教員が各自の研究成果をもとに行う催しです。13時から15時まで歴博講堂において開催されます。来館者は誰でも聴講することができます。参加無料。事前予約が必要となります。(定員50名)


このページの目次
第431回「江戸東京の明治維新ー身分とジェンダーの視点からー」第426回(中止)「女性とスポーツの近代」第430回(中止)「東アジアのなかの近代日本」

第431回「江戸東京の明治維新ー身分とジェンダーの視点からー」

開催要項

日程 2021年3月13日(土)
講師 横山 百合子(本館研究部)

講演趣旨

明治維新を機に、近世の身分制が解体されていきます。しかし、身分制の解体は、明治維新政府をリードした指導者たちが当初から掲げた明確な構想というわけではありませんでした。実際には、身分制の再編政策とその失敗という紆余曲折を経て、身分制の制度的解体が選びとられていきます。

一方、身分制の解体は、ジェンダーを変えていく要因にもなっていきます。近世には、兵農分離政策によって、大量の武士とそれを支える商人、職人の集住する城下町が誕生します。江戸はその最大の都市ですが、幕府は、このような軍事都市としての城下町の維持運営にあたって、身分のしくみに依拠しながら、遊廓など女性の人身売買を前提とする性的欲望管理のしくみを認めていきます。では、明治政府が紆余曲折のなかで身分制の解体を選び取っていくとき、身分のしくみとジェンダーの抑圧の上に成り立っていた性的欲望管理のしくみはどうなるのでしょうか。

ここでは、企画展示「性差(ジェンダー)の日本史」でも紹介した新吉原遊廓に生きた遊女やそれを取り巻く人びとの資料なども紹介しつつ、身分とジェンダーの視点から江戸東京の明治維新の実像を探っていきます。

事前申込について

申込期間

2021年2月22日(月)〜2021年3月7日(日)(往復ハガキ必着)

申込後の流れ

  • 応募者が定員(50名)を超えた場合は、抽選を行います。
  • 2021年3月8日(月)以降、お申し込み方法(メールアドレスあるいは復路ハガキ)に応じて抽選結果をご連絡いたします。講演会当日は、当選通知をご持参ください。

申込上の注意

  • お申し込みは一人1回のみ有効とします。
  • メールや往復ハガキの未到着の責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • お申し込みの際にご記入いただく個人情報は、厳格に管理し、当講演会申し込み管理のために限り利用いたします。また、新型コロナウイルス感染症感染者の当館利用が判明した場合において、保健所等からの要請に応じて提供させていただくことがあります。

講演会当日のお願い

  • 新型コロナウイルス感染症に感染、感染が疑われる方、37.5℃以上の発熱や顕著な咳、くしゃみ、鼻水などの風邪諸症状がある方、体調のすぐれない方は来館をご遠慮ください。
  • 入館の際に体温を測定させていただき、発熱が疑われる方については、入館をご遠慮いただきます。
  • 入館の際は、マスクの着用をお願いします。
  • 館内各所に消毒用アルコール液剤を配置しておりますので、こまめな手指消毒とともに手洗いにご協力をお願いします。

※当日受付は行いません。
※ご都合により参加をキャンセルされる場合は、以下までご連絡をお願いします。
※今後、新型コロナウイルス感染症拡大の状況次第では、やむなく中止となる場合があります。その場合は、こちらのページに掲載します。

申込方法

オンライン

<第431回歴博講演会申し込みサイト>
下記のリンク先の申し込みサイトに必要事項を記入の上、お申し込みください。

お申し込みはこちら

往復ハガキ

「第431回歴博講演会参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、同伴者名(1名まで)を書いて、下記宛先までお申し込みください。(料金不足のハガキでお申し込みの場合、受付はできませんのでご注意ください)

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係

 

第426回「女性とスポーツの近代」

開催要項

日程 2021年2月13日(土)(2020年8月8日(土)当初予定)※開催中止
講師 樋浦 郷子(本館研究部)

 

 

第430回「東アジアのなかの近代日本」

開催要項

日程 2021年1月9日(土)※開催中止
講師 吉井 文美(本館研究部)

 

 


これまでの講演会はこちら