このページの目次
「年号と朝廷」(第3展示室)「国立公園 今昔」(第4展示室)

「年号と朝廷」(第3展示室)

開催概要

開催期間 2017年9月12日(火)~10月22日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料
開館時間 ~ 9月  9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
10月~ 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館


趣旨

現在の我々の生活の色々な局面に顔を出す「年号」。書類を記入しながら、今年が平成何年だったかを確認し直したこともあるでしょう。本展では、私たちの生活や考え方に影響を与え続けている年号がどのようにして決められたか、その歴史を振り返ります。改元がなされる理由、年号に使われる文字や改元のプロセス、さらにはそのプロセスに関わった朝廷官人たちの思惑とせめぎ合い、これらは、日本の思想、政治、学術、言語などに関わる様々な要素と密接に関連しています。

当館では、所蔵する公家「広橋家」の年号関係資料について共同研究を行ってきました。その成果に基づく今回の展示と関連企画が、年号が持つ意味について考えていただく機会となれば幸いです。

みどころ

・国宝・重要文化財を含む、年号に関わる資料約25点を公開!
・鎌倉時代に改元の諮問会議に参加した広橋経光の直筆資料を展示し解説

【展示代表】

水上 雅晴 みずかみ まさはる(国立歴史民俗博物館客員教授・中央大学文学部教授)

専門は中国哲学・日本漢学
主な研究テーマは、中国清代の学術、儒家経典の解釈史、日本における漢籍の受容、琉球漢学など
北海道大学文学部助手・助教、琉球大学教育学部准教授・教授を経て、現在は中央大学文学部教授
共同研究「広橋家旧蔵文書を中心とする年号勘文資料の整理と研究」代表

主な展示資料

・元秘抄(げんぴしょう)(高松宮家伝来禁裏本(たかまつのみやけでんらいきんりぼん))
・〔重要文化財〕経光卿改元定記(つねみつきょうかいげんさだめき)(民経記(みんけいき)(経光卿記(つねみつきょうき))」の一部。広橋家旧蔵記録文書典籍類(ひろはしけきゅうぞうきろくもんじょてんせきるい))
・〔重要文化財〕周易(しゅうえき)(田中穣氏旧蔵典籍古文書(たなかゆたかしきゅうぞうてんせきこもんじょ))
・〔国宝〕宋版史記(そうはんしき)(黄善夫刊本(こうぜんぷかんぽん))
・〔国宝〕宋版漢書(そうはんかんじょ)(慶元刊本(けいげんかんぽん))
・北野縁起絵巻(きたのえんぎえまき)(岩松宮本(いわまつみやぼん))

(すべて本館蔵)
計約25点(展示替えがあります)

 

1) 「醍醐天皇への右大弁公忠の奏上」(『北野天神縁起(岩松宮本)中巻』)

菅原道真死後の出来事が書かれている部分。延喜(901-923)から延長(923-931)への改元は、醍醐天皇が自分で年号の文字を選ぶという通常とは異なる形で実施されたが、その状況が説明されている。

2) 『元秘抄』5冊本(高松宮家伝来禁裏本)

改元に関わる公卿用の「傾向と対策」資料集。

3) 重要文化財『周易』(田中穣氏旧蔵典籍古文書)

『易経(えききょう)』の鎌倉写本。「白点(はくてん)」の痕跡が多数ある。

4) 国宝 宋版史記(黄善夫刊本)

刊本としては現存最古の『史記』で、全130巻(90冊)が揃っている。

5) 国宝 宋版漢書(慶元刊本)

刊本としては現存最古の『漢書』で、全120巻(60冊)が揃っている。

 

6) 〔重要文化財〕経光卿改元定記(広橋家旧蔵記録文書典籍類)

年号制定の会議に参加した広橋経光(1212-1274)による貴重な直筆記録。
※民経記(みんけいき)(経光卿記(つねみつきょうき))」の一部。広橋家旧蔵記録文書典籍類(ひろはしけきゅうぞうきろくもんじょてんせきるい)

 

※すべて国立歴史民俗博物館蔵

関連イベント

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
9月16日(土) 10:30~11:15
水上 雅晴(国立歴史民俗博物館客員教授・中央大学文学部教授)
9月23日(土) 14:00~15:00 近藤 浩之(北海道大学大学院 教授)
石井 行雄(北海道教育大学釧路校 准教授)

※開始時間までに第3展示室副室にお集りください。

 

ワークシート「展示資料に『年号』を探せ!」

年号が記されている資料を求めて、館内を探索しよう!
※展示期間中、毎日開催(配布場所:第2展示室)

 

歴博フォーラム

第106回「年号と日本文化」
日時 9月16日(土)13:00~16:00
講師 水上 雅晴(国立歴史民俗博物館客員教授・中央大学文学部教授)他(3名)
会場 国立歴史民俗博物館 講堂

事前申込制、当館ホームページ内申込みフォームまたは往復はがきにて。定員260名
※定員満了のため、お申し込みは締切りました

 

国際シンポジウム

「年号と東アジアの思想と文化」
日時 10月21日(土)、22日(日)※時間はれきはくホームページにてお知らせします
講師 清水正之(聖学院大学学長)、鄭吉雄(香港教育大学文化史講座教授)他
会場 国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム

事前申込制、研究者向け、定員55名(抽選)
詳細はこちら

 

「国立公園 今昔」(第4展示室)

開催概要

開催期間 2017年8月1日(火)~2018年1月8日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
※(  )内は20名以上の団体料金
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料
開館時間

~9月 9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
10~2月 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)

休館日 毎週月曜日 (祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月27日~1月4日)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

