このページの目次
これからの観察会 これまでの観察会 バックナンバー

くらしの植物苑では、毎月講師を交えて、「観察会」を実施しています。申し込みは不要です。

観察会 開催情報

開催日 毎月 定期開催 観察会開催予定表
料金 参加無料(ただし入苑料100円が必要です。高校生以下は無料です)
時間 13:30~15:30 (8月は10:00~12:00)
定員 20名(先着順)
集合 苑内の東屋の前(申し込みは不要)

これからの観察会

直近の観察会開催予定

 
日付 テーマ 講師
2021年2月27日(土) 第263回 「サトウキビがつなぐ帝国」※開催中止 吉井 文美
2021年3月27日(土) 第264回 「梅と桃と桜の宴、その歴史といま」 辻 誠一郎

※2021年2月27日(土)に開催予定でした第263回 「サトウキビがつなぐ帝国」は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催中止となりました。大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

これまでの観察会
第261回 観察会 2020年12月19日(土)

体験講座「桜草を植え替えてみよう」

小雪の舞い散る中、当館博物館事業課山村専門職員による、第261回植物苑観察会「体験講座 桜草を植え替えてみよう」が行われました。講義のあと、実際に桜草の植え替えを行いました。

関連資料(PDF)

第260回 観察会 2020年11月28日(土)

「菊の番付」

さわやかな秋空の下、台東区立中央図書館の平野恵先生による、第260回観察会「菊の番付」が行われました。講義のあと、植物苑内の古典菊を鑑賞しました。最後までみなさん熱心に耳を傾けていました。

次回は、12月19日(土)当館博物館事業課 山村 聡専門職員による「体験講座 桜草を植え替えてみよう」です。

関連資料(PDF)

第259回 観察会 2020年10月24日(土)

「デジタル技術で見る植物の世界」

さわやかな秋空の下、当館の橋本雄太助教による第259回植物苑観察会「デジタル技術で見る植物の世界」が開催されました。

次回は、11月28日(土) 台東区立中央図書館の平野恵先生による「菊の番付」です。

関連資料(PDF)

第251回 観察会 2020年2月22日(土)

「中国と桃」

時折晴れ間の見える冬空の下、当館考古研究系の上野祥史准教授による第251回植物苑観察会「中国と桃」が開催されました。

関連資料(PDF)

第250回 観察会 2020年1月25日(土)

「くらしの中に生きる植物-和の香辛料」

千葉県立中央博物館 天野誠先生よる、第250回観察会「くらしの中に生きる植物-和の香辛料」が行われました。講義のあと、苑内を散策しました。みなさん熱心に耳を傾けていました。

次回は、2月22日(土)当館研究部の上野祥史准教授による「中国と桃」です。

関連資料(PDF)