共同利用型共同研究

館蔵資料利用型

近世の普請における入札と実施システムの検討-幕府小普請方支配御屋根方棟梁鈴木家を起点に-

研究期間:2020年度

研究代表者 岩淵 令治(学習院女子大学)
館内担当教員 大久保 純一(本館研究部 情報資料研究系)

研究目的

「棟梁鈴木家資料」は、幕府小普請方支配御屋根方棟梁の鈴木市兵衛家に伝来した資料群で、絵図面、文書、設計用木組みからなる。幕府の公共建築の普請を担当した職人については、甲良家など作事方の史料・研究が中心であり、後発で町方大工からも登用があった小普請方については不明な点が多い。

昨年度、建築史の小粥祐子氏・文献史学の工藤航平氏より館蔵資料利用型共同研究が申請され、ようやく本史料群について本格的な検討がはじまった。こうした成果に学びながら、研究をすすめ、本史料の資料図録の刊行を目指したい。

具体的には、これまでの大名家史料等での自身の検討(「幕末期松代藩江戸屋敷の作事と請負」<『大名江戸屋敷の建設と近世社会』中央公論美術出版、2013 年>ほか)をふまえ、御用大工による入札史料や根拠の作り方といった建築の入札システムの一端を明らかにすることを目指す。とくに本文書群のうち、(1)「屋根方・石方・餝方・瓦師・壁方・砂利御本途帳」(H-1586-1-4-2)と(2)設計用木組み((H-1586-2)を分析する。

(1)の「本途帳」については、すでに西和夫氏の積算技術の研究があるが、作事方の甲良家の史料の検討であり、また入札システムや、物価等の分析は充分とはいえない。「旧定法当時物」( H-1586-1-4-3)や御用日記類や御用留(H-1586-1-4- 4・5・7・8)といった文書類と合わせて検討をすすめ、他の「本途帳」との比較検討も試みたい。また、(2)は設計に重要な史料と考えられるが、管見の限り、先行研究はみられない。基礎的な情報を整理し、江戸東京博物館所蔵史料など、類似の史料との比較検討もこころみたい。