共同利用型共同研究

館蔵資料利用型

戦時期の女子学生日記の分析に基づく庶民の戦争体験の再検証

研究期間:2020年度

研究代表者 田中 祐介(明治学院大学 教養教育センター)
館内担当教員 三上 喜孝(本館研究部 歴史研究系)

研究目的

本共同研究では、国立歴史民俗博物館が所蔵する戦時期・占領期の女子学生日記(H-965-802)を調査分析する。

日記は、戦時下に国民学校を卒業し、倉敷高等女学校生として過ごした女性によって書かれた。1941年9月15日から1949年4月27日までの計12冊(薄型ノート)が残されており、太平洋戦争の開戦から敗戦、戦後の混乱期までを含んでいる。銃後の学校生活を知るための貴重な手がかりであると同時に、思春期に戦争と敗戦を経験した一人の庶民の感情、思考、および時局認識を知るための貴重な史料である。

本共同研究ではまず日記を全文翻刻したのち、全12冊の「つづけ読み」(通読)により、戦時下の学校生活および戦争経験の総体を明らかにする。その際、研究代表者のプロジェクト「近代日本の日記文化と自己表象」の成果を踏まえ、日記の史料的意義はもとより、日記帳の種類、枠組、使用法(「モノとしての日記」)、読者=点検者(教員)を前提とした自己表象のありかた(「行為としての日記」)をも考察の範疇に含め、重視する。

加えて、研究期間は1年に限られるものの、展望的な研究としては、研究代表者が管理運営する「近代日本の日記資料データベース」を利用し、同時期に綴られた複数の日記の所感や経験を比較検証する「ならべ読み」(併読)の可能性を探る。これにより、日記を書いた人物の経験の個別性と一般性を吟味しながら、戦争経験者が不在となる遠くない未来を見据え、庶民の戦争経験を複眼的に記録、継承するための方法的視座を探る。