このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび、当館くらしの植物苑におきまして、2018年11月27日(火)~ 2019年1月27日(日)の期間、特別企画「冬の華・サザンカ」を開催します。

晩秋から初冬と寒い時期に花を咲かせるサザンカは、ツバキとともに冬を彩る数少ない園芸品種の代表で、日本で生まれ育てられた日本特産の花木です。サザンカは「サザンカ群」、「カンツバキ群」、「ハルサザンカ群」の3グループに大別されますが、当苑ではそれらの系統を維持することにつとめて参りました。

今回は、日本固有種であるサザンカを収集し約140品種を鉢植えで展示いたします。今年度は「くらしの中のツバキとサザンカ」をテーマとして、中国南部におけるチャとツバキの産地を示した分布図や江戸時代前期に上流階級の間で普及したツバキとサザンカの図譜や巻物、大衆化の中のツバキとサザンカ、肥後ツバキの盆栽の写真をそれぞれパネルで紹介します。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

くらしの植物苑特別企画「冬の華・サザンカ」
開催期間2018年11月27日(火) ~ 2019年1月27日(日)
開催期間 2018年11月27日(火) ~ 2019年1月27日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人(高校生以上) 100円/団体(20名以上) 50円 
※小中学生は入苑無料
※毎週土曜日は高校生は入苑無料
開苑時間 9時30分~16時30分 (入苑は16時まで)
休苑日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、
年末年始 2018年12月27日(木)~2019年1月4日(金)
主催 国立歴史民俗博物館

趣旨

サザンカは日本を原産地とし、ツバキとともに冬枯れの季節に庭を彩る数少ない植物です。くらしの植物苑では、特別企画「季節の伝統植物」の一環として、2001年より冬を代表する園芸植物であるサザンカを収集し、展示してきました。これらには、「江戸サザンカ」、「肥後サザンカ」と呼ばれる独自の品種群も含まれています。

サザンカは、自生種に近い「サザンカ群」、獅子頭の実生またはその後代と考えられている「カンツバキ群」、サザンカとツバキの間で自然にできた雑種またはその後代と考えられている「ハルサザンカ群」の3グループに大別されますが、花はグループごとに10月中頃から翌年2月にかけて上記の順に咲いていきます。これらの品種は、いずれも実生の変種から選抜されたもので、こうした品種を維持・普及する方法は、日本の園芸文化の大きな特徴といえます。

くらしの植物苑では、⼈とサザンカの関わりを遺伝資源と⽂化的な資産の両⾯から着⽬し、⽣きた植物と歴史資料を併せて考察した成果を展⽰してきました。今年度は「くらしの中のツバキとサザンカ」をテーマとして、中国南部におけるチャとツバキの産地を示した分布図や江戸時代前期に上流階級の間で普及したツバキとサザンカの図譜や巻物、大衆化の中のツバキとサザンカ、肥後ツバキの盆栽の写真をそれぞれパネルで紹介します。

概要

今年度の「冬の華・サザンカ」では、日本固有種であるサザンカを収集し約140品種を鉢植えで展示いたします。2000年に当苑へ寄贈された品種に、その後新たに収集したサザンカ(サザンカ群70品種、カンツバキ群43品種、ハルサザンカ群32品種)を鉢植えにより、苑内の東屋周辺、ハウスで展示する。一部、常設スペースでの地植えもあります。

今年度は「くらしの中のツバキとサザンカ」をテーマとして、中国南部におけるチャとツバキの産地を示した分布図や江戸時代前期に上流階級の間で普及したツバキとサザンカの図譜や巻物、大衆化の中のツバキとサザンカ、肥後ツバキの盆栽の写真をそれぞれパネルで紹介します。

●出展品種 計140品種
●出展鉢数 約300鉢

関連の催し物

展示解説会のご案内

日時 11月27日(火) 13時30分~
会場 くらしの植物苑

当展示プロジェクト委員による展示解説を行います。事前予約等は必要ございません。 詳細につきましては下記「このリリースに関するお問い合わせ」までお問合せください。

サザンカの有償頒