このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、当館の運営等につきまして、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2019年1月5日(土)~ 2月11日(月祝)の期間、総合展示 第3展示室副室において、特集展示「吉祥のかたち」を開催します。

吉祥とは、良いきざし、めでたいしるしを意味する言葉です。本展では、新年にふさわしく、吉祥にかかわる絵画や工芸品を歴博の所蔵品の中から選んで展示し、図像やモティーフに託された意味を読み解いていきます。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『吉祥のかたち』

開催期間2019年1月5日(土)~2月11日(月祝)

開催期間 2019年1月5日(土)~2月11日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体

※毎週土曜日は高校生入館無料
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料
※高校生及び大学生の方は、学生証等要提示

開館時間 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 琳派の絵師・酒井抱一(1761~1828年)が描いた現存唯一の小袖「梅樹下草模様小袖」(重要文化財)を公開します。
  • 千葉出身の国学者・楫取魚彦(1723~82年)が得意とした鯉の絵「瀑布鯉魚図」を初公開します。

趣旨

吉祥とは、良いきざし、めでたいしるしを意味する言葉です。絵画や工芸品の中には、吉祥にかかわる意味や願いを込めて制作されたものが少なくありません。歴史的に何度も何度も繰り返して表現され、定番と化した図像やモティーフの組み合わせには、特定の吉祥の意味づけがなされている場合が多くあります。例えば、松竹梅や鶴亀がめでたさの象徴であることは、良く知られています。

吉祥を意味する図像やモティーフの組み合わせには、中国の伝説や思想に端を発するものも多くありますが、能の祝言曲の『猩々』や浦島太郎の物語のように、日本で芸能や説話にとりいれられ、独特の展開が見られることがあります。また、細かな相違では、長寿を象徴する鶴は、中国では白鶴なのが日本では白鶴に限らないこと、亀は、中国では三千年生きるとされていたのが日本では一万年になっていること、鯉の瀧のぼりの鯉は、中国では角が生えかけているのが日本ではそうではないこと、などがあげられます。

このたびの特集展示では、そうした日本での展開に留意しつつ、吉祥にかかわる絵画や工芸品を歴博の所蔵品の中から選んで展示し、図像やモティーフに託された意味を読み解いていきます

【展示代表】

澤田 和人(さわだ かずと)
国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 准教授
専門は染織史。服飾史。絵画史(絵巻)。特に、中世を中心とする染織および服飾・衣装風俗に関する研究をしている。1998年に文学修士(大阪大学)を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

主な展示資料

・梅樹下草模様小袖 酒井抱一筆 重要文化財
・色絵双鶴図小皿 酒井抱一下絵
・霊元院鶴御画并御賛歌 霊元院筆
・瀑布鯉魚図 楫取魚彦筆
・牡丹獅子置物 
・龍宮城模様一つ身 
・浦島太郎模様袱紗

など約30件、すべて本館蔵

                           

その他歴博で開催する催事

総合展示「先史・古代」リニューアルオープン

2019年3月19日(火)本館第1展示室リニューアルオープン
開館時間 10月~2月 9:30~16:30(最終入館16:00)
     3月~9月 9:30~17:00(最終入館16:30)
入 場 料 一般420円、高校生・大学生250円、中学生以下無料
※料金が変更になる場合があります。

総合展示 第4展示室 特集展示 「変わりゆく結婚式と近代化」

12月11日(火)~2019年 5月12日(日)第4展示室にて開催
開館時間 10月~2月 9:30~16:30(最終入館16:00)
     3月~9月 9:30~17:00(最終入館16:30)
入場料 一般420円、高校生・大学生250円、中学生以下無料
※料金が変更になる場合があります。

くらしの植物苑特別企画 季節の伝統植物 「冬の華・サザンカ」

11月27日(火)~ 2019年1月27日(日)くらしの植物苑にて開催
開苑時間 9:30~16:30(最終入苑16:00)
入苑料 高校生以上100円

※ほか、歴博フォーラム(要申込制)、歴博講演会なども開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。
問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

広報画像使用に際しての注意事項

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。

  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 資料画像の使用は本展の紹介目的に限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)でお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

 

1) 梅樹下草模様小袖 酒井抱一筆 
重要文化財 江戸時代中期~後期
(国立歴史民俗博物館蔵)

琳派の絵師、酒井抱一(1761~1828年)が筆をふるった描絵の小袖。鳥取藩主池田家の伝来品。厳寒期に花を開く梅は、その生命力から長寿と子孫繁栄を象徴する。

2) 龍宮城模様一つ身 江戸時代後期
(国立歴史民俗博物館蔵)

日本の物語や説話などでは、時の流れが停止した異界として、東の庭を春、南を夏、西を秋、北を冬とした四方四季の庭が登場する。浦島太郎が訪れた龍宮城もその一つであり、永遠や長寿を意味するモティーフであった。

3) 霊元院鶴御画并御賛歌 
霊元院筆 江戸時代中期
(国立歴史民俗博物館蔵)

霊元院(1654~1732年)宸筆の画賛。長寿の象徴である鶴の絵には、その長寿にちなんで詠んだ和歌を添えてある。

4) 瀑布鯉魚図 楫取魚彦筆 1769(明和6)年
(国立歴史民俗博物館蔵)

筆者の楫取魚彦(1723~82年)は佐原出身の国学者。余技として絵を描き、中でも鯉は魚彦が好んで描いた画題である。鯉の瀧のぼりの図様は、中国の登龍門の伝説に由来し、立身出世を寓意する。

5) 牡丹獅子置物 美濃・魁翠園製 1853(嘉永6)年頃
(国立歴史民俗博物館蔵)

牡丹と獅子は、謡曲の『石橋』に取材したモティーフの組み合わせ。『石橋』は文殊菩薩の霊験を示すめでたい演目であり、祝意を込めた祝言曲とされている。美濃高須藩主のお庭焼である魁翠園の製品。

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 総務課
広報サービス室広報係 小林・大賀・髙島

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp