このページの目次
「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」(企画展示室)「紀州徳川家伝来の楽器-こと-」(第3展示室)

「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」(企画展示室)

開催概要

特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」
開催期間2021年7月13日(火)~9月5日(日)
開催期間 2021年7月13日(火)~9月5日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A
料金

一般:600円 / 大学生:250円
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※高校生以下は入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館が無料です。
※半券の提示で当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。

開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 毎週月曜日(8月9日[月・休]は開館)
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
展示協力 公益財団法人 平木浮世絵財団

地震けん(部分) 黄雀文庫蔵

 

開催趣旨

江戸時代は多くの地震に見舞われたことが知られています。とくに幕末には大きな地震が相次いで発生しています。弘化4(1847)年の善光寺地震は江戸の人々にも大きな関心をもって受け止められました。嘉永7(1854)年には安政東海地震、安政南海地震と巨大地震が連続し、翌安政2年10月2日(1855年11月11日)に起きた安政江戸地震は江戸の町に甚大な被害をもたらしました。その直後から、被災状況を伝える瓦版などさまざまな刷物が売り出されました。なかでも、地震の元凶とされた地中の大鯰をモティーフとし、今日「鯰絵」と呼ばれる版画は、さまざまな主題と趣向を取り入れ、同年12月に当局から禁止されるまでの間、200種を越えるものが発行されたといわれています。鯰絵には地震に対する怖れや震災後の世相に対する風刺、あるいは世直しへの願望など、民衆のさまざまな思いが投影されています。本展は、初公開の黄雀文庫所蔵の鯰絵コレクション約200点を通して、未曽有の災害に遭いながらも、諧謔の精神でたくましく乗り越えようとした江戸の民衆の豊かな想像力の一端に触れようとする企画です。

広報画像① 傾城あだなの焚 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎「傾城浅間獄(けいせいあさまがたけ)」のパロディー。 巴之丞が愛人の傾城奥州と取り交わした起請を焼くと、煙中に奥州の霊が現れて巴之丞に恨みを言う有名な場面。巴之丞ならぬ鯰(羽織の紋は瓢箪で「巴」をつくる)が、出現した傾城の幽霊(被災した吉原で落命)に驚く様子。

 

本展のみどころ

  • 民衆は大地震の元凶に何を見、そしてそれを防ぐものとして何に期待したのか?
  • 大津絵の画題や歌舞伎の一場面をパロディー化した手並みの鮮やかさ
  • 逆境にも負けず、諧謔の精神で乗り越えようとする民衆のエスプリを見る
  • 鯰絵の中に民衆の世相へのちくりとした風刺を見る
  • 従来あまり知られていなかった鯰絵出版のメカニズム解明を試みる

展示構成

※章の構成と出品作品は変更になる場合があります。

序章 活気づく出版の世界―広がる情報―

震災直後から次々に売り出された瓦版、焼き場付などの一枚刷や震災をモティーフにした錦絵、『安政見聞誌』 など、鯰絵以外の出版物を総合的に展示し、その中のひとつとして「鯰絵」という現象があったことを示します。

広報画像② 冬の宿(しゅく)嘉例(かれい)のすゝはき 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎役者たちが年末の恒例の煤掃き(大掃除)をしている光景と見せて、実は地震直後の屋外での避難生活を描いたもの。

 

1章 神々と鯰―やられたらやり返せ―

地震の原因である鯰と、鹿島大明神と要石、恵比寿、伊勢神宮の白馬など、それを制する神々の姿を描いた鯰絵を展示します。

広報画像③ あら嬉し大安日にゆり直す 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

要石で大鯰を制する鹿島明神。その前でひれ伏し謝罪する鯰たち。

広報画像④ 鯰と要石 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

鹿島明神の留守を預かる恵比寿の夢の中で、大鯰が暴れて町が炎に包まれる様子を描いている。

 

