平成29年2月1日
研究報告編集委員会

1 研究報告の体裁

  • A4判、図版(キャプションを含む):最大横169mm×縦237.5mm
  • 使用言語は、日本語を原則とします。他言語の場合は、事前に編集委員会に相談してください。
  • 縦書:1頁32字×27行×2段(1,728字)/横書:1頁44字×37行×1段(1,628字)
  • 「論文」には800字以内の日本語要旨と400語程度の英語要旨が必要です。英訳が必要な場合は、翻訳用の和文を用意してください。

2 提出について

  • 文章(テキスト)、写真、図版、表などを収録し、執筆者名とタイトルを記した印刷物3部を提出してください。写真・図版の原版があればそれも同封してください。
  • 原稿の区分(論文/研究ノート/資料紹介/調査研究活動報告)を明示してください。
  • 査読は、提出された印刷物に対して行われます。
  • 採録決定後は、原稿の修正はできません。
  • 採録決定後に、文章(テキスト)、写真、図版、表などを収録し、執筆者名とタイトルを記したCDまたはDVD1枚と、印刷物1部の提出をお願いします。

3 テキストについて

  • タブ設定、注釈、箇条書きなど、ワープロソフト固有の特殊機能は避けてください。
  • 特殊な文字、記号、割注、ルビなど、テキストの指示は印刷物に明示してください。
  • 文中に貼り付けた図版、写真は印刷には適しません。元データを用意してください。

4 写真について

  • デジタル、ポジ・ネガ、紙焼きなど、元データを用意してください。写真は原則としてモノクロで掲載されますが、カラー写真から色分解を行います。
  • デジタル写真の場合、350dpi以上の解像度が必要です。JPEG画像は保存のたびに劣化しますのでご注意ください。

5 図版について

  • デジタル図版の作成は、Adobe Illustratorを推奨します。0.25ポイント以上の線幅を用い、完成後はアウトラインをかけてTIFF画像、PNG画像にしてください。
  • 別データへのリンクはできません。
  • PDFは、トリミングのずれや文字化けを起こすことがあります。
  • 図面をトレースする場合は、1,200dpiで取り込んでください。
  • 印刷物をスキャンする場合は、600dpi以上で取り込んでください。
  • 出力見本として、印刷したものを用意してください。

6 表について

  • 表計算ソフトで作成した表は、関数を値に変換し、書式・桁数など表示とセルの内容とを一致させてください。
  • 別データへのリンクはできません。

提出先・連絡先

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館研究協力課 研究報告担当
(代表電話 043-486-0123)