教員が各自の研究成果をもとに行う催しです。13時から15時まで歴博講堂において開催されます。
※事前申込制(申込は開催日の1ヶ月前から受付予定です)


このページの目次
第440回「加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―」第441回「中国と加耶と倭」

第440回「加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―」

開催要項

日程 2022年10月8日(土)
講師 高田 貫太(考古研究系教授)
参加費 無料
※定員満了につき申込受付は終了しました。なお、当日受付およびキャンセル待ち受付は行いません。

講演趣旨

加耶(かや)とは、日本列島の古墳時代と同じ頃、朝鮮半島の南部に存在した、互いに協力し、時には競い合いながら活躍した国々のことです。おおむね3~6世紀に、海上交易と鉄生産を一体として運営し、東の新羅(しらぎ)や西の百済(くだら)、海をはさんだ古代日本の倭、そして遠く中国などとも交流を重ねながら、大きな成長をとげました。しかし、新羅と百済という強国のはざまの中で、徐々に勢力が弱まり、562年には滅亡してしまいます。

本展示では、大韓民国国立中央博物館の全面的な協力のもと、加耶の墳墓から出土した金銀のアクセサリー、整美な土器、武威をしめす武器や馬具、成長の礎となった鉄、そして対外交渉をしめす外来の品々など約220点の資料を展示することにより、加耶のなりたちから飛躍、そして滅亡までの歴史を明らかにします。日本国内で加耶の至宝が一堂に会して展示されるのは、実に30年ぶりのことです。

歴博講演会当日のお願い

  • 新型コロナウイルス感染症に感染、感染が疑われる方、37.5℃以上の発熱や顕著な咳、くしゃみ、鼻水などの風邪諸症状がある方、体調のすぐれない方は来館をご遠慮ください。
  • 入館の際に体温を測定させていただき、発熱が疑われる方については、入館をご遠慮いただきます。
  • 入館の際は、マスクの着用をお願いします。着用されないお客様(乳幼児を含む小さなお子さまは除く)は入館をご遠慮いただきます。
  • 館内各所に消毒用アルコール液剤を配置しておりますので、こまめな手指消毒とともに手洗いにご協力をお願いします。

※歴博講演会当日の参加申込は受付ておりません。
※ご都合により参加をキャンセルされる場合は、受付付け完了メールをご参照または以下お問い合わせ先までご連絡をお願いします。
※今後、新型コロナウイルス感染症拡大の状況次第では、やむなく中止となる場合があります。その場合は、こちらのページに掲載します。

 

お問い合わせ先

国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係
TEL: 043-486-0123(代)
Email:  reservation@rekihaku.ac.jp ※こちらのEメールアドレスからの申込はできません。
受付時間:平日9:00~17:00

 

 

第441回「中国と加耶と倭」

開催要項

日程 2022年11月12日(土)
講師 上野 祥史(考古研究系教授)
参加費 無料 ※事前申込制(申込は開催日の1ヶ月前から受付予定です)

これまでの講演会はこちら