2章 失う者と潤う者―儲けた VS 損した―

震災の中で財産を失った富裕層や仕事を失った職種、建設関係など震災復興の中で潤った職種を描いた鯰絵を展示します。

広報画像⑤ 鯰退治 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

まな板の上に載せられ、被災者たちに料理されようとする大鯰。四角い枠内は、地震除けの護符が書かれている。

広報画像⑥ 難義鳥(なんぎちょう) 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

建築関係の職人たちが蒲焼屋で鯰を肴に酒宴の最中、怪鳥が現れて鯰をさらっていく。震災復興で潤う者たちへの皮肉が込められている。

広報画像⑦ 鯰のけんくわ 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

地震で蔵が潰され、その狭間で商売が出来なくなった辻君(夜鷹)が鯰に殴りかかり、職人が仲裁する。その後ろでは地震で家屋や蔵が潰れた持丸(金持ち)が、もっと殴れとけしかける。

広報画像⑧ 鯰に金銀を吐かされる持丸 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

黒づくめの盗人装束をした鯰が金持ちたちに金銀の貨幣を吐き出させている。職人たちに混じり金を拾う医者の姿(左端)は、地震による怪我人治療で潤ったことを風刺したもの。

 

3章 歌舞伎のパロディー

「暫(しばらく)」や「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」など、歌舞伎の名場面をたくみにパロディー化した鯰絵を展示します。。

広報画像⑨ 雨には困ります 野じゆく しばらくのそとね
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎の「暫」のパロディー。「暫のつらね」ならぬ「暫くの外寝」と洒落て、被災後の野外生活を謳い込む。

広報画像⑩ 名石千歳刎(めいせきせんざいはね) 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

歌舞伎の「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の有名場面のパロディー。仁木弾正に扮する鯰は、床下の鼠ならぬ瓢箪から出現。対する荒獅子男之助に扮するのは要之助(鹿島大明神)。

 

4章 「世直し」の予感

震災後に苦しむ持丸(金持ち)などの姿を描き、富の再配分を通して世直しに期待する民衆の想いをうかがわせる鯰絵を展示します。

広報画像⑪ 地震けん 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

鯰(地震)、雷神、炎の三者が狐拳で遊ぶのを親父が見物。江戸の名物、地震・雷・火事・親父のパロディー。

広報画像⑫ 切腹鯰 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

地震を起こして人々に迷惑をかけた責任をとって切腹する鯰。背中には鹿島大明神の射た矢が刺さっている。鯰の腹からは小判があふれ出て人々を潤すという世直しへの期待。

広報画像⑬ 大鯰江戸の賑ひ 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

江戸湾に浮かび上がったのは鯨ならぬ大鯰。潮のように金銀を吹き出している。嘉永4(1851)年に大井村の海岸に鯨が漂着したことをふまえたもの。

 

5章 多彩な発想力

1~4章の分類に収まりきらない多種多様な鯰絵を紹介します。

広報画像⑭ ちよぼくれちよんがれ 
安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

ちょぼくれ(上方ではちょんがれ)は願人坊主が路傍や門口で歌って銭を乞う門付芸。ここでは鯰の願人坊主に閻魔の子と地蔵の子がくっついて歩いている。歌詞は、地震発生時に周章狼狽した様子、直後の避難生活の苦境を詠み、最後は世直しへの期待で結んでいる。

広報画像⑮ じしん百万遍 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

地震を起こしたことを悔いて出家の決心をした鯰。地震で潤った職人たちが、いっしょになって百万遍の念仏を唱える。頭上には地震で落命した人々の亡霊。

 

終章 受け継がれる批判的精神(エスプリ)

幕末維新期の風刺画など、鯰絵の風刺精神を受け継いだ錦絵を紹介します。

広報画像⑯ 浮世又平名絵の誉 
慶応4(1868)年 国立歴史民俗博物館蔵

鯰絵に描かれる瓢箪は大津絵の瓢箪鯰に由来する。戊辰戦争など幕末の風刺画にも、大津絵をモティーフに取り込んだものが散見される。

 

【黄雀文庫とは】

浮世絵研究者で収集家としても知られる佐藤光信氏(平木浮世絵財団理事長)の個人コレクション。錦絵や絵本など江戸時代の浮世絵を中心とした多彩な内容を誇る。特に約200点におよぶ鯰絵は、質・量共に国内最大級のものである。

これまで黄雀文庫の鯰絵は国内最大級のものとして、一部の研究者に注目されてきていたが、まとまって展示する機会に恵まれなかった。その全貌を世に広め、今後の鯰絵研究に資することを希望する佐藤氏の強い意向を受け、今回の展示が実現した。

 

【展示プロジェクト委員】

展示代表:大久保 純一(国立歴史民俗博物館 副館長/情報資料研究系 教授)
専門分野 日本近世絵画史
著書、論文、原稿執筆、講演多数。主な著書に、『アートセレクション 千変万化に描く北斎の冨岳三十六景』(小学館、2005年)、『カラー版 北斎』(岩波新書、2012年)、などがある。

展示プロジェクトメンバー
佐藤 光信  (平木浮世絵財団・理事長)
森山 悦乃  (平木浮世絵財団・理事・主任学芸員)
松村 真佐子 (平木浮世絵財団・学芸員)
湯浅 淑子  (たばこと塩の博物館・主任学芸員)
島津 美子  (国立歴史民俗博物館 情報資料研究系・准教授)
久留島 浩  (国立歴史民俗博物館 特任教授)
川村 清志  (国立歴史民俗博物館 民俗研究系・准教授)

 

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『紀州徳川家伝来の楽器-こと-』

開催概要

開催期間 2021年5月25日(火)~ 7月4日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館)
主催 国立歴史民俗博物館

みどころ

●箏(そう)や和琴(わごん)、七絃琴(しちげんきん)など種類の異なるさまざまな「こと」の違いがわかります。
●一絃の琴や、中国の瑟(しつ)(二十五絃琴(げんきん))など珍しい「こと」が展示されます。

趣旨


鼓瑟 江戸時代 桐屋丹後作


和琴(銘「都風」) 室町時代

当館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクション(159件)は、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(とくがわはるとみ・1771~1853年)によって収集されたものと伝えられています。雅楽器を中心に、吹きもの(管楽器)・弾きもの(絃楽器)・打ちもの(打楽器)など各種の楽器や、楽譜、調律具、収納袋や箱などの附属品、さらに楽器にまつわる情報を記した附属文書から構成されており、楽器史や音楽史上きわめて重要な資料です。

今回の特集展示では、本コレクションの絃楽器の中から、「こと」、すなわち琴や箏の仲間の楽器をとりあげ、附属品や附属文書とともに展示します。現代では、「こと」といえば、13本の絃を張った箏のことを連想される方が多いかと思いますが、『源氏物語』に「きんのこと」(琴)、「そうのこと」(箏)、「びはのこと」(琵琶)の語が登場するように、「こと」は、古くはもっと広い意味の、絃楽器全体を示す用語でした。さらに、箏や琴に代表される細長い胴をもつツィター系の絃楽器(琴箏類)と、琵琶や三味線のように共鳴胴の先に棹が張り出した形態のリュート系の絃楽器とを区別する意味で、もう少し狭義に、前者を「こと」と呼ぶ場合があり、音楽学的にはこの用法が一般的です。コレクションの中には、雅楽に用いられる楽箏や和琴、江戸時代の文人に愛好された七絃琴のほか、鼓瑟(単に瑟とも。二十五絃琴)、板琴(一絃琴)など多彩な琴箏類が含まれます。