『美しい風景やそれに関連する文化・歴史を守るために、法律や自主ルールなどによって管理される場所』という意味で、「保護地域」という用語が使われます。「世界遺産」、「国立公園」、「名勝」、「天然記念物」などが保護地域に含まれるといわれれば、具体的なイメージを思い浮かべることができるかと思います。

今回の特集展示では、「保護地域」に対する人々の関心や価値の移り変わりを、絵葉書、チラシ、土産物などの資料から読み解いていきます。とりわけ、戦前期から地域の観光業や自然保護のあり方に大きな影響を与えた存在として、「国立公園」を抜きに語ることはできません。今回の展示では、国立公園に主な焦点を当てながら紹介していきます。

さらに、展示代表者が長年かかわってきた「屋久島国立公園」(鹿児島県屋久島町)における文化・歴史的な遺構・映像を紹介するコーナーも設け、最新の研究情報を来館者にお届けします。

みどころ

  • 国立公園の魅力(価値)が時代と共に移り変わっていく様子を、絵葉書などを使ってわかりやすく紹介します。
  • 戦争が国立公園に及ぼした影響や、日本統治時代の台湾に誕生した国立公園も紹介します。
  • なかなかお目にかかることがなくなった土産物(ペナント、通行手形、提灯)も含めて、国立公園や世界遺産関連の観光商品を紹介します。
  • 歴博民俗研究映像「屋久島の森に眠る人々の記憶」を公開します。

【展示代表】

柴崎 茂光 しばさき しげみつ/国立歴史民俗博物館 研究部 民俗研究系 准教授
専門は林業経済学/民俗学
主な研究テーマは、「開発行為や規制政策が地域社会に及ぼす影響について」
東京大学農学部を卒業後、東京大学大学院農学生命科学研究科助手、岩手大学農学部助教授(2007年4月~ 准教授)を経て、2010年より国立歴史民俗博物館に勤務

主な展示資料

国立公園の指定に向けた調査報告書や戦中期の「健民」運動に関する文書
・国立公園候補地調査報告書 個人蔵
・健民運動チラシ 国立歴史民俗博物館蔵

国立公園に関連した土産物・商品など(戦前・戦後含む)
・国立公園関連の観光チラシ・パンフレット 個人蔵・千葉県立中央博物館蔵
・日本八景木曽川絵葉書 国立歴史民俗博物館蔵
・国立公園関連の絵葉書(戦前期台湾含む) 個人蔵・千葉県立中央博物館蔵
・観光ペナント・通行手形・提灯などの土産物 個人蔵・千葉県立中央博物館蔵
・山岳信仰に関連した資料(金剛杖、御朱印帳など) 個人蔵

近年のトピック
・三陸復興国立公園のチラシ、グッズなど 個人蔵
・屋久島に関連した民俗研究映像(映像コーナー) 国立歴史民俗博物館蔵

※このほかに、現在の国立公園関連のポスターを展示場に掲示します。

計約140点(展示替えがあります)

1) 絵葉書表紙「日本八景木曽川」 
1920年代後半~1930年代前半か、国立歴史民俗博物館蔵

昭和初期には国立公園ブームだけでなく、日本八景ブームもあった。近年の世界遺産・日本遺産・ジオパークブームと類似している。

2) 観光ガイドブック「大日光国立公園候補地」  
1930年代、個人蔵

大正期~昭和初期(1910年代半ば~1930年代初め)は、国立公園の「候補地」となることで観光地としての価値が高まった。

3) 調査地図「大沼国立公園候補地」 
1930年代前半、個人蔵

北海道の大沼は、候補地になったものの国立公園に指定されず、1958年に「大沼国定公園」に指定された。幻の「大沼国立公園」地図といえる。

4) 外国人来訪者向け観光ガイドブック 「富士箱根国立公園」
1930年代後半か、個人蔵

ジャパンツーリストビューロー(略称 JTB)や交通機関は、外貨獲得にむけて外国人向けのガイドブックやチラシを発行した。

5) 観光ガイドブック 「国立公園屋島讃岐遊覧案内」
1930年代後半か、千葉県立中央博物館蔵

平安時代末期の武将だった那須 与一が屋島の戦いで扇の的を射る場面が表紙なのが興味深い。

6) 健民運動を呼びかけるチラシ(長崎県)
1940年代前半、国立歴史民俗博物館蔵

戦時期は、国家が国民に対して 「健康」であることを強制した時代ともいえる。健民運動は、観光を含む国民生活全般に影響を及ぼした。

7) 絵葉書表紙「新高阿里山(にいたかありさん)の風景」
1930年代~1940年代前半か、個人蔵

1937(昭和12)年、日本統治下の台湾において、新高阿里山国立公園など3か所が国立公園に指定された。

8) 「富士登山勝地漫画」
1930年代前半、個人蔵

戦前期にも様々な土産物が販売されていた。漫画絵巻もその一例であり当時の登山形態がわかる。

9) 絵葉書「トンネル内からみえる男体山(日光国立公園)」
1930年代後半~1940年代前半か、個人蔵

「近代的」な道路が観光資源として位置づけられる時代もあった。

関連イベント

歴博講演会

第403回「自然の中の文化・歴史を守る」
日時 9月9日(土)13:00~15:00
講師 柴崎 茂光(展示プロジェクト代表・当館民俗研究系准教授)
会場 国立歴史民俗博物館 講堂(定員260名)

入場無料、事前申込不要

 

ギャラリートーク

展示プロジェクト委員によるギャラリートークを開催します。

日時 9月9日(土)11:00~11:40
解説 柴崎 茂光(展示プロジェクト代表・当館民俗研究系准教授)

※開始時間までに第4展示室副室にお集りください。

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。