国立歴史民俗博物館には、制作および収集してきた民俗と歴史の記録映画があります。これらの映像を通じて民俗と歴史への知識と理解を深めていただくとともに、歴博の研究活動をひろく皆様に知っていただきたいと思います。教員による作品解説も行います。 皆様お誘いあわせの上、おいでください。


このページの目次
第33回「世界無形文化遺産 来訪神 仮面・仮装の神々」の現在第34回 九州最後の海底炭鉱-池島炭鉱-第35回「世界無形文化遺産 来訪神 仮面・仮装の神々」の現在-

第33回「世界無形文化遺産 来訪神 仮面・仮装の神々」の現在
    -南西諸島を中心に-

開催要項

日程 2019年7月6日(土) 13:30~15:30
場所 国立歴史民俗博物館 講堂
定員 260名(当日先着順・申込不要)
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館
協力 国立歴史民俗博物館友の会

上映作品

「甑島のトシドン」(1979年 30分) (2007年、日本の姿 第7期 第27巻)
 製作:民族文化映像研究所
 発売元:民族文化映像研究所、紀伊國屋書店、ポルケ

参考
「石垣島川平のマユンガナシ」(1982年 38分)
 製作:東京シネマ新社

内容

甑島のトシドンは、鹿児島県薩摩川内市の下甑島に伝承される、正月に行われる行事である。大晦日の晩、長い鼻に大きな口の面、藁蓑、シュロやソテツの葉などを身に付けた姿のトシドンが、家々を巡り歩き、新年を祝う。子どもたちには、大声でおどかしたり、日頃の行いをただしたり、よい子になるよう諭したりする。そして、褒美としてトシモチと呼ばれる大きな餅を与え、帰っていく。今回の「来訪神:仮面・仮装の神々」は、すでにユネスコ無形文化遺産に登録されていた「甑島のトシドン」の拡張提案として登録されたものである。また、今回の無形文化遺産の対象ではないが、南西諸島の来訪神行事の多様性を考えるために、石垣島川平で伝承されるマユンガナシの記録映画も上映し、解説する。

解説

内田 順子(当館民俗研究系)

お問い合せ

国立歴史民俗博物館友の会

電話 043-486-8011
E-mail tomonokai@rekishin.or.jp

国立歴史民俗博物館広報・普及係

電話 043-486-0123(代)
E-mail sfukyu@ml.rekihaku.ac.jp

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。

 

第34回 九州最後の海底炭鉱-池島炭鉱-

開催要項

日程 2019年9月7日(土) 13:30~15:30
場所 国立歴史民俗博物館 講堂
定員 260名(当日先着順・申込不要)
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館
協力 国立歴史民俗博物館友の会

 

第35回「世界無形文化遺産 来訪神 仮面・仮装の神々」の現在
    -東北・北陸地方を中心に-

開催要項

日程 2020年2月1日(土)13:30~15:30
場所 国立歴史民俗博物館 講堂
定員 260名(当日先着順・申込不要)
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館
協力 国立歴史民俗博物館友の会

 


これまでの映画の会はこちら