これら多彩な「こと」を比較できるように展示し、各々の楽器の構造的な特色や、歴史的な背景を概観します。

なお、本資料は最大級の日本古楽器コレクションとして広く知られており、平成17年度に特別企画「紀州徳川家伝来の楽器」、平成24年に企画展示「楽器を語る-紀州藩主徳川治宝と君子の楽-」を開催し、主要なものを紹介してきました。また、平成15年度に刊行した『国立歴史民俗博物館資料図録3 紀州徳川家伝来楽器コレクション』、および<データベースれきはく>において、その豊富な資料情報を公開しています。「笙」「琵琶」「笛」「琵琶Ⅱ」に続くこの特集展示においては、企画展示等に出品される機会の少ない資料についても、順次、展示・公開をすすめ、その全貌を紹介することを目的としています。

主な展示資料


箏(銘「君が千歳」) 万治年間(1658-1661) 神田治定作

紀州徳川家伝来楽器コレクションより

・箏(銘「君が千歳」) 1面 万治年間(1658-1661)神田治定作
・箏(銘「武蔵野」)  1面 天明年間(1781-1789)
・和琴(銘「都風」)  1面 室町時代
・和琴(銘「初音」)  1面 長禄3(1459)年
・七絃琴(銘「谷響」) 1面 
・琴案  1基 寛政10(1798)年 黙翁真剰作
・鼓瑟  1面 江戸時代 桐屋丹後作
・板琴  1面 江戸時代

など 約15点(すべて本館蔵)

 

【展示代表】

日高 薫 ひだか かおり (国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)

専門分野:漆工芸史
主な研究テーマは、蒔絵を中心とする漆工芸史および日本の装飾芸術の特質に関する研究、交易品としての
漆器をめぐる文化交流に関する研究。また、在外の日本関係資料の調査研究をすすめている。
東京大学文学部美術史研究室、共立女子大学国際文化学部研究助手を経て、1994年から国立歴史民俗博物館に所属。

 

1) 鼓瑟 江戸時代 桐屋丹後作

瑟は、「琴瑟相和す」のことば通り中国では琴と調和する楽器とされていた。徳川治宝の、中国古来の琴学への関心をうかがわせる資料。

2) 七絃琴 天明3(1783)年

古代中国に起源をもつ七絃琴は、奈良時代に伝来し、平安時代末頃から伝承が絶えていたが、江戸時代になって、明代の琴学がもたらされ、儒者・文人・武士らの間で愛好された。

3) 板琴 江戸時代

一枚の板に一本の絃を張っただけの板琴(一絃琴)は、在原行平が須磨の地に流されたときに心の慰めとして弾いた「須磨琴」に由来するとの伝説がある。

4) 和琴(銘「都風」) 室町時代

和琴は「やまとごと」とも読まれるように日本固有の楽器であり、日本古来の国風歌舞(くにぶりのうたまい)(御神楽・東遊など)の伴奏に用いられた。

5) 箏(銘「武蔵野」) 天明年間(1781-1789)

雅楽で用いられる楽箏。表面全体に金銀の蒔絵装飾で、秋草の咲く武蔵野の様子を表したもの。槽の部分に装飾を加える例はまれ。

6) 箏(銘「君が千歳」) 万治年間(1658-1661) 神田治定作

箏の両端(竜頭・龍尾)には、しばしば、金箔押玳瑁貼(きんぱくおしたいまいばり)・象牙象嵌・木画・蒔絵・螺鈿等の技法による華麗な装飾が施される。

7) 琴台(松竹梅螺鈿) 江戸時代

七絃琴をのせて演奏するための台。黒漆塗に細緻な螺鈿技法で、歳寒三友の意匠を表した中国風の琴台である。

8) 爪三種 江戸時代

箏を演奏する際に右手親指・人差指・中指にはめる懸爪。金色の爪は、天保6年(1835)、徳川治宝の楽箏の師である四辻公説が治宝に贈ったもの。

9) 爪袋匣 江戸時代

紀州徳川家には、箏爪用の錦の爪袋10点が伝来する。この箱は、爪袋を保管する唐櫃形の箱。金砂子を撒き、蝶と鳥の模様を描く華麗なもの。

すべて本館蔵