連載「歴史の証人-写真による収蔵品紹介-」

「江戸城登城風景図屏風-幕府儀礼の「名所」化-」

図1 「式日大手登城の図」(本館蔵『徳川盛世録』)

図2 『江戸城登城風景図屏風』(本館蔵)

徳川幕府の中枢江戸城。この江戸城の年中行事の一つに、大名の定例登城があった。大名の登城は、将軍との主従関係を確認する重要な儀礼であった。五節句・八朔などの礼式日、毎月朔日・15日・月末には、諸大名が行列を仕立て、江戸城の大手門・内桜田門を目指した。門に着くと、大名は下馬所で大半の従者を残して城内に入り、下乗所で乗物を下り、さらに家来を減らして、将軍への謁見に向かった。残された従者は、門の前で主人の帰りを待った。大手門・内桜田門の門前は、諸大名の行列と、待機する従者たちでごったがえしたのである。

図1は、1889(明治22)年に旧幕臣が刊行した『徳川盛世録』の挿図である。大手門に向かって粛々と進む行列と、茣蓙(ござ)をひき、整列して主人を待つ従者たち。しかし、現実の江戸時代の登城風景はまったく異なっていた。 本館所蔵の「江戸城登城風景図屏風」(図2)は、この江戸城への大名の登城風景を描いた八曲一隻の屏風である。作成年代は、1847(弘化4)年7月、画家は「皎齋清光」という人物であるが、詳細は不明である。 向かって一番左が江戸城の伏見櫓、右が内桜田門であり、堀沿いには「下馬」と書かれた札が建てられている。ここで大名たちは従者を減らし、城内に入っていく。押紙に記された家名から、門に向かう行列は、岡山藩(第一扇)、福岡藩(第四扇)、久留米藩(第五扇)、鳥取藩(第六扇)、薩摩藩・出雲藩(第七扇)、仙台藩(第八扇)と、いずれも徳川家門、および外様の大藩であることがわかる。
しかし、登城風景の主役であるはずの行列は画面のわずかな部分しか描かれていない。むしろ画家の眼は、他の登場人物-行列を待つ従者たちと、見物人たち、そして彼らをあてこんだ棒手振の商人たちに注がれている。

図3 主人を待つ家来たち(第三扇)

図4 行列を眺める見物人と商人たち(第六扇)

まず、最初の登場人物は、主人を待つ従者たちである(図3)。押紙によれば、彼らは米沢藩・長州藩・広島藩の者である。のびをする者、寝そべって居眠りをする者、酒を酌み交わす者、遊技(博打か)に興じる者などさまざまである。行儀良く主人を待つさきの『徳川盛世録』とは、まったく様子が違う。従者たちのうち、中間や足軽には、江戸で雇用された者も少なくなかった。明治時代の聞き書きには、彼らは奉公先を転々とする「渡り者」で、主人の帰りを待つ間は、「賭博が開ける、雑言の争い、歌を唄う者、寝反る者、目も当てられませぬ」と記されている(篠田鉱造『幕末百話』、岩波書店、1996年)。描かれているのは、まさにこうした供の姿なのである。
第2の登場人物は、行列を眺める見物人である(図4)。武士、僧侶、丁稚(でっち)ほか町人体の者、さらに旅姿の者がみえる。遅くともこの頃までには、諸大名の登城は、江戸を訪れた人々が見物にいく名物、「名所」となっていたのである。
たとえば、1812(文化9)年1月に伊勢・西国三十三ヶ所巡礼の旅に出た常陸国久慈郡高柴村(現茨城県大子町)の一行は、江戸に4日間滞在し、出発日の1月15日の早朝に大手前の登城風景を見学している(『大子町史料 別冊9』、大子町、1986年。本館山本光正氏のご教示による)。日記には「殊(こと)ニ立派、詞(ことば)に演かたし、中にも加賀様・米沢様・井伊様・毛利様、其内にも鍋島信濃守様御行烈(列)立派に相見申候(あいみえもうしそうろう)」と感想が述べられている。各国の藩主の行列が行き交う様は、彼らにとって、言葉に尽くしがたい驚きの光景であった。そして、藩を特定した上で、佐賀藩鍋島家の行列を一番立派だと述べている。また、1823(文政6)年に訴訟のために江戸を訪れた信濃国筑摩郡田沢村(現長野県豊科町)の村役人も、滞在中に江戸名所を訪れており、3月3日に「大名登城拝見」をしている(鈴木章生『江戸の名所と都市文化』、吉川弘文館、2001年)。

