このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、当館の運営等につきまして、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2021年12月21日(火)~ 2022年1月30日(日)の期間、総合展示 第3展示室 特集展示室において、特集展示「江戸のビスタ」を開催します。

本展では、館蔵資料の中から、百万都市江戸のビスタを描く名所絵を特集し、浮世絵版画や民衆絵画の泥絵を通して、都市風景画の母胎となった江戸の都市景観について考えます。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

展示解説会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間開催を見合わせます。
最新の情報は特集展示ページをご確認ください。

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『江戸のビスタ』
開催期間2021年12月21日(火)
                 ~ 2022年1月30日(日)
開催期間 2021年12月21日(火)~ 2022年1月30日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 国立歴史民俗博物館

みどころ

●大名屋敷がつくるビスタが、いかにも武家の都の江戸ならでは。
ビスタの先に富士山が見える風景も人気だった。
●展示をヒントに、あなたがふだん見慣れている風景の中にもビスタを探してみよう。

趣旨

― ビスタ(vista)とは、家並みや並木のある通りを遠くまで見通した景色のこと。

江戸時代後期、人口100万を擁する巨大都市に成長した江戸の街には、市街地の発展にともないいくつもの目抜き通りが形成され、とくに、正面に富士を見通す駿河町や日本橋を中心に南北に延びる通町などは、浮世絵師らが繰り返し名所絵に描く人気の画題でした。また、江戸市街地で大きな面積を占める大名屋敷の長大な長屋塀も、歌川広重の名所絵などの好画題でした。

江戸後期の浮世絵風景画の成立には透視図法(線遠近法)的視覚の流入という絵画技術面での変革だけでなく、都市としての江戸の街の成熟やその特質も少なからず要因となっていたと考えられます。

本展では、館蔵資料の中から、百万都市江戸のビスタを描く名所絵を特集し、浮世絵版画や民衆絵画の泥絵を通して、都市風景画の母胎となった江戸の都市景観について考えます。

歌川国貞 初春の駿河町 天保(1830~44)頃 本館蔵

 

主な展示資料


歌川広重 江都勝景・芝新銭座 
天保(1830~44)後期 本館蔵

・歌川国貞 初春の駿河町
・歌川国輝 東都本町弐丁目ノ景
・歌川広重 名所江戸百景 日本橋通一丁目略図
・筆者不詳 泥絵 江戸城堀端図

など約30点(一部を除き本館蔵)

 

 

 

【展示代表】

大久保 純一(国立歴史民俗博物館 副館長/情報資料研究系 教授)
専門分野 日本近世絵画史
著書、論文、原稿執筆、講演多数。主な著書に、『アートセレクション 千変万化に描く北斎の冨岳三十六景』(小学館、2005年)、『カラー版 北斎』(岩波新書、2012年)、などがある。

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。
問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

広報画像使用に際しての注意事項

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。
  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)をお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

 

1. 歌川国貞 初春の駿河町 天保(1830~44)頃 国立歴史民俗博物館蔵

駿河町の町名は正面に富士山を見通すことからつけられた。
通りの両側を三井越後屋の店舗が並ぶ。現在の三越本店と三井本館の間にあたる。

2. 歌川国輝 東都本町弐丁目ノ景 弘化(1844~48)頃 国立歴史民俗博物館蔵

江戸屈指の目抜き通りである本町通り。多くの商家が軒を連ねる中、
右手に式亭三馬が始めた化粧水「江戸の水」を商う店舗が見出せる。

3. 江戸及び諸国名所泥絵集・大名小路 江戸末期 国立歴史民俗博物館蔵

泥絵には江戸の大名屋敷の概観を奥行豊かに描いたものも少なくない。大名小路の俗称は外様大名の上屋敷が建ち並ぶことから。現在の丸の内付近にあたる。

4. 歌川広重 江都勝景・芝新銭座 天保(1830~44)後期 国立歴史民俗博物館蔵

芝新銭座の地名は、17世紀にあった寛永通宝の鋳造所に因むもの。冠木門のある大名屋敷の前を節季候(せきぞろ)の一行が通りすぎる。

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
広報サービス室広報・普及係 横尾・寺村・大賀

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4941
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp