このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、当館の運営等につきまして、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2019年12月24日(火)~2020年2月2日(日)の期間、総合展示第3展示室特集展示室において、特集展示「描かれた寺社境内」を開催します。

本展では、主として江戸時代後期に制作・出版された寺社の俯瞰図を約15点紹介します。当時の境内の様子を、屏風などの絵画作品、あるいは名所図会などの版本や錦絵、一枚刷境内図などをとおして概観して頂けます。令和最初の年始に、江戸時代の寺社の境内図を初詣してみませんか。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示「もの」からみる近世
『描かれた寺社境内』

開催期間2019年12月24日(火)~2020年2月2日(日)

開催期間 2019年12月24日(火)~2020年2月2日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般600(350)円/大学生250(200)円
高校生以下無料

※( )は20名以上の団体料金です。
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。

※半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。
開館時間 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 松川龍椿画「京都名所図屏風」は、有名寺社のみ画かれる名所尽くしとなった洛中洛外図の究極の姿!
  • 清水寺や浅草寺など現代でも参詣客で賑わう有名寺社の江戸時代の繁栄の姿をご覧いただけます。
  • 緻密に描かれた境内の様子から、当時の人々の社寺参詣の関心のありかが垣間見えます。

趣旨

江戸時代後期には、旅や行楽などの関心の高まりを背景に、各地の名所に関するさまざまな画像が大量に制作されています。今日でも観光の主たる目的地には著名な寺社が挙げられますが、伊勢参りなど宗教的動機を表向きとした当時の旅なら、それはなおさらのことでした。

たとえば、緻密な挿絵をともなう地誌である名所(めいしょ)図会(ずえ)において、もっとも頻度が高く、かつ大きくとりあげられているのは由緒ある寺社であり、寺社の由緒や古歌、寺宝などの紹介とともに境内の精細な俯瞰図が添えられています。江戸後期の錦絵の中には、名所図会を模した俯瞰図も散見されます。

多くの参拝客を集める寺社そのものが制作に関与した一枚刷の境内図も多数残っています。参拝客は実際にそれを手にとって境内や周辺の名所を経巡ったとともに、旅の土産としても持ち帰ったのでしょう。京都の名所を描く洛中洛外図屏風も、次第に名所尽くし絵の傾向を強めていき、江戸末期には当館所蔵の松川龍椿「京都名所図屏風」のように、有名な寺社の俯瞰図だけで構成されたものさえ描かれるようになります。

本展では、主として江戸時代後期に制作・出版された寺社の俯瞰図を約15点紹介します。当時の境内の様子を、屏風などの絵画作品、あるいは名所図会などの版本や錦絵、一枚刷境内図などをとおして概観して頂けます。令和最初の年始に、江戸時代の寺社の境内図を初詣してみませんか。

Memo

名所(めいしょ)図会(ずえ)とは
江戸時代後期に流行した通俗地誌兼名所案内書。名所旧跡や寺社などの由来を記し、関連する和歌などを紹介する文章に、名所を細密に画いた挿絵を添える。貸本屋などを通して読み物として広く親しまれた。代表的なものに『都名所図会』『東海道名所図会』『江戸名所図会』などがある(後ろの2書は展示予定)。

主な展示資料

松川龍椿「京都名所図屏風」右隻
江戸時代末期 国立歴史民俗博物館蔵

・松川龍椿画 京都名所図屏風
・諸国名所図手鑑
・歌川広重画 東都名所・浅草金龍山
・増補江戸名所古跡神社仏閣案内記
・総州成田山絵図

など約15件、すべて本館蔵

 

【展示代表】

大久保 純一(国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)
専門は浮世絵を中心とした江戸絵画史。
主な著書に、『広重と浮世絵風景画』(東京大学出版会、2007年)、『カラー版 浮世絵』(岩波新書、2007年)、『浮世絵出版論』(吉川弘文館、2013年)など。

         
              

その他歴博で開催する催事

企画展示

ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち

2019年10月29日(火)~ 12月26日(木) 企画展示室A・Bにて開催
開館時間 9:30 ~ 16:30(入館は16:00まで)
入場料 一般1000円、大学生500円、高校生以下無料

昆布とミヨク-潮香るくらしの日韓比較文化誌-

2020年3月17日(火)~ 5月17日(日) 企画展示室A・Bにて開催
開館時間 9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)
入場料 一般1000円、大学生500円、高校生以下無料

第4展示室 特集展示

石鹸・化粧品の近現代史

2019年12月3日(火)~ 2020年5月6日(水) 第4展示室 特集展示室にて開催
開館時間 ~2月 9:30 ~ 16:30(入館は16:00まで)
     3月~ 9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)
入場料 一般600円、大学生250円、高校生以下無料

くらしの植物苑 特別企画 季節の伝統植物

伝統の古典菊

2019年10月29日(火)~ 11月24日(日)くらしの植物苑にて開催
開苑時間 9:30~16:30(最終入苑16:00)
入苑料 個人100円、高校生以下無料

冬の華・サザンカ

2019年11月26日(火)~ 2020年1月26日(日)くらしの植物苑にて開催
開苑時間 9:30~16:30(最終入苑16:00)
入苑料 個人100円、高校生以下無料

 

※ほか、歴博講演会なども開催中。

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。
問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

広報画像使用に際しての注意事項

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。

  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 資料画像の使用は本展の紹介目的に限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)でお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

 

1) 松川龍椿「京都名所図屏風」左隻 江戸時代末期 国立歴史民俗博物館蔵

右隻に京都市街と東山方面、左隻に同じく市街地と西山方向を描く洛中洛外図の第二定型の構成にならっていますが、定番の内裏や二条城などは描かれず、ほとんど著名な寺社の細密な俯瞰図のみで構成されています。

2) 諸国名所図手鑑 江戸時代中期 
国立歴史民俗博物館蔵

京都を中心に住吉大社や厳島神社など諸国の有名な寺社の境内を画き集めた画帖で、町絵師の手になるものと考えられます。扇面などの小画面に名所や祭礼を画くのは中世以来の伝統です。

3) 歌川広重 東都名所・芝神明増上寺全図 天保(1830~44)後期
国立歴史民俗博物館蔵

名所絵の第一人者である歌川広重の描く江戸名所の俯瞰図シリーズ。芝神明宮(画面右下)と増上寺を描くこの図は、『江戸名所図会』巻1の挿絵「三縁山増上寺」にもとづいています。

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係 小林・大賀・合田
〒285-8502千葉県佐倉市城内町117
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4941
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp