
本展で展示する雛人形・雛道具類(本館所蔵)は、和宮所用として伝来したもので、有職雛(ゆうそくびな)と呼ばれる種類の雛人形と、江戸七澤屋(ななさわや)製の各種雛道具、御所人形および三ツ折(みつおれ)人形などが含まれます。

上巳(じょうし)(三月三日節)にとりおこなわれる雛まつりの行事は、江戸時代に入ってから広まりをみせ、多くの女性たちの支持を集めました。儀式が定着するにつれ、その装飾は華麗なものとなり、時代時代の流行を取り入れながら、寛永雛、元禄雛、享保雛、次郎左衛門雛、有職雛、古今雛と俗称される多彩な雛人形や、精巧に作られたミニチュアの道具類が生みだされていきました。『和宮様御雛満留』(宮内庁書陵部蔵)や『静寛院宮御側日記』(同)、『和宮様おひゐな御道具』(内閣文庫蔵)などの記録によれば、和宮は、数多くの雛人形を手もとにおき、また上巳にはあちこちと雛人形を贈りあうなど、雛まつりを楽しんだようです。

本館所蔵の雛人形・雛道具はその一部をなしていたと考えられ、江戸時代の文化や工芸技術を伝える資料として貴重です。

今年は、長州藩士の子孫に受け継がれ、和宮から下賜されたと伝わる有職雛(直衣雛)を初公開します。

主な展示資料

内裏雛及雛道具付御所人形より

・有職雛(直衣雛)
・御所人形 孝明天皇遺物など13躯
・三ツ折人形 孝明天皇遺物のうち2躯
・須磨明石図屏風
・狗張子
・牡丹唐草文蒔絵雛道具

内裏雛(初公開資料)より

・有職雛(直衣雛)
・雛屏風

など約100点(すべて本館蔵)

展示資料一覧はこちら

 

 

【展示代表】

澤田 和人 さわだ かずと(国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 准教授)

専門は染織史。服飾史。絵画史(絵巻)。
特に、中世を中心とする染織および服飾・衣装風俗に関する研究。
1998年に文学修士(大阪大学)を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

 

1) 有職雛(直衣雛) 国立歴史民俗博物館蔵

2020年度に寄贈を受けた新収蔵資料。長州藩士の家に和宮より拝領した品として伝来した。徳川宗家に伝来した和宮ゆかりの有職雛と非常によく似ており、ほぼ同時期に同一工房で制作されたと考えられる。

2) 有職雛(直衣雛) 国立歴史民俗博物館蔵

和宮ゆかりの雛人形は有職雛(ゆうそくびな)である。有職雛とは、有職(朝廷・公卿(くぎょう)の儀礼に関する知識)にもとづき、実際の公卿装束とかわらぬ装束を着せかけた雛人形のことをいい、18紀後半につくられ始めた。

本品の場合、男雛が直衣(のうし)を着けていることから、とくに直衣雛(のうしびな)とも呼ぶ。本資料は、徳川宗家に伝来したもの。

3) 須磨明石図屏風 国立歴史民俗博物館蔵

4) 狗張子 国立歴史民俗博物館蔵

5) 箪笥・長持・鋏箱 国立歴史民俗博物館蔵

6) ギヤマン酒宴道具 国立歴史民俗博物館蔵
7) 植木棚 国立歴史民俗博物館蔵 8) 御所人形「牛若と弁慶」 国立歴史民俗博物館蔵

 

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『江戸のビスタ』

開催概要

開催期間 2021年12月21日(火)~ 2022年1月30日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~16:30 (入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 国立歴史民俗博物館

みどころ

●大名屋敷がつくるビスタが、いかにも武家の都の江戸ならでは。
●ビスタの先に富士山が見える風景も人気だった。
●展示をヒントに、あなたがふだん見慣れている風景の中にもビスタを探してみよう。

趣旨

― ビスタ(vista)とは、家並みや並木のある通りを遠くまで見通した景色のこと。

江戸時代後期、人口100万を擁する巨大都市に成長した江戸の街には、市街地の発展にともないいくつもの目抜き通りが形成され、とくに、正面に富士を見通す駿河町や日本橋を中心に南北に延びる通町などは、浮世絵師らが繰り返し名所絵に描く人気の画題でした。また、江戸市街地で大きな面積を占める大名屋敷の長大な長屋塀も、歌川広重の名所絵などの好画題でした。

江戸後期の浮世絵風景画の成立には透視図法(線遠近法)的視覚の流入という絵画技術面での変革だけでなく、都市としての江戸の街の成熟やその特質も少なからず要因となっていたと考えられます。

本展では、館蔵資料の中から、百万都市江戸のビスタを描く名所絵を特集し、浮世絵版画や民衆絵画の泥絵を通して、都市風景画の母胎となった江戸の都市景観について考えます。

歌川国貞 初春の駿河町 天保(1830~44)頃 本館蔵

 

主な展示資料


歌川広重 江都勝景・芝新銭座 
天保(1830~44)後期 本館蔵

・歌川国貞 初春の駿河町
・歌川国輝 東都本町弐丁目ノ景
・歌川広重 名所江戸百景 日本橋通一丁目略図
・筆者不詳 泥絵 江戸城堀端図

など約30点(一部を除き本館蔵)

展示資料一覧はこちら

 

 

【展示代表】

大久保 純一(国立歴史民俗博物館 副館長/情報資料研究系 教授)
専門分野 日本近世絵画史
著書、論文、原稿執筆、講演多数。主な著書に、『アートセレクション 千変万化に描く北斎の冨岳三十六景』(小学館、2005年)、『カラー版 北斎』(岩波新書、2012年)、などがある。

 

1. 歌川国貞 初春の駿河町 天保(1830~44)頃 本館蔵

駿河町の町名は正面に富士山を見通すことからつけられた。
通りの両側を三井越後屋の店舗が並ぶ。現在の三越本店と三井本館の間にあたる。

2. 歌川国輝 東都本町弐丁目ノ景 弘化(1844~48)頃 本館蔵

江戸屈指の目抜き通りである本町通り。多くの商家が軒を連ねる中、
右手に式亭三馬が始めた化粧水「江戸の水」を商う店舗が見出せる。

3. 江戸及び諸国名所泥絵集・大名小路 江戸末期 本館蔵

泥絵には江戸の大名屋敷の概観を奥行豊かに描いたものも少なくない。大名小路の俗称は外様大名の上屋敷が建ち並ぶことから。現在の丸の内付近にあたる。

4. 歌川広重 江都勝景・芝新銭座 天保(1830~44)後期 本館蔵

芝新銭座の地名は、17世紀にあった寛永通宝の鋳造所に因むもの。冠木門のある大名屋敷の前を節季候(せきぞろ)の一行が通りすぎる。

 

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『紀州徳川家伝来の楽器-こと-』

開催概要

開催期間 2021年5月25日(火)~ 7月4日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館)
主催 国立歴史民俗博物館

みどころ

●箏(そう)や和琴(わごん)、七絃琴(しちげんきん)など種類の異なるさまざまな「こと」の違いがわかります。
●一絃の琴や、中国の瑟(しつ)(二十五絃琴(げんきん))など珍しい「こと」が展示されます。

趣旨


鼓瑟 江戸時代 桐屋丹後作


和琴(銘「都風」) 室町時代

当館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクション(162件)は、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(とくがわはるとみ・1771~1853年)によって収集されたものと伝えられています。雅楽器を中心に、吹きもの(管楽器)・弾きもの(絃楽器)・打ちもの(打楽器)など各種の楽器や、楽譜、調律具、収納袋や箱などの附属品、さらに楽器にまつわる情報を記した附属文書から構成されており、楽器史や音楽史上きわめて重要な資料です。

今回の特集展示では、本コレクションの絃楽器の中から、「こと」、すなわち琴や箏の仲間の楽器をとりあげ、附属品や附属文書とともに展示します。現代では、「こと」といえば、13本の絃を張った箏のことを連想される方が多いかと思いますが、『源氏物語』に「きんのこと」(琴)、「そうのこと」(箏)、「びはのこと」(琵琶)の語が登場するように、「こと」は、古くはもっと広い意味の、絃楽器全体を示す用語でした。さらに、箏や琴に代表される細長い胴をもつツィター系の絃楽器(琴箏類)と、琵琶や三味線のように共鳴胴の先に棹が張り出した形態のリュート系の絃楽器とを区別する意味で、もう少し狭義に、前者を「こと」と呼ぶ場合があり、音楽学的にはこの用法が一般的です。コレクションの中には、雅楽に用いられる楽箏や和琴、江戸時代の文人に愛好された七絃琴のほか、鼓瑟(単に瑟とも。二十五絃琴)、板琴(一絃琴)など多彩な琴箏類が含まれます。

これら多彩な「こと」を比較できるように展示し、各々の楽器の構造的な特色や、歴史的な背景を概観します。

なお、本資料は最大級の日本古楽器コレクションとして広く知られており、平成17年度に特別企画「紀州徳川家伝来の楽器」、平成24年に企画展示「楽器を語る-紀州藩主徳川治宝と君子の楽-」を開催し、主要なものを紹介してきました。また、平成15年度に刊行した『国立歴史民俗博物館資料図録3 紀州徳川家伝来楽器コレクション』、および<データベースれきはく>において、その豊富な資料情報を公開しています。「笙」「琵琶」「笛」「琵琶Ⅱ」に続くこの特集展示においては、企画展示等に出品される機会の少ない資料についても、順次、展示・公開をすすめ、その全貌を紹介することを目的としています。

主な展示資料


箏(銘「君が千歳」) 万治年間(1658-1661) 神田治定作

紀州徳川家伝来楽器コレクションより

・箏(銘「君が千歳」) 1面 万治年間(1658-1661)神田治定作
・箏(銘「武蔵野」)  1面 天明年間(1781-1789)
・和琴(銘「都風」)  1面 室町時代
・和琴(銘「初音」)  1面 長禄3(1459)年
・七絃琴(銘「谷響」) 1面 
・琴案  1基 寛政10(1798)年 黙翁真剰作
・鼓瑟  1面 江戸時代 桐屋丹後作
・板琴  1面 江戸時代

など 約15点(すべて本館蔵)

 

【展示代表】

日高 薫 ひだか かおり (国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)

専門分野:漆工芸史
主な研究テーマは、蒔絵を中心とする漆工芸史および日本の装飾芸術の特質に関する研究、交易品としての
漆器をめぐる文化交流に関する研究。また、在外の日本関係資料の調査研究をすすめている。
東京大学文学部美術史研究室、共立女子大学国際文化学部研究助手を経て、1994年から国立歴史民俗博物館に所属。

 

1) 鼓瑟 江戸時代 桐屋丹後作

瑟は、「琴瑟相和す」のことば通り中国では琴と調和する楽器とされていた。徳川治宝の、中国古来の琴学への関心をうかがわせる資料。

2) 七絃琴 天明3(1783)年

古代中国に起源をもつ七絃琴は、奈良時代に伝来し、平安時代末頃から伝承が絶えていたが、江戸時代になって、明代の琴学がもたらされ、儒者・文人・武士らの間で愛好された。

3) 板琴 江戸時代

一枚の板に一本の絃を張っただけの板琴(一絃琴)は、在原行平が須磨の地に流されたときに心の慰めとして弾いた「須磨琴」に由来するとの伝説がある。

4) 和琴(銘「都風」) 室町時代

和琴は「やまとごと」とも読まれるように日本固有の楽器であり、日本古来の国風歌舞(くにぶりのうたまい)(御神楽・東遊など)の伴奏に用いられた。

5) 箏(銘「武蔵野」) 天明年間(1781-1789)

雅楽で用いられる楽箏。表面全体に金銀の蒔絵装飾で、秋草の咲く武蔵野の様子を表したもの。槽の部分に装飾を加える例はまれ。

6) 箏(銘「君が千歳」) 万治年間(1658-1661) 神田治定作

箏の両端(竜頭・龍尾)には、しばしば、金箔押玳瑁貼(きんぱくおしたいまいばり)・象牙象嵌・木画・蒔絵・螺鈿等の技法による華麗な装飾が施される。

7) 琴台(松竹梅螺鈿) 江戸時代

七絃琴をのせて演奏するための台。黒漆塗に細緻な螺鈿技法で、歳寒三友の意匠を表した中国風の琴台である。

8) 爪三種 江戸時代

箏を演奏する際に右手親指・人差指・中指にはめる懸爪。金色の爪は、天保6年(1835)、徳川治宝の楽箏の師である四辻公説が治宝に贈ったもの。

9) 爪袋匣 江戸時代

紀州徳川家には、箏爪用の錦の爪袋10点が伝来する。この箱は、爪袋を保管する唐櫃形の箱。金砂子を撒き、蝶と鳥の模様を描く華麗なもの。

すべて本館蔵