このページの目次
開催概要広報用作品画像の使用について問い合わせ先

広報画像①
(左上/左下)『聆涛閣集古帖』鏡
江戸後期 国立歴史民俗博物館蔵
(右上/右下)
国宝 線刻釈迦三尊等鏡像(瑞花鳳凰八稜鏡)
平安時代 公益財団法人泉屋博古館蔵

鏡面に線刻仏像を毛彫りした鏡像の名品です。鏡面の裏には二羽の鳳凰と二個の花枝文を交互に配しています。吉田家旧蔵品の一つです。
このたび、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)(※以下歴博)では、企画展示「いにしえが、好きっ!-近世好古図録の文化誌-」を2023年3月7日(火)~5月7日(日)に開催いたします。

古いモノ(古器物)に憧れる心は、いつの時代にもあります。実際にモノを集めることはもちろん、それが叶わない場合は画像だけでも手元に置いておきたい、そういう願望は、歴史が好きな人ならば、だれでも心当たりのあることでしょう。

歴博の館蔵品の中に、江戸後期に編纂された『聆涛閣集古帖(れいとうかくしゅうこちょう)』という図譜集があります。これは、兵庫県の神戸・住吉の豪商だった吉田家が三代にわたり編纂した、いまでいう「図録」や「カタログ」にあたるようなものです。考古資料、文書・典籍、美術工芸品など、じつにさまざまなジャンルにおよぶ著名な歴史資料、約2,400件が、精緻な筆致で描かれた、画像の一大コレクションです。これが、今回の企画展示の主人公です。

江戸時代には、古いモノを愛する「好古家」と呼ばれる人たちが数多くいました。好古家の間では、自分のコレクションや、実際に見たことのある古器物をスケッチして、「好古図譜」という形でまとめることがさかんに行われていました。それだけでなく、それらの情報は各地の好古家たちに共有されていたのです。

描かれたそれらの古器物は、今、どうなっているのでしょうか?この企画展示では、それらの原品や複製・模造品等を集め、立体的に展示することで、二次元の世界を三次元に再現することを目指します。

また『聆涛閣集古帖』を編纂した吉田家関連資料から浮かび上がる好古図譜編纂の背景、吉田家旧蔵の豊かなコレクションの数々、同時代に関心が高まる正倉院宝物図とその模造製作の世界、好古家のネットワークなどに関する展示を通じて、近代的な博物館が生まれる前の、「いにしえ好き」たちの歴史資料への豊かなまなざしを明らかにします。

なお本展は、本館の共同研究「『聆涛閣集古帖』の総合資料学的研究」(研究代表者:藤原重雄、2017年度~2019年度)による成果です。

※『聆涛閣集古帖』の全画像は、総合資料学情報基盤システムkhirinで閲覧できます。

 

開催概要

いにしえが、好きっ!-近世好古図録の文化誌-
開催期間2023年3月7日(火)~5月7日(日)
開催期間 2023年3月7日(火)~5月7日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金 一般1000円/大学生500円
※総合展示も合わせてご覧になれます。
※高校生以下は入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳等提示により、介助者と共に入館料無料です。
※半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 毎週月曜日 ※5月1日(月)は開館
その他館内メンテナンスのため休館する場合があります。
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

本展のみどころ

  • 現在(いま)に遺る近世好古図録『聆涛閣集古帖』(歴博所蔵)の魅力を一挙公開!
  • 『聆涛閣集古帖』に描かれた古器物の実物や複製品・模造品などを展示することにより、描かれた古器物が立体的によみがえる。
  • 考古資料、文書・典籍、美術工芸品など、ジャンルと時代を超え、バラエティーに富んだ展示により、近代以前の「好古」の世界を追体験する!
  • 国宝2件・重要文化財7件を含む、貴重資料約270件を展示。

