共同利用型共同研究

館蔵資料利用型

中世伊勢神宮領荘園の総合的研究

研究期間:2020年度

研究代表者 永沼 菜未(本館 資料整理等補助員)
館内担当教員 荒木 和憲(本館研究部 歴史研究系)

研究目的

本研究は、中世を代表する権門神社の1つである伊勢神宮の土地所有と、その支配構造について解明することを目的とする。本研究において調査・研究の対象とする館蔵資料は、「田中穣氏旧蔵典籍古文書(資料番号H-743)」(田中本)のうち、伊勢国度会郡(現三重県)に所在した法楽寺の関連史料(H-743-416,454)26通である。

法楽寺とは、もとは伊勢神宮の祭主が氏寺として建立した寺院である。13世紀後半、中興の祖である通海(醍醐寺権僧正、祭主大中臣隆通息)が別当のとき勅願寺となり、公武および伊勢神宮への祈祷をおこなう公的性格を帯びた寺院へと転じた。そして、鎌倉後期から南北朝期にかけて周辺寺院を末寺化し、地域への影響力を強めたことが知られている。法楽寺については、勅願寺化の経緯や南北朝内乱において両朝の拠点となったことなど、主に政治的な動向との関連から論じる研究が蓄積されている。しかし、法楽寺が地域において果たした役割については、未だ明らかになっていない点が多く残る。

研究代表者はかつて、伊勢国度会郡を対象に、伊勢神宮の荘園制的土地所有について研究論文(『国史学』224,2018年)を発表し、地域寺院を組み込んだ荘園支配体制が築かれていたことを明らかにした。田中本には中世の法楽寺領についての史料がまとまって残っており、そこには法楽寺が多くの伊勢神宮領を管轄していたことが記されている。田中本の法楽寺関連史料は、研究代表者の研究との関わりも深く、中世伊勢神宮領の支配構造を解明する手がかりとなる豊かな内容をもつ貴重な史料群である。

本研究は、法楽寺を単なる地域寺院ではなく伊勢神宮領経営を担う存在として理解することを試みるものである。法楽寺による伊勢神宮領経営の様相を明らかにすることによって、従来は伊勢神宮組織内で完結すると理解されてきた所領経営について、地域寺院を組み込んだ総合的な支配構造の実態を明らかにすることが可能となる。