このページの目次
開催概要広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、当館の運営等につきまして、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2021年7月27日(火) ~ 2022年1月10日(月・祝)の期間、総合展示 第4展示室 特集展示室において、福の神であるエビスをテーマとした特集展示「エビスのせかい」を開催します。

コロナ禍により多くの方々が息苦しい暮らしを強いられるなか、少しでも明るく、縁起の良い話題をお届けしたいという思いで、本展示を企画いたしました。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

※展示解説会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間開催を見合わせます。最新の情報は特集展示ページをご確認ください。

開催概要

第4展示室 特集展示
『エビスのせかい』

開催期間2021年7月27日(火)~ 2022年1月10日(月・祝)

開催期間 2021年7月27日(火)~ 2022年1月10日(月・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 特集展示室
料金 一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間

~9月 9:30 ~ 17:00(最終入館は16:30まで)
10月~ 9:30 ~ 16:30(最終入館は16:00まで)

休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌日休館 )
年末年始(12月27日~1月4日)
※8月10日(火)は開館
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

・「いかにも」という典型的なエビスから、「これが?」と首をかしげたくなるエビスまで、さまざまなエビスを紹介。
・漁師の晴れ着「万祝」の鮮やかな美しさは圧巻。
・商売繁昌を願って、引札(昔の広告)にあしらわれた愉快なエビスたち。
・この展示を見ればみんなが「えびす顔」!

趣旨

豪商恵比寿講祝の図 明治22年(1889) 国立歴史民俗博物館蔵
いつも笑顔で福々しいエビスは、私たちにとって最も身近で親しみ深い神のひとつです。しかし、エビス信仰の起源や、各地で受容されていく過程には不明な点が多く、信仰の要素も多様で複雑です。現在エビスは、福神として漠然と認識される傾向にありますが、元来、漁業の神をはじめとして、商業の神、農業の神といった、生業と結びついた性格の強い神です。

当館では、エビス信仰の中心のひとつである西宮神社の吉兆をはじめとして、漁師が着用した晴着の万祝(まいわい)や商家のエビス講を描いた錦絵、農家でまつられた恵比寿大黒像、エビスまわしの阿波人形など、エビス信仰の諸相を示す資料を多数収蔵しています。

本展示では、にぎやかで楽しいエビスの姿をとおして、エビス信仰の諸相を紹介します。

主な展示資料

恵比寿大黒模様型染万祝 昭和28年(1953) 国立歴史民俗博物館蔵

・十日戎吉兆
・恵比寿大黒模様型染万祝
・豪商恵比寿講祝の図
・十二月少年あそびすご六
・エビスマワシ復元
・オイベッサー
・看板 恵比寿黒ビール(個人蔵)

など計約50点(一部個人蔵、その他すべて当館蔵)
但し、会期中、展示替えを行います。

【展示代表】

松田 睦彦 まつだ むつひこ(国立歴史民俗博物館 民俗研究系 准教授)

専門は漁業、農業、採石業といった生業の技術や、生業にともなう人の移動(出稼ぎ等)、生業とかかわる信仰等の民俗学的研究。著書に『人の移動の民俗学―タビ〈旅〉から見る生業と故郷―』(慶友社、2010年)、共編著に『柳田國男と考古学―なぜ柳田は考古資料を収集したのか―』(新泉社、2016年)等。

展示についてのお問い合わせ電話番号

ハローダイヤル:050-5541-8600

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。画像(JPEG)はメールで送信いたします。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。 部分使用については事前申請・許諾が必要です。
  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)をお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

1) エビス神像 
年代不詳 国立歴史民俗博物館蔵

烏帽子をかぶった笑顔の男性が、釣竿を握り、鯛を抱える姿がエビスの基本。

2) オイベッサー 
現代 国立歴史民俗博物館蔵

長崎県壱岐島で漁師が祀るエビス。海から拾った石である。

3) 鰹のエビス像 複製 
年代不詳 国立歴史民俗博物館蔵

鰹漁の盛んな鹿児島県屋久島のエビスは、鯛ではなく鰹を抱えている。

4) 恵比寿大黒模様型染万祝
昭和28年(1953)
国立歴史民俗博物館蔵<※>

漁師の晴着「万祝」には、縁起の良い柄が染められる。

5) エビスマワシ 復元 
年代不詳 国立歴史民俗博物館蔵

えびすまわしの門付けに使われる木偶の復元品。

6) 看板 恵比寿黒ビール
明治時代 個人蔵

「エビス」という縁起の良い名前はさまざまな商品の名前にも。

7) 引札(恵比寿大黒) 
明治39年(1906) 個人蔵<※>

商売繁昌を願って、昔の広告「引札」には、エビスをあしらったものも多かった。

8) 豪商恵比寿講祝の図
明治22年(1889) 国立歴史民俗博物館蔵<※>

商家や農家でエビスを祀る行事をえびす講という。これは豪商のえびす講の様子を描いた錦絵。

<※>が付いている展示資料は期間限定での公開になります。

 

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
広報サービス室広報・普及係 横尾・寺村・大賀・高木

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4941
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp