このページの目次
これからの観察会 これまでの観察会 バックナンバー

くらしの植物苑では、毎月講師を交えて、「観察会」を実施しています。申し込みは不要です。

観察会 開催情報

開催日 毎月 定期開催 観察会開催予定表
料金 参加無料(ただし入苑料100円が必要です。高校生以下は無料です)
時間 13:30~15:30
定員 30名(先着順)(予告なく変更する場合があります)
集合 苑内の東屋の前(申し込みは不要)

これからの観察会

直近の観察会開催予定

日付 テーマ 講師
2022年10月22日(土) 第283回 「魔除けの植物文化」 辻 誠一郎 氏
2022年11月26日(土) 第284回 「菊花 江戸時代の観賞-地植え・切花・鉢植え-」 平野 恵 氏

これまでの観察会
第282回 観察会 2022年9月24日(土)

「身近なシダ植物とその生態」

千葉県立中央博物館 水野大樹先生による、第282回観察会「身近なシダ植物とその生態」が行われました。参加者の皆様は水野先生のお話を熱心に聞いていらっしゃいました。

次回は東京大学名誉教授 辻誠一郎先生による、「魔除けの植物文化」です。

関連資料(PDF)

第281回 観察会 2022年8月27日(土)

「続・外国人がみた変化朝顔」

九州大学大学院理学研究院 仁田坂英二先生による、第281回観察会「続・外国人がみた変化朝顔」が行われました。今回の観察会は講堂で行われ、約60名の参加者の皆様はメモをとるなどして、仁田坂先生のお話を聞いていらっしゃいました。

次回は千葉県立中央博物館水野大樹先生による、「身近なシダ植物とその生態」です。

関連資料(PDF)

第280回 観察会 2022年7月23日(土)

「佐倉城址公園の地衣類」

千葉県立中央博物館 坂田歩美先生による、第280回観察会「佐倉城址公園の地衣類」が行われました。35度に迫る暑さの中でしたが、美しい夏空のもと坂田先生のお話に、参加者の皆様は熱心に耳を傾けていました。

次回は九州大学大学院理学研究院准教授仁田坂英二先生による、「続・外国人がみた変化朝顔」です。開催時間と場所が変更になります。開催時間は13:30~15:30、場所は本館講堂となります。なお、事前申込制となりますので、ご注意ください。

関連資料(PDF)

第279回 観察会 2022年6月25日(土)

「デジタルアーカイブで見る草木の世界」

当館研究部 後藤真准教授による、第279回観察会「デジタルアーカイブで見る草木の世界」が行われました。梅雨の晴れ間の中、後藤先生のお話にみなさん熱心に耳を傾けていました。
次回は千葉県立中央博物館 坂田歩美先生による、「佐倉城址公園の地衣類」です。

関連資料(PDF)

第278回 観察会 2022年5月28日(土)

「日本の森林の多様性」

東京大学名誉教授 辻誠一郎先生による、第278回観察会「日本の森林の多様性」が行われました。爽やかな青空のもと、辻先生のお話にみなさん熱心に耳を傾けていました。
次回は当館研究部 後藤真准教授による、「デジタルアーカイブで見る草木の世界」です。

関連資料(PDF)

第277回 観察会 2022年4月23日(土)

「桜草の栽培史-明治期から昭和初期まで」

日本大学専任講師の水田大輝先生による、第277回観察会「桜草の栽培史-明治期から昭和初期まで」が行われました。水田先生のお話にみなさん熱心に耳を傾けていました。
次回は東京大学名誉教授の辻誠一郎先生による、「日本の森林の多様性」です。

関連資料(PDF)

第276回 観察会 2022年3月26日(土)

「花見の民俗」

当館民俗研究系 関沢まゆみ教授による第276回くらしの植物苑観察会「花見の民俗」が開催されました。みなさん関沢先生の解説に熱心に耳を傾けていました。
次回は、日本大学の水田大輝先生による「桜草の栽培史―明治期から昭和初期まで」です。

関連資料(PDF)

第275回 観察会 2022年2月26日(土)

「天神さんと花々のものがたり」

東京大学名誉教授の辻誠一郎先生による、第275回観察会「天神さんと花々のものがたり」が行われました。辻先生のお話にみなさん熱心に耳を傾けていました。次回は関沢まゆみ副館長による、「花見の民俗」です。

関連資料(PDF)

第274回 観察会 2022年1月22日(土)

「くらしの中に息づく植物 ー竹とササー」

千葉県立中央博物館の天野誠先生による、第274回観察会「くらしの中に息づく植物-竹とササ-」が行われました。天野先生のお話にみなさん熱心に耳を傾けていました。次回は東京大学名誉教授の辻誠一郎先生による、「天神さんと花々のものがたり」です。

関連資料(PDF)