展示の構成

※章の構成と出品作品は変更になる場合があります。また会期中展示替えがあります。
※『聆涛閣集古帖』はパネル展示の期間があります。

第1章 『聆涛閣集古帖』とはなにか

『聆涛閣集古帖』の全貌を紹介するとともに、描かれた古器物が、どのような経緯で伝えられ、実物としてどのように残されているかを、できるだけ多岐のジャンルにわたって紹介します。好古図譜という2次元の世界を、実物・複製・模造品等により3次元的な立体に展示することで、好古図譜の豊かな世界を体感していただきます。

広報画像②
(左)『聆涛閣集古帖』甲冑軍営
江戸後期 国立歴史民俗博物館蔵
(右)模造 逆沢瀉威鎧雛形
昭和時代(20世紀) 東京国立博物館蔵
Image:TNM Image Archives

約5分の1の縮尺で作られた大鎧の雛形です。法隆寺に伝来していたもので、原品は宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵しています。原品の製作年代は平安時代(12世紀)とされています。

広報画像③
(左)『聆涛閣集古帖』食器 江戸後期 国立歴史民俗博物館蔵
(下)重要文化財 白瑠璃碗 古墳時代(6世紀)
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives

ササン朝ペルシアで製作された切子ガラスの碗で、はるばる日本に伝えられました。安閑天皇陵から出土したという伝承がありますが、正倉院宝物にもほぼ同一規格の碗が存在しています。

広報画像④
(左)『聆涛閣集古帖』葬具 江戸後期 国立歴史民俗博物館蔵
(右上)馬形埴輪 古墳時代(6世紀後半か) 関西大学博物館蔵
(右下)須恵器 古墳時代(6世紀) 個人蔵

馬形埴輪は、神戸の吉田家をはじめとするさまざまな文化人を経て今日に伝えられてきました。同じ紙面に描かれた須恵器とともに、『聆涛閣集古帖』が立体的によみがえります。

広報画像⑤
(左)『聆涛閣集古帖』鋒 江戸後期 国立歴史民俗博物館蔵
(右)石剣 弥生時代 香川県白鳥神社蔵
写真提供:瀬戸内海歴史民俗資料館

享保20年(1735)に高松市庵治沖海中より引き揚げられた、弥生時代前期の有柄式磨製石剣です。発見後高松藩主松平家に献じられ、その後白鳥神社へ寄進されました。

広報画像⑥
(左)『聆涛閣集古帖』楽器 江戸後期
国立歴史民俗博物館蔵
(右)笙 銘 小男鹿丸 鎌倉時代(13世紀)
サントリー美術館蔵

鎌倉時代の行円という人物が制作した和楽器です。江戸時代には紀州徳川家の楽器コレクションの一つとなりました。松平定信の『集古十種』にも描かれています。『聆涛閣集古帖』には口をつけて吹く部分が描かれています。

広報画像⑦
(左)『聆涛閣集古帖』甲冑軍営 江戸後期 国立歴史民俗博物館蔵
(右)重要文化財 大円山形星兜 鎌倉時代 和歌山県淡島神社蔵 大阪城天守閣寄託

和歌山県の淡島神社に伝わった鎌倉時代の兜です。護良親王(1308~1335)の兜で、元弘の変で熊野に赴く途中に祈願のため奉納したと伝えられています。

 

第2章 好古家三代・吉田家の実像

『聆涛閣集古帖』を伝えた、神戸・住吉の吉田家とはどういう家だったのでしょうか?『聆涛閣集古帖』を編纂した吉田家三代(道可1734~1802、粛1768~1832、敏1802~1869)に関わる諸史料や、吉田家をとりまく神戸・住吉の地域の歴史を通じて、吉田家の学芸・文化活動の実態にせまります。また、ほかの好古図譜との比較を通じて、『聆涛閣集古帖』がどのようにしてできあがったのかを考えます。

広報画像⑧
吉田道可坐像 江戸時代(19世紀)
徳本寺蔵

『聆涛閣集古帖』の編纂をはじめた吉田道可の坐像です。吉田道可父子は、徳本上人を篤く信仰し、和歌山で修行中の徳本上人を訪ね、地元の神戸・住吉に草庵を造り迎え入れたと伝えられています。

