このページの目次
「日本の食の風景-「そとたべ」の伝統-」(第4展示室)「海を渡った漆器Ⅲ-輸出漆器の技法」(第3展示室) 「アイヌ文化へのまなざし-N.G.マンローの写真コレクションを中心に-」(第4展示室)

特集展示(第4展示室)
「日本の食の風景-「そとたべ」の伝統-」

開催概要

開催期間 2020年9月15日(火)~11月29日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 特集展示室
料金 一般600(350)円/大学生250(200)円
高校生以下無料
(  )内は20名以上の団体

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間

~9月    9:30 ~ 17:00(最終入館は16:30まで)
10月~  9:30 ~ 16:30(最終入館は16:00まで)

休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

日本の現在の食文化を形づくってきている歴史的な大きな契機としては、中世の禅宗寺院の料理からの影響が大きいことが知られています。貴族、武家、有力商人が集住した室町時代の京都では独自の文化が醸成され、そうした中で、武家の饗応料理として発達した本膳料理の形式がととのえられてきました。

その一方で、江戸時代の町方では一般の町人たちは蕎麦や寿司、天ぷら、うなぎなどの屋台の店を愛用していたことも知られています。また、旅先や寺社参詣では茶店で楽しむ団子や餅がつきものでした。農村では、田植えの時にヒルマモチとかオナリと呼ばれる女性が運んでくる昼食や朴葉飯などの田植え食が伝承され、ここには本膳料理とか老舗の料理などの格式ある食とは別の、もう一つの日本の食の伝統がありました。現在にも伝承されている外でちょっと食べる「そとたべ」の民俗からは、遊び・行事の日のそとたべと仕事・労働の日のそとたべとの両方があることがわかります。

本展示では、このような「そとたべ」の日本の食の歴史と民俗に注目して、外で食べることの意味について、あらためて考えてみます。

みどころ

・「四条河原納涼図屏風」の川床、農村や漁村の盆の行事の中で河原や浜辺での飲食。お膳や食器に盛られる「いえたべ」と重箱詰めの「そとたべ」のちがいがみえてくる。
・「三代歌川豊国画 冬の宿 嘉例の寿々はき」に描かれているおむすび。丸いおむすびと三角のおにぎりの重なる歴史がみえてくる。
・春の山遊びや花見の弁当箱、漁師の弁当箱。弁当箱には、実用の工夫と遊び心の2つがみえてくる。

主な展示資料

三代歌川豊国画 冬の宿
嘉例の寿々はき(部分)個人蔵

・四条河原納涼図屏風
・花見の戯れ
・歌川広重画 江戸高名会亭尽(山谷八百善、白山傾城か窪、他)
・新版御府内流行名物案内双六
・歌川国貞画 十二代目市村羽左衛門の下男新作と坂東しうかの是斎娘おつゆ
・三代歌川豊国画 八代目市川団十郎の南与兵衛(個人蔵)
・三代歌川豊国画 冬の宿 嘉例の寿々はき(個人蔵)
・花見弁当箱
・チゲ(漁業用弁当箱)
・旧侯爵木戸家資料(アルバム)
・おでん屋呑喜関係資料(写真額、色紙、掛売帳、暖簾、他)
・民俗写真資料(写真提供 芳賀ライブラリー)
  花見、屋台、ひな祭りの河原での飲食、花田植えの昼飯(ひるま、朴葉飯)、
  盆の河原での飲食、奄美の一重一ビン、他

 

など計約30点(一部個人蔵、芳賀ライブラリー提供以外すべて当館蔵)
但し、会期中、展示替えを行います。

【展示代表】

関沢 まゆみ(国立歴史民俗博物館 民俗研究系 教授)

専門は、社会・信仰・儀礼に関する民俗学的研究。
主な編著書に『日本の食文化2 米と餅』(吉川弘文館、2019年)、『民俗学が読み解く葬儀と墓の変化』(朝倉書店、2017年)、『盆行事と葬送墓制』(吉川弘文館、2015年)など。

 

1) 大道風俗絵巻/明治か/個人蔵
天ぷらの屋台。串に刺して食べている様子がわかる。

2) 農家のコビル/昭和30年代/写真提供:芳賀ライブラリー
田植えどきの楽しい食事風景。静岡県賀茂郡南伊豆町妻良。

3) 歌川広重画 江戸高名会亭尽 両国 青柳/天保後期/国立歴史民俗博物館蔵
料理茶屋の仕出し料理を屋根船に運ぶ。

4) 遊山箱/昭和/国立歴史民俗博物館蔵
春の山遊びの日、野山に女の子が持っていく遊山箱。徳島県勝浦郡勝浦町。

5) 三代歌川豊国画 冬の宿 嘉例の寿々はき/安政2年/個人蔵
すすはきの日、重箱には俵型のおむすび。

6) 朴葉飯/写真提供:芳賀ライブラリー
田植えの日に昼に食べる朴の葉で包んだご飯。広島県芸北地方。

 

