このページの目次
「吉祥のかたち」(第3展示室) 「変わりゆく結婚式と近代化」(第4展示室)

『もの』からみる近世「吉祥のかたち」(第3展示室)

開催概要

開催期間 2019年1月5日(土)~2月11日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体

※毎週土曜日は高校生入館無料
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料
※高校生及び大学生の方は、学生証等要提示

開館時間 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 琳派の絵師・酒井抱一(1761~1828年)が描いた現存唯一の小袖「梅樹下草模様小袖」(重要文化財)を公開します。
  • 千葉出身の国学者・楫取魚彦(1723~82年)が得意とした鯉の絵「瀑布鯉魚図」を初公開します。

趣旨

吉祥とは、良いきざし、めでたいしるしを意味する言葉です。絵画や工芸品の中には、吉祥にかかわる意味や願いを込めて制作されたものが少なくありません。歴史的に何度も何度も繰り返して表現され、定番と化した図像やモティーフの組み合わせには、特定の吉祥の意味づけがなされている場合が多くあります。例えば、松竹梅や鶴亀がめでたさの象徴であることは、良く知られています。

吉祥を意味する図像やモティーフの組み合わせには、中国の伝説や思想に端を発するものも多くありますが、能の祝言曲の『猩々』や浦島太郎の物語のように、日本で芸能や説話にとりいれられ、独特の展開が見られることがあります。また、細かな相違では、長寿を象徴する鶴は、中国では白鶴なのが日本では白鶴に限らないこと、亀は、中国では三千年生きるとされていたのが日本では一万年になっていること、鯉の瀧のぼりの鯉は、中国では角が生えかけているのが日本ではそうではないこと、などがあげられます。

このたびの特集展示では、そうした日本での展開に留意しつつ、吉祥にかかわる絵画や工芸品を歴博の所蔵品の中から選んで展示し、図像やモティーフに託された意味を読み解いていきます

【展示代表】

澤田 和人(さわだ かずと)
国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 准教授
専門は染織史。服飾史。絵画史(絵巻)。特に、中世を中心とする染織および服飾・衣装風俗に関する研究をしている。1998年に文学修士(大阪大学)を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

主な展示資料

・梅樹下草模様小袖 酒井抱一筆 重要文化財
・色絵双鶴図小皿 酒井抱一下絵
・霊元院鶴御画并御賛歌 霊元院筆
・瀑布鯉魚図 楫取魚彦筆
・牡丹獅子置物 
・龍宮城模様一つ身 
・浦島太郎模様袱紗

など約30件、すべて本館蔵

1) 梅樹下草模様小袖 酒井抱一筆 
重要文化財 江戸時代中期~後期
(国立歴史民俗博物館蔵)

琳派の絵師、酒井抱一(1761~1828年)が筆をふるった描絵の小袖。鳥取藩主池田家の伝来品。厳寒期に花を開く梅は、その生命力から長寿と子孫繁栄を象徴する。

2) 龍宮城模様一つ身 江戸時代後期
(国立歴史民俗博物館蔵)

日本の物語や説話などでは、時の流れが停止した異界として、東の庭を春、南を夏、西を秋、北を冬とした四方四季の庭が登場する。浦島太郎が訪れた龍宮城もその一つであり、永遠や長寿を意味するモティーフであった。

3) 霊元院鶴御画并御賛歌 
霊元院筆 江戸時代中期
(国立歴史民俗博物館蔵)

霊元院(1654~1732年)宸筆の画賛。長寿の象徴である鶴の絵には、その長寿にちなんで詠んだ和歌を添えてある。

4) 瀑布鯉魚図 楫取魚彦筆 1769(明和6)年
(国立歴史民俗博物館蔵)

筆者の楫取魚彦(1723~82年)は佐原出身の国学者。余技として絵を描き、中でも鯉は魚彦が好んで描いた画題である。鯉の瀧のぼりの図様は、中国の登龍門の伝説に由来し、立身出世を寓意する。

5) 牡丹獅子置物 美濃・魁翠園製 1853(嘉永6)年頃
(国立歴史民俗博物館蔵)

牡丹と獅子は、謡曲の『石橋』に取材したモティーフの組み合わせ。『石橋』は文殊菩薩の霊験を示すめでたい演目であり、祝意を込めた祝言曲とされている。美濃高須藩主のお庭焼である魁翠園の製品。

 

 

「変わりゆく結婚式と近代化」(第4展示室)

開催概要

開催期間 2018年12月11日(火)~ 2019年5月12日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 ~2月 : 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
3月~ : 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

・現代に至る結婚式の変遷とその背景がわかります!
・戦前のデパートの婚礼カタログなど、ブライダル産業と人々の関わりがわかります!
・めったに目にすることのない旧宮家の婚礼道具が展示されます!

趣旨

近世の身分制社会では、必ずしもすべての人が結婚するわけではありませんでした。しかし、近代になると、基本的に誰もが結婚する社会となっていきます。このような変化の中で、結婚式の形態も変わっていきました。第一の大きな変化は、近代以降、結婚式に宗教者が関わる儀礼が中心となっていった点です。欧米の結婚式の影響を受け、神前結婚式が考案され上流から広まり、戦後になるとほとんどの人が神前結婚式を行うようになります。しかし1990年代以降、神前結婚式からチャペル式結婚式に変わっていきます。個人の信仰とは必ずしも結びつかないものの、宗教者の関与した結婚式が依然として続いていることには変わりありません。

第二に、こうした結婚式が浸透するとともに、挙式披露宴というパターンができ、それに対応した儀礼空間が成立します。従来の結婚式は数日にわたって儀礼が続いていましたが、式場の変化とともに挙式披露宴を同じ場所で同日に行うようになっていきます。そのための結婚式場が成立しました。

第三に、結婚式を支える様々な流通、情報、サービスに関する産業が成立していきました。近代ではデパートによって、婚礼用品の流行が作りだされました。またホテルや宴会場は、披露宴だけでなく式場も併設するようになります。戦後には、公共施設や冠婚葬祭互助会が結婚式場を積極的に設置し、ブライダルコーディネーターなども誕生しました。現在では結婚情報誌によって結婚式の個性化が打ち出されています。

ところで現在、社会的には結婚式をしない、もしくは結婚をしないという状況も生まれる中で、結婚式の捉え方も変わっています。こうした近代以降の結婚式の変遷について関連する資料を提示し、人々にとって結婚式とは、また結婚とは何かについて考えていきます。

【展示代表】

山田 慎也 やまだ しんや(国立歴史民俗博物館 民俗研究系 准教授)

専門は民俗学。
主な研究テーマは、葬制と死生観に関する研究、国立民族学博物館講師、東京外国語大学非常勤講師を経て、2004年大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部助手として勤務。研究部助教を経て、2007年8月民俗研究部准教授に就任。2008年4月には総合研究大学院大学文化科学研究科日本歴史研究専攻准教授も併任。

主な展示資料

白紅黒三枚襲婚礼衣裳
四條家伝来梨本宮婚儀什器関係資料
四季島台 高砂
蓬莱御島台
當世婚礼仕用罌粟袋
松鶴の栞
お嫁入り支度案内
御婚礼道具目録
松屋御婚礼衣装陳列会
結納用呉服細工関係資料
冠婚葬祭互助会パンフレット

ほか

 

1) 三箇夜餅御台飾付
1900年(国立歴史民俗博物館蔵)

三箇夜餅の義で餅を飾る台。梨本宮守正王、伊部子妃の婚儀に際して使用された什器である。

2) 御殿竹模様振袖(紅)
明治時代(国立歴史民俗博物館蔵)

白、紅、黒で一組となった婚礼衣装である。江戸時代末から近代にかけ、この組み合わせの衣装が作られ、一般には三襲(みつがさね)といわれる。本館所蔵の衣装は、はじめに白を着用し、その後お色直しで紅、黒を着用したと思われる。

3) 呉服細工 樽
現在(国立歴史民俗博物館蔵)

呉服反物や帯地締めなどを切らずに作った贈答用の装飾で、結納や結婚の祝いに用いられた。解体すると反物や帯締めとなり使用することができる。

4) 蓬莱御島台
現在(国立歴史民俗博物館蔵)

宴席の座敷のしつらえとして用いられた装飾で、料理や盃などを置く場合がある。

5) 新撰婚礼式 修正再版
1901年(個人蔵)

神前結婚式の成立にも関わった、華族女学校校長の細川潤次郎執筆による結婚式の作法書。

6) マタニティーウエディングドレス
現代(国立歴史民俗博物館蔵)

妊娠後の結婚式でウエディングドレスを着たいという要望から、体型の変化に対応できるドレスも見られるようになった。

関連イベント

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
1月12日(土) 11:30~12:10 山田 慎也 (当館民俗研究系)
2月3日(日) 11:30~12:10 山田 慎也 (当館民俗研究系)
3月17日(日) 11:30~12:10 山田 慎也 (当館民俗研究系)
4月27日(土) 11:30~12:10 山田 慎也 (当館民俗研究系)
5月6日(月休) 11:30~12:10 山田 慎也 (当館民俗研究系)

※開始時間までに第4展示室副室にお集りください。

 

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。