教員が各自の研究成果をもとに行う催しです。13時から15時まで歴博講堂において開催されます。
※事前申込制。申込方法は決まり次第お知らせします。
(定員61名、予告なく変更する場合があります)

※千葉県下に新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言が発出されたため、8月14日(土)第433回講演会「幕末の風刺画と鯰絵」は中止とさせていただきます。


このページの目次
第433回「幕末の風刺画と鯰絵」

第433回「幕末の風刺画と鯰絵」

開催要項

日程 2021年8月14日(土)※開催中止
講師 湯浅 淑子(たばこと塩の博物館)

講演趣旨

19世紀後半、江戸では数多くの風刺画が制作されました。当時の浮世絵出版には、絵師名と版元名を出し、出版前に改(あらため=検閲のこと)を受けるというルールがありましたが、浮世絵のいちジャンルである風刺画には、出版ルールに則ったものと無視したものがあります。出版ルールに則った風刺画は、検閲を通すためか、内容がストレートに伝わらないように、わかりづらくなっています。一方ルールを無視したものは、何を風刺しているか、よりわかりやすいものが多いという特徴があります。

安政2年(1855)102日に江戸を襲った大地震をきっかけに出された鯰絵以降、出版ルールを無視したものが多く見られるようになり、それに伴い風刺の対象がストレートに表現されるようになります。そういう意味でも、鯰絵は幕末の風刺画にとり、大きな存在です。さらに鯰絵展でも触れられている通り、鯰絵のモチーフはその後の風刺画に受け継がれていて、鯰絵が幕末の風刺画に与えた影響は大きなものがあります。

ここでは、19世紀の代表的な風刺画を紹介し、鯰絵以前と以降での変化を見ながら、鯰絵の果たした役割を考えたいと思います。


これまでの講演会はこちら