共同利用型共同研究

館蔵資料型共同研究

「棟梁鈴木家文書」にみる幕府小普請方支配御屋根方の職務

研究期間:2019年度

研究代表者 工藤 航平(東京都公文書館)
館内担当教員 大久保 純一(本館研究部)

研究目的

本研究の目的は、幕府と明治政府の公共建築の普請を取り仕切った幕府小普請方支配御屋根方棟梁の鈴木家に伝来した貴館所蔵「棟梁鈴木家資料」のうち、作事の日記など文書類(7点)の分析を通じて、御屋根方という特殊な役職の実態と存立状況の解明を行うことにある。

徳川幕府の建築工事を担当した作事方と小普請方のうち、主に表向きを管轄した作事方に関する資料に比して、奥向きを管轄した小普請方に関する資料は少なく、江戸城大奥の絵図が知られる程度である。また、分析対象となるのは大棟梁や大工棟梁といえる。

さらに、建築史など従来の研究では、主に絵図類の分析が行われ、文書類の利用は補助的な利用に留まっているという課題がある。本資料群についても、これまで絵図の全点写真撮影が行われ、館蔵資料データベースでの公開が行われている一方、文書類の調査はほとんどなされていない。

こうした中で、「棟梁鈴木家資料」が、研究蓄積のない瓦師や壁方の職人を管掌した屋根方棟梁の資料群であることは重要である。「御用日記」「御用留」といった職務の実相を把握することができる史料が残されていることから、これらを用いて職務や職人統制、上部機関との関係などを解明することで、徳川幕府の建築工事を担当した職制の新たな側面を描き出すことが可能である。このような史料的価値を有する本資料群は、史料情報・データを詳細に調査し、公開することだけをもっても、研究上において多大な意義があるといえる。

そこで本研究では、(1)研究資源としての公開を視野に入れた基礎作業としての文書類のデジタル撮影史料翻刻、(2)実態の解明を目的としたと調査・研究、(3)利活用する際の基礎情報となる資料群の特質を解明することを目的とした他機関所蔵の大工棟梁関係資料との比較検証を行うこととする。

申請者はこれまで、日本近世史およびアーカイブズ学を専門とし、東京都公文書館史料編さん担当の専門員として、産業面から幕府の建築工事に関する調査(『東京市史稿』産業篇)や、浜御殿の歴史的意義について研究(「公儀の庭・浜御殿の変遷と意義」『東京都公文書館調査研究年報<WEB版>』第3号、2017年3月)を行っており、そこで培った知識や分析方法を本研究にも活用できると考える。