歴史系総合誌「歴博」は歴史・考古・民俗の最新研究成果をわかりやすく紹介しています。22万点を超える国立歴史民俗博物館所蔵資料を毎号カラー写真で解説します。

国立歴史民俗博物館編集、A4判変形、32頁、奇数月発行(1996年5月より)
定価 579円(本体537円+税)、年間購読料 4,700円(送料込み)
詳しいお問い合わせは (財)歴史民俗博物館振興会 までどうぞ。

最新号抜粋/第201号 2017年3月20日


目次

[特集] サウンド・アーカイブ

     
  • 特集解説 音の歴史のために /内田 順子
  • <特集1> 私たちと過去を結ぶもの ーSPレコードのデジタルアーカイブ・歴史的音源(れきおん)- /石塚 陽子
  • <特集2>NHK所蔵ラジオ音源のデジタル配信 /岩崎 陽一
  • [コラム] NHKと日本民謡調査 /島添 貴美子
  • <特集3> サウンド・アーカイブの夢 /金城 厚
  • [コラム] 歴博の民謡データベース /内田 順子
  • <特集4> 再生装置を残すことの意義 ― 蓄音機 /八日市屋 典之

歴史の証人 写真による収蔵品紹介

田中本『周易』(重文)のもう一つの顔 ―白点調査中間報告― /石井 行雄・近藤 浩之・高田 宗平

歴博けんきゅう便59

歴史資料デジタルアーカイブデータを用いた知的構造の創生に関する研究
― 小袖屏風を対象として /濱上 知樹・富井 尚志・澤田 和人

歴博けんきゅう便60

「歴博映像フォーラム」と「歴博映画の会」の10年 /内田 順子

博物館展示のいま53

島根県立八雲立つ風土記の丘 /松本 岩雄

展示批評 企画展示「身体をめぐる商品史」

歴史学のフロンティアとしての「身体」 /湯澤 規子

特集展示

見世物大博覧会 /川村 清志

企画展示のご案内

歴博かわら版