開催概要

中世武士団―地域に生きた武家の領主―
開催期間2022年3月15日(火)~5月8日(日)
開催期間 2022年3月15日(火)~5月8日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金

一般:1000円 / 大学生:500円
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※高校生以下は入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館が無料です。
※半券の提示で当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。

開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 毎週月曜日(休日にあたる場合は開館し、翌日休館)
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

武士の支配が拡大した日本の中世社会、武士は武力だけで支配者になれたのか?
武士団を組織して中世の武士が地域の支配者となるまでの様子を貴重な中世の文書や絵巻物と、
出土遺物や仏像などの豊富な地域資料とともに紐解く!

趣旨

中世武士は、世襲制の職業戦士であるとともに、地域の領主としても存在しました。中世武士の地域支配は、武士個人の力量によって実現したわけではなく、主に一族と家人によって構成された武士団という集団(組織)を形成することで実現しました。

本企画展示では、武士団を戦闘集団ではなく「領主組織」という観点から捉えます。中世武士が武士団という領主組織を形成して遂行した地域支配の実態と展開について、鎌倉時代から室町時代を中心に、益田氏(島根県)・肥前千葉氏(佐賀県)・越後和田氏(新潟県)に関わる文書や仏像、さらに重要文化財《紙本著色前九年合戦絵詞》、重要文化財《八代椎木出土梵鐘》といった中世の文献・考古・美術資料などの豊富な資料をとおして、武士の支配が地域社会に受け入れられていく様相に迫ります。また、近世~近代の絵図・土地台帳やフィールドワークをよりどころに復元した武士団の本拠景観にもとづき、地域に根差し、生きた武士団の姿をご紹介します。

 

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。