基盤研究

館蔵資料利用型共同研究

デジタル・アーカイブズの拡充を通した中世の写経事業についての研究 ―館蔵の神護寺経と金沢貞顕寄進「紺紙金字法華経」の料紙・装飾・絵画分析を中心に―

研究期間:平成30年度

研究代表者 相田 愛子(立命館大学衣笠研究機構)
館内担当教員 小倉 慈司(本館研究部)

研究目的

古写経のなかでも、潜在的な情報が見過ごされてきた「紺紙金(銀)字経」という作品群について、実地調査による基礎的および光学的データを収集し、デジタル・アーカイブズの拡充を通じて、個別資料や中世における写経事業(製紙技法・材料調達・絵画装訂の変遷などを含め)の考察を深めることを目的とする。

とくに研究の進んでいない13~16世紀における「紺紙金字経」の美術史的特質については、基礎的調査により、仏教絵画のみならず、絵巻物や古典籍などと同一の地表で結びつけ、有機的に明らかにする必要がある。

さらに、非破壊検査であり負担の少ないLED近赤外線照射装置を使用した高精細デジタル写真撮影によって、材質の判断が可能となるため、料紙には(1)地方産和紙と(2)再生紙の2種類があることが分かってきた。(1)の場合には、藍色に潜んだ墨書・墨印・花押が検出され、紙を調達した主体ごとのシルシとしての分析が待たれる。(2)の場合には、反故文書の表裏をそのまま利用する方法と、漉き返した漉返紙を利用する方法がある。前者は藍染に隠れた古文書として貴重であり、申請者の報告で知られることとなった後者は、制作が京都ないしは鎌倉に限定され、追善目的の文学や法会との関わりも見込まれる。いずれの場合も、画像データベースの構築による比較考察や、文献史学的分析と合わせて立体的な写経事業が解明できるものと期待される。

このように分野を横断する独自の研究手法を個人レベルで実施することで、立体的な探求を試みたい。