MESSAGE:日本歴史研究専攻について


専攻長
坂本 稔

総合研究大学院大学(総研大)は,最先端の研究を行っている「大学共同利用機関」に設置された大学院です。

日本歴史研究専攻はその中で唯一,文系の研究科である文化科学研究科に置かれています。基盤機関の国立歴史民俗博物館は,館蔵はもとより各地の有形・無形の資料の膨大な情報を有し,その調査・研究施設も充実しています。また国内外の大学や博物館,研究機関などとのネットワークを活用し,従来の歴史学・考古学・民俗学といった枠組みを超えた新しい研究を展開しています。

大学院の学生は博士後期課程に在籍する間に,資料やフィールドワークにもとづく総合的な分析能力を身につけ,日本の歴史と文化について広い視野と国際的な感覚を持った研究者として学位取得を目指すことになります。指導体制や,調査・研究活動を支援する環境も整備されています。

博物館という場で,新しい歴史研究に携わる意欲を持つ方々の入学をお待ちしています。

このカテゴリの他のページを見る
専攻の特徴 学生支援 学位論文に係る評価基準