このページの目次
開催概要

開催概要

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―
開催期間2022年10月4日(火)~12月11日(日)
開催期間 2022年10月4日(火)~12月11日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A
料金

一般:1000円 / 大学生:500円
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※高校生以下は入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館が無料です。
※半券の提示で当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。
※土・日・祝日・会期末の入場方法につきましては現在検討中です。

開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 毎週月曜日(休日にあたる場合は開館し、翌日休館)
共同主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館、
大韓民国国立中央博物館、九州国立博物館

趣旨

加耶(かや)とは、日本列島の古墳時代と同じ頃、朝鮮半島の南部に存在した、互いに協力し、時には競い合いながら活躍した国々のことです。おおむね4~6世紀に、海上交易と鉄生産を一体として運営し、東の新羅(しらぎ)や西の百済(くだら)、海をはさんだ古代日本の倭、そして遠く中国などとも交流を重ねながら、大きな成長をとげました。しかし、百済と新羅という強国のはざまの中で、徐々に勢力が弱まり、562年には滅亡してしまいます。

今回、大韓民国国立中央博物館の全面的な協力のもと、加耶の墳墓から出土した金銀のアクセサリー、整美な土器、武威をしめす武器や馬具、成長の礎となった鉄、そして対外交渉をしめす外来の品々など約240点の資料を展示することにより、加耶のなりたちから飛躍、そして滅亡までの歴史を明らかにします。日本国内で加耶の至宝が一堂に会して展示されるのは、実に30年ぶりのことです。

今回の展示では、加耶と倭の交流の移り変わりについても考えていきます。加耶は倭が最も緊密に交流した社会の一つです。倭は、加耶との交流を通して、当時の先進の情報や技術、道具を入手し、それを自らの文化として定着させていきました。それは、須恵器と呼ばれる硬い焼き物、鉄の道具、金工、馬の飼育、灌漑、ひいては蒸し器などの炊事道具や新しい暖・厨房施設(カマド)など実に様々です。その動きが最も盛んだった5世紀を「技術革新の世紀」と呼ぶこともあります。倭の歴史を知るためには、加耶の歴史にも目を向ける必要があります。

本展示を通して、海をはさんだ加耶の歴史を体感しながら、日韓両地域の悠久の交流が現在、そして未来へと続いていくことに思いをはせることでしょう。

加耶の耳飾り 陜川玉田(ハプチョンオクチョン)M4号墳出土 【大韓民国指定宝物】 6世紀前半

耳にとりつける環の下に華麗な飾りを垂らした金製の耳飾り。 山梔子(くちなし)の
実のような垂れ飾りは大加耶の耳飾りの特徴である。有力者のみが装着できたものである。

 

本展のみどころ

  • 最新の発掘調査の成果を通して、加耶の興亡の歴史や華麗な文化に光をあてる。
  • 日本国内では30年ぶりに、約240点の加耶の至宝が一堂に会する。韓国の重要文化財(宝物)に指定された大加耶の金銅製の冠も展示する。
  • 加耶の古墳で出土する倭の文物を通して、加耶と倭の緊密な交流の様子を浮き彫りにする。
  • 加耶の歴史、加耶と倭の交流史を体感することで、いにしえから現在、そして未来へと続く日韓の交流に思いをはせる。

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。