MESSAGE:日本歴史研究専攻について


専攻長
樋口 雄彦

日本歴史研究専攻は、総合研究大学院大学(総研大)の文化科学研究科に属しており、博士課程後期のみの大学院です。総研大において文化科学研究科は、唯一の文系の研究科であり、さらにその中で日本歴史研究専攻は歴史系の学問分野がまとまって構成されている専攻です。本専攻の基盤機関である国立歴史民俗博物館(歴博)が、日本の歴史を総合的に研究・展示し、幅広い資料を収集・保存する研究機関であることから、この専攻が置かれているわけです。

本専攻で学ぶ学生は、歴博が持つ膨大な資料や図書、高度な機器などを活用するとともに、ここを活躍の場とする多彩な研究者の指導を受けつつ研究を進めることができます。このような研究環境のもと、歴史学・考古学・民俗学や分析科学・情報学など、互いに隣接する学問諸分野にも広く目を配りながら、自身のテーマに集中して取り組み、学位取得という目標に向かって邁進していただければ幸いです。

このカテゴリの他のページを見る
専攻の特徴 ポリシー 学生支援 学位論文に係る評価基準