参考資料⑨
都林泉名所図会 江戸時代 個人蔵

18世紀に刊行された京都の絵入りガイドブックのひとつです。1795年とその翌年に吉田道可が催した銀閣寺での茶会興行に関する記事があります。道可が「茶泉碑」という碑(現存未詳)を建てたことなどが記されており、当時の京都で大きな話題になった様子がうかがえます。

広報画像⑩
聆涛閣帖 江戸時代 住吉歴史資料館蔵

吉田家所蔵の器物や絵画、並びに文書や典籍の断簡零葉から古裂までバラエティーに富んだ古物を多色刷りで摸刻したものです。吉田家のコレクションは、この『聆涛閣帖』によって広く知られていきました。

 

第3章 よみがえる聆涛閣コレクション

『聆涛閣集古帖』には、ほかの好古図譜から写し取ったものや、別の所蔵者の古器物を描いたものもありますが、当然ながら吉田家のコレクションも描かれています。「聆涛閣コレクション」(吉田家旧蔵品)のほとんどは現在、各地に散逸していますが、これまでの調査・研究成果により、その行方が明らかになったものもあります。ごく一部ですが、まぼろしの「聆涛閣コレクション」を再現いたします。

広報画像⑪
三角縁吾作銘二神二獣鏡 古墳時代
個人蔵 高松市歴史資料館寄託

『聆涛閣集古帖』に「吾作明竟莫大好除去不羊宜古市上有東王父西王母湯飲玉泉飢食棗」という銘文のある鏡は吉田家の旧蔵品と考えられますが、旧蔵の原品ではなく同笵鏡の可能性もあります。

広報画像⑫
「秦公永吉解」 平安時代 国立歴史民俗博物館館蔵
※3月7日~4月9日展示

近江国愛智郡大国郷(現滋賀県愛知郡愛荘町付近)の土地売買文書です。東大寺旧蔵文書ですが、江戸時代後期に流出し、吉田家の所蔵となりました。戦後に古書店を経て当館の所蔵となりました。

 

第4章 正倉院宝物の「発見」

江戸時代は、奈良の東大寺・正倉院に残されている「正倉院宝物」に対する関心が高まった時期でもありました。『聆涛閣集古帖』にもその影響がうかがえます。正倉院宝物は、近世から近代初めにかけてこぞって図譜が作られ、それにもとづく模造品も作られるようになります。正倉院宝物図や、それにもとづいて作られた模造品の展示を通じて、古器物に対する関心の高まりを実感していただきます。

広報画像⑬
子日犂(ねのひのすき) 明治時代
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives
※3月7日~4月9日展示

正月初子の日におこなわれる五穀豊穣を願う儀式に用いたとされる犂の模造です。模造の製作者や製作時期は未詳ですが、明治11年(1878)に収蔵されたとする記録があります。

広報画像⑭ 
粉地彩絵倚几(ふんじさいえのいき) 明治時代
東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives
※3月7日~4月9日展示

子日犂の台と考えられてきた品です。全体を白く塗り、朱と緑で草花や鳥や蝶を描いています。模造の製作者や制作時期は未詳ですが、明治13年(1880)に収蔵されたとする記録があります。

広報画像⑮
正倉院御物写 明治時代
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻蔵
※会期中、場面替えを行います。

奈良人形師として著名な森川杜園(もりかわとえん・1820~1894)による正倉院宝物の模写・拓本類を、巻子本全八巻に内容別に整理したものです。

 

第5章 『聆涛閣集古帖』をとりまく好古家ネットワーク

江戸時代は、多くの「好古家」を輩出した時代でもありました。その中でも、藤貞幹(1732~1797)、松平定信(1759~1829)、松浦武四郎(1818~1888)などは、吉田家三代とゆかりの好古家たちといえます。吉田家とかかわりのあるこれらの人物に関する展示を通じて、同時代の代表的な好古家たちの「知のネットワーク」を明らかにします。