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『海を渡った漆器Ⅲ-輸出漆器の技法』

開催概要

開催期間 2020年12月15日(火)~2021年2月7日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料金 一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間 9:30 ~ 16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

・日本から西洋に輸出された漆器のほかに、中国製の輸出漆器も展示されます。日本の蒔絵を模倣した「描金」技法による大きな衝立屏風は、2004年以来久しぶりの展示となります。
・日本と中国の輸出漆器を比較することによって、日本の蒔絵の特長や、日本製の漆器の何が西洋人の心をとらえたかを考えるきっかけとしていただけます。

趣旨

サンクト・ペテルブルク風景図蒔絵プラーク
18~19世紀
16世紀後半以降、大量の漆器が日本の特産品として海外に向けて輸出されました。西洋人の注文によって制作されたこれらの漆器は、西洋に由来する形態の家具調度に、日本独特の蒔絵(まきえ)や螺鈿(らでん)の装飾をほどこしたものでした。艶やかに光る黒い塗装面に、重厚な黄金の輝きが映える蒔絵漆器、またエキゾチックな煌めきを放つ螺鈿漆器は、ヨーロッパの富裕層のあいだで評判となり、日本という東方の未知の国を象徴する物品として愛好されました。

本展示では、輸出漆器に用いられた技法にとくに焦点をあて、蒔絵と螺鈿という伝統的な装飾技術が文化交流に果たした効果について考えます。また、中国から西洋向けに輸出された描金漆器をあわせて展示し、アジアにおけるグローバル商品としての漆器輸出の実態を紹介します。

主な展示資料

楼閣人物描金衝立(中国製輸出漆器) 
清時代

・山水蒔絵小箪笥 17世紀後半
・故事人物蒔絵螺鈿瓶子 一対 17世紀前半
・花鳥螺鈿蒔絵瓶入箱(色絵磁器瓶付) 19世紀
・山水花鳥螺鈿化粧箪笥 18~19世紀
・サンクト・ペテルブルク風景図蒔絵プラーク 18~19世紀
・楼閣人物唐草描金ゲーム箱(中国製輸出漆器) 清時代
・楼閣人物描金衝立(中国製輸出漆器) 清時代

など約30点(すべて本館蔵)

 

【展示代表】

日高 薫 ひだか かおり (国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)

専門分野:漆工芸史
主な研究テーマは、蒔絵を中心とする漆工芸史および日本の装飾芸術の特質に関する研究、交易品としての漆器をめぐる文化交流に関する研究。また、在外の日本関係資料の調査研究をすすめている。
東京大学文学部美術史研究室、共立女子大学国際文化学部日本文化研究の助手を経て、1994年から国立歴史民俗博物館に所属。

 

1) サンクト・ペテルブルク風景図蒔絵プラーク
18~19世紀
西洋からもたらされた銅版画の図柄を、精巧な蒔絵装飾で写しとった壁掛け用飾り板。

2) ケスティウスのピラミッド螺鈿蒔絵プラーク
18~19世紀
ガイウス・ケスティウスのピラミッドはローマの名所。銅版画の風景を、細緻な螺鈿技法のみで表現した珍しい作例。

3) グスタフ3世肖像図蒔絵プラケット 天明8年
裏面に「Japonia factum 1788(1788年日本製)」と記されており、現存する年紀入りのプラケットとしては最古。

4) 花鳥螺鈿脚付裁縫箱 
19世紀
細かい仕切をもつ裁縫箱に脚を付けた裁縫机。江戸後期の輸出漆器の人気商品であった。

5) 花鳥螺鈿蒔絵瓶入箱(色絵磁器瓶付)
19世紀
螺鈿の下に鮮やかな色彩を施す装飾技法を用いた漆器は、19世紀に多数輸出された。同じく人気の高かった有田製の磁器瓶2つを収めたもの。

6) 草花風景蒔絵薬箪笥
17世紀後半
黒漆地に高蒔絵の技法を組み合わせる漆器は、17世紀に盛んに輸出された。東洋風のエキゾチックな風景や花鳥の意匠が人気を呼んだ。

7) 紋章付山水人物蒔絵皿
17世紀後半~18世紀
中央にアムステルダムの名家ヒンローペン家の家紋を表した特注品の大皿。商館長が旅した東海道の風景が、精細な蒔絵で描かれる。

8) 楼閣人物描金衝立(中国製輸出漆器) 清時代
広東の港から輸出された中国製漆器の典型例は、日本の蒔絵を模倣した描金装飾によるもの。三国志の図柄を金と青金とで細密に表している。

 

特集展示(第4展示室)
「アイヌ文化へのまなざし-N.G.マンローの写真コレクションを中心に-」

開催概要

開催期間 2020年12月22日(火)~2021年5月9日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 特集展示室
料金 一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間

~2月 9:30 ~ 16:30(最終入館は16:00まで)
3月~ 9:30 ~ 17:00(最終入館は16:30まで)

休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

・写真を撮影したマンローの視点から、アイヌ文化について紹介します。
・研究する側と、研究される側との信頼関係が可能にした記録の意味について考えます。

趣旨

踊る人びとを撮影する映画カメラマン
スコットランド出身の医師ニール・ゴードン・マンロー(1863~1942)は、1891年、横浜に至り医業を営みながら考古学研究をおこなったほか、アイヌ文化にも関心を深め、1930年、研究活動の拠点を北海道の二風(にぶ)谷(たに)に移し、アイヌ文化を研究した人物です。

当館は、マンローがアイヌ研究の過程で作成した写真資料のほか、クマの魂を神の国に送る儀式(イヨマンテ)の映画フィルムを所蔵しています。

本展示では、それらの写真と映像を、マンロー自身が残したテキストとあわせて展示し、マンローが、当時のアイヌ文化をどのようにヨーロッパ社会に紹介しようとしていたのかについて考えます。また、撮影されている資料の大きさや素材を理解しやすいように、参考資料として、館蔵のアイヌ関係資料を展示します。

さらに、場内ではマンロー編集の映画「The KAMUI IOMANDE」の短編を上映しますので、あわせてご覧いただければ、より関心・理解を深めていただけることでしょう。

主な展示資料

映画フィルム(部分)

・北海道沙流川アイヌ風俗写真 〔パネル約10点、ガラス乾板(ネガ)〕
・北国の神秘を語るアイヌ写真帖
・アットゥ(樹皮製の織物)の道具
    (1) イシトムシプ(腰にあてる道具)1点
    (2) トゥマムンニ(織られた布を巻き取る道具)1点
    (3) ペカウンニ(横糸を通すために経糸を上げさせる道具)2点
    (4) カマカプ(上下の糸を分離する道具)1点
    (5) ウォサ(筬。経糸の位置を整える道具)1点
    (6) ペラ(へら。横糸をしめる道具)1点
    (7) アフンカニッ(横糸を巻く棒)2点
・捧酒箸(イクパスイ)
・クマ猟用仕掛け弓(クアレ)
・小刀(マキリ)
・花矢
・ござ
・物入れ(シントコ)など、さまざまな漆器
・マンロー編集の映画「The KAMUI IOMANDE」からキャプチャーした画像〔パネル5点程度〕

など計約30点(すべて当館蔵)

【展示代表】

内田 順子 うちだ じゅんこ (国立歴史民俗博物館 民俗研究系 教授)

主な研究テーマは、民俗学・民俗学的な映画に関する研究。
1999年から国立歴史民俗博物館に所属。2004年からマンローの映画の調査を開始。
主な著書『映し出されたアイヌ文化―英国人医師マンローの伝えた映像』(2020年、吉川弘文館)、『DVDブック 甦る民俗映像 渋沢敬三と宮本馨太郎が撮った1930年代の日本・アジア』(共編著、岩波書店、2016年)。

 

1) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「踊る人びとを撮影する映画カメラマン」 1930年
1930年12月、マンローの研究の目的で実施されたイヨマンテを、アイモという映画用カメラで撮影するカメラマンの姿。

2) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「アットゥ(樹皮製の織物)の様子」 1930年代
オヒョウなどの樹皮を剥ぎ、内皮の繊維から作った糸で織る。

3) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「ござ編みの様子」
1930年代
ガマなどの材料でござを編む。日常の敷物には無地のござを、儀式用には文様入りのものを用いる。

4) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「ござ」
1930年代
文様入りのござ。

5) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「仕掛け弓」 1930年代
おもにクマを獲るのに用いられた。

6) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「山刀と小刀」 1930年代
タシロ(山刀)やマキリ(小刀)には、優れた彫刻が施されたものも多い。

6) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「捧酒箸」 1930年代
神々に酒を捧げる時に用いる。削りかけのついた上のパスイは、特別な儀礼に用いられるもの。