図5 瓦版売もしくは武鑑売と推定される人物(第四扇)

図6 商人たち(第五扇)

図7 「式日大手登城の図」(本館蔵『徳川盛世録』)の瓦版売

 こうした登城の日時や、行列を識別するための情報は、おそらく逗留先の宿で得たのであろう。また、笠をかぶり紙を持ち歩いている人物が描かれているが(図5)、これは瓦版売もしくは武鑑売の可能性が高い。とすると、行列を識別できる各大名の鑓・乗物などの情報が売られていた可能性がある。ちなみに、琉球使節や朝鮮通信使が来国した際には、行列の情報が刷物となり、通過前の町々で販売されていた(『行列と見せ物』、朝日新聞社、1994年)。また、さきに引用した聞き書き『幕末百話』には、正月の将軍の初御成(寛永寺参詣)の際に、芝新網の香具師(やし)が子分を連れて「御大名様御役人改り」と携帯用の「袖武鑑」を売り歩いたという。さらに、大手門・内桜田門の前に「武鑑売り」が出ていたという指摘があるが(藤實久美子『武鑑出版と近世社会』<東洋書林、1999年>、小川恭一『江戸の旗本事典』<講談社、2003年>)、十分にありうることである。  第3の登場人物は、主人を待つ従者、見物人たちをあてこんだ棒手振の商人たちである(図4・6)。相撲取りや植木売・古着売は後景におかれたフィクションである可能性が高いが、さきの瓦版売のほか、蕎麦屋(二八そば)、空樽と板で作った即席の飲み屋(「御酒いろいろ」)は現実に路上に出ていたのであろう。  同様の風景を描いた画像史料としては、「江戸城年始登城風景図屏風」(東京都江戸東京博物館所蔵)がある。江戸博本には、登城の行列のほか、本屏風と同様に、3つの登場人物が丹念に描き込まれている。こうした眼でもう一度、さきの『徳川盛世録』を見てみると、画面右に実は瓦版売らしき人物がわずかに描かれているのがわかる(図7)。『徳川盛世録』の挿図は、静態的な姿を意図的に強調したものなのである。本屏風に描かれたにぎやかな光景こそが、現実の江戸城登城の風景なのであった。

なお、江戸博本は、右隻に大手門・桜田門、左隻に坂下門・西丸大手門を描いた六曲一双の屏風で、1898(明治31)年に佐竹英湖が作成したものである。英湖は東京の豪商より依頼されて登城屏風十双を作成したと伝えられるから、同図も江戸を回顧する目的で作成されたものであろう。しかし、本館の屏風は江戸時代の作成であるから、作成目的は異なってくる。おそらくこの光景は、「名所」化することによって、図化されたのだろう。では、誰が何の目的で注文したのであろうか。この点については、類本の調査も含めて、今後検討していきたい。 行列は権威の象徴として「見せる」ものであり、「見られる」ものである。そして、19世紀の民衆文化の展開の中で、大名登城という幕府儀礼は「名所」化していった。こうした展開は幕府が意図したものではない。しかし、一方で「名所」を訪れた人々は、大名や幕府の権威を実見することとなった。やがてこの「名所」の地は、皇居前広場という儀礼空間(原武史『皇居前広場』、光文社、2003年)へと拡張され、今日に至ることとなる。

(本館歴史研究部・岩淵令治)