広報画像⑯
一畳敷原寸模型 原品:明治時代
国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館蔵

「北海道の名付け親」として知られる松浦武四郎(1818~1888)が、古希を迎えるにあたって造った書斎です。友人や知人を通じて、数年をかけて各地の有名な神社仏閣の古材を集め、1886年に完成させました。

広報画像⑰
集古十種稿 江戸時代 
慶応義塾(センチュリー赤尾コレクション)蔵

白河藩主で幕府老中をつとめた松平定信(1759~1829)が編纂した古器物の模刻集で、近世では最大規模のものとされています。神戸の吉田家も、『集古十種』の編纂に協力していたことが近年の研究で明らかになってきました。

 

【展示プロジェクト委員】

展示代表:三上 喜孝(国立歴史民俗博物館教授)
1969年、東京都生まれ。東京大学文学部国史学専修課程卒業。現在、国立歴史民俗博物館研究部教授。著書に『日本古代の文字と地方社会』(2013年、吉川弘文館)『落書きに歴史をよむ』(2014年、吉川弘文館)がある。

展示プロジェクト委員 ※五十音順

<館外>
一戸 渉  (慶応義塾大学附属研究所斯道文庫教授)
稲田 奈津子(東京大学史料編纂所准教授)
岩橋 清美(國學院大學准教授)
落合 里麻  (東北生活文化大学講師)
清武 雄二(葛飾区郷土と天文の博物館)
佐藤 洋一  (前・福島県立博物館専門員)
清水 健  (東京国立博物館学芸研究部調査研究課工芸室主任研究員)
徳田 誠志(関西大学客員教授)
藤原 重雄 (東京大学史料編纂所准教授)
古市 晃  (神戸大学人文学研究科教授)
村野 正景 (京都文化博物館学芸員)
山下 大輔(関西大学博物館学芸員)
吉田 広   (愛媛大学ミュージアム教授)

<館内>
小倉 慈司(国立歴史民俗博物館教授)※副代表
後藤 真  (国立歴史民俗博物館准教授)
島津 美子 (国立歴史民俗博物館准教授)
仁藤 敦史(国立歴史民俗博物館教授)
村木 二郎 (国立歴史民俗博物館准教授)

 

歴博講演会

第443回「『聆涛閣集古帖』と近世好古家の世界」
2023年3月11日(土) 13:00~15:00 本館講堂(事前申込制)
講師:一戸 渉、藤原 重雄、三上 喜孝

歴博フォーラム

第115回「いにしえの「玉手箱」、近世好古図録をひらく」
2023年4月1日(土) 13:00~16:30 本館講堂(事前申込制)
登壇者:三上 喜孝 他

 

●関連する催し物についての詳細は、国立歴史民俗博物館公式サイトをご覧ください。
【関連する催し物をご紹介していただく際のお願い】
・各開催日の1ヶ月半前までの掲載としてください。
・詳細は公式サイトにて確認することを促す一文を入れてください。

 

広報用作品画像の使用について

本展の資料画像を、広報素材としてご提供いたします。別紙返信用紙に必要事項をご記入のうえご返信ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。画像をご掲載の際には、クレジット表記、注意事項を順守いた
だきますよう、お願いいたします。

<画像使用に際しての注意>

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、クレジット(別紙の「ご掲載時の展示物データ表記」通りに明記ください)を必ず掲載してください。ただし、年代の 表記は省略可能です。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねる、トリミングなど画像の加工・改変・部分での使用はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。
  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下の解像度にしてください。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、ゲラ刷り・原稿の段階で広報事務局までお送りいただきますようお願いします。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌、同録テープを、本展広報事務局へ1部お送り願います。

本リリースに関するメディア問い合わせ先

国立歴史民俗博物館 広報事務局(株式会社ユース・プラニング センター内) 担当:大山・平野・池袋
〒150-8551 東京都渋谷区桜丘町9-8 KN渋谷3ビル4F
TEL:03-6826-8708 FAX:03-6821-8869 E-mail:rekihaku@ypcpr.com