共同利用型共同研究

館蔵資料利用型

「棟梁鈴木家文書」図面類による建築物の復元的研究

研究期間:2020年度

研究代表者 小粥 祐子(東京都公文書館)
館内担当教員 大久保 純一(本館研究部 情報資料研究系)

研究目的

本研究は、当館蔵「棟梁鈴木家資料」に収められた図面群(約72点)のうち、主に江戸時代の図面を対象としている。

「棟梁鈴木家資料」は江戸時代末期から明治時代初期に、幕府と明治政府の公共建築の工事を現場で仕切った幕府支配御屋根方棟梁・鈴木家が所持していたものである。「棟梁鈴木家資料」に収められた図面種類は平面図・石方絵図・屋根伏図が主である。これまでの研究では、江戸時代の、特に上層階級の建物に関する図面群の場合、平面図とともに、立面と断面を併記した建地割図、矩計図も含まれることが多い。こうしたことから、図面に関する研究も平面図・建地割図・矩計図に特化してきた。

一方、同図面群には、石方絵図という、これまでの図面研究ではあまり見られない特殊な図面がある。石方絵図は、江戸時代末期の江戸城二丸御殿のものであるが、土木の専門用語とともにあまり馴染みのない記号が図上に散見される。また「石」に関しては宝塔を一段毎に切り離してパースをつけて引いた図面などもあり、これまでの研究ではあまり指摘されていない貴重な図面である。

また、「棟梁鈴木家資料」には図面の他に、文書群があり、歴史学の工藤航平氏により解読・研究が進められている[2019年度共同利用型共同研究:「棟梁鈴木家文書」にみる幕府小普請方支配御屋根方の職務]。そこで、工藤氏の研究成果をもとに図面を見直すことにより、これまでの建築史研究では指摘されていなかった新たな点が見いだせるのではないかとも考えている。

以上のことから、「棟梁鈴木家資料」図面群のうち、主に江戸時代の図面について、実寸を縮少、あるいは実際の図面寸法に忠実に引き直すことにより建造物を実際に建てるという視点で捉えなおし、かつ、文書群の研究成果と照合することにより当該図面群の用途について明らかにしたい。