このページの目次
開催概要広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、当館の運営等につきまして、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2020年12月22日(火)~ 2021年5月9日(日)の期間、総合展示 第4展示室 特集展示室において、特集展示「アイヌ文化へのまなざし-N.G.マンローの写真コレクションを中心に-」を開催します。

本展示では、スコットランド出身の医師ニール・ゴードン・マンロー(1863~1942)がアイヌ研究の過程で作成した写真資料やクマの魂を神の国に送る儀式(イヨマンテ)の映像を中心に、マンローが、当時のアイヌ文化をどのようにヨーロッパ社会に紹介しようとしていたのかについて検証します。また、撮影されている資料の大きさや素材を理解しやすいように、参考資料として、館蔵のアイヌ関係資料を展示し、さらに、場内ではマンロー編集の映画「The KAMUI IOMANDE」の短編を上映します。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

※例年実施している展示解説会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

開催概要

第4展示室 特集展示
『アイヌ文化へのまなざし
-N.G.マンローの写真コレクションを中心に-』

開催期間2020年12月22日(火)~2021年5月9日(日)

開催期間 2020年12月22日(火)~2021年5月9日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 特集展示室
料金 一般600円/大学生250円
高校生以下無料

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
※料金が変更になる場合があります。

開館時間

~2月 9:30 ~ 16:30(最終入館は16:00まで)
3月~ 9:30 ~ 17:00(最終入館は16:30まで)

休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

・写真を撮影したマンローの視点から、アイヌ文化について紹介します。
・研究する側と、研究される側との信頼関係が可能にした記録の意味について考えます。

趣旨

踊る人びとを撮影する映画カメラマン
スコットランド出身の医師ニール・ゴードン・マンロー(1863~1942)は、1891年、横浜に至り医業を営みながら考古学研究をおこなったほか、アイヌ文化にも関心を深め、1930年、研究活動の拠点を北海道の二風(にぶ)谷(たに)に移し、アイヌ文化を研究した人物です。

当館は、マンローがアイヌ研究の過程で作成した写真資料のほか、クマの魂を神の国に送る儀式(イヨマンテ)の映画フィルムを所蔵しています。

本展示では、それらの写真と映像を、マンロー自身が残したテキストとあわせて展示し、マンローが、当時のアイヌ文化をどのようにヨーロッパ社会に紹介しようとしていたのかについて考えます。また、撮影されている資料の大きさや素材を理解しやすいように、参考資料として、館蔵のアイヌ関係資料を展示します。

さらに、場内ではマンロー編集の映画「The KAMUI IOMANDE」の短編を上映しますので、あわせてご覧いただければ、より関心・理解を深めていただけることでしょう。

主な展示資料

映画フィルム(部分)

・北海道沙流川アイヌ風俗写真 〔パネル約10点、ガラス乾板(ネガ)〕
・北国の神秘を語るアイヌ写真帖
・アットゥ(樹皮製の織物)の道具
    (1) イシトムシプ(腰にあてる道具)1点
    (2) トゥマムンニ(織られた布を巻き取る道具)1点
    (3) ペカウンニ(横糸を通すために経糸を上げさせる道具)2点
    (4) カマカプ(上下の糸を分離する道具)1点
    (5) ウォサ(筬。経糸の位置を整える道具)1点
    (6) ペラ(へら。横糸をしめる道具)1点
    (7) アフンカニッ(横糸を巻く棒)2点
・捧酒箸(イクパスイ)
・クマ猟用仕掛け弓(クアレ)
・小刀(マキリ)
・花矢
・ござ
・物入れ(シントコ)など、さまざまな漆器
・マンロー編集の映画「The KAMUI IOMANDE」からキャプチャーした画像〔パネル5点程度〕

など計約30点(すべて当館蔵)

【展示代表】

内田 順子 うちだ じゅんこ (国立歴史民俗博物館 民俗研究系 教授)

主な研究テーマは、民俗学・民俗学的な映画に関する研究。
1999年から国立歴史民俗博物館に所属。2004年からマンローの映画の調査を開始。
主な著書『映し出されたアイヌ文化―英国人医師マンローの伝えた映像』(2020年、吉川弘文館)、『DVDブック 甦る民俗映像 渋沢敬三と宮本馨太郎が撮った1930年代の日本・アジア』(共編著、岩波書店、2016年)。

展示についてのお問い合わせ電話番号

ハローダイヤル:050-5541-8600 (8時00分から22時00分まで)※2021年4月より対応時間変更

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。画像(JPEG)はメールで送信いたします。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。 部分使用については事前申請・許諾が必要です。
  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)をお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

1) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「踊る人びとを撮影する映画カメラマン」 1930年
1930年12月、マンローの研究の目的で実施されたイヨマンテを、アイモという映画用カメラで撮影するカメラマンの姿。

2) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「アットゥ(樹皮製の織物)の様子」 1930年代
オヒョウなどの樹皮を剥ぎ、内皮の繊維から作った糸で織る。

3) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「ござ編みの様子」
1930年代
ガマなどの材料でござを編む。日常の敷物には無地のござを、儀式用には文様入りのものを用いる。

4) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「ござ」
1930年代
文様入りのござ。

5) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「仕掛け弓」 1930年代
おもにクマを獲るのに用いられた。

6) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「山刀と小刀」 1930年代
タシロ(山刀)やマキリ(小刀)には、優れた彫刻が施されたものも多い。

6) 北海道沙流川アイヌ風俗写真「捧酒箸」 1930年代
神々に酒を捧げる時に用いる。削りかけのついた上のパスイは、特別な儀礼に用いられるもの。

 

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
広報サービス室広報係 横尾・小林・大賀

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4941
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp