3つの特徴

異分野への挑戦

当専攻には、30人の教員がいます。文献史学、考古学、民俗学、歴史地理学、美術史学、文化財科学など、専門領域は多彩です。学生は、自分の専門にかかわらず、他分野の講義・ゼミを履修することが可能です。また、多分野の研究者が行う共同研究への参加が、新たな道を拓きます。

身近にある豊富な資料・蔵書

れきはくの所蔵資料は23万点、蔵書は約32万冊。身近にある所蔵資料を利用した講義やゼミは、博物館の大学院ならではの醍醐味といえるでしょう。また、研究書のほか、各地の発掘調査報告書や自治体史、博物館の展示図録など充実した図書館の蔵書も魅力です。

充実した資金援助制度

論文作成で必要な物品等の購入予算のほか、国内外の調査・学会参加旅費、他専攻への短期内地留学を補助する制度があります。学生の積極的な応募を期待しています。また、有給の研究の補助として、れきはくの共同研究や総研大のRA(リサーチ・アシスタント)、さまざまなプロジェクトの補助業務の機会があります。

アドミッションポリシー

専攻の人材育成目的

日本歴史研究専攻は、広義の日本歴史の分野に関して、広い視野及び国際的な通用性を兼ね備え、特定の専門分野について資料に基づいた高度な研究を行える研究者及び高い研究能力をもって社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

専攻の教育方針

日本歴史研究専攻の基盤機関である国立歴史民俗博物館は、歴史学・考古学・民俗学・文化財科学などを専門とする多くのすぐれた研究者を擁するとともに、博物館として膨大な実物資料や多様な情報資料を保有しています。また、大学共同利用機関として、最先端の多様な共同研究を行っています。こうした基盤機関の特性と利点を活かし、学際的な各専門家の指導と、実物資料に基づく多様な分析方法の活用によって、高度な総合的能力をもつ研究者の教育を目ざしています。またカリキュラムにおいては、資料研究と社会史研究との総合及び複数指導制を通し、視野の広い国際感覚をもった研究者を育成します。

このカテゴリの他のページを見る
専攻長挨拶 学生支援 学位論文に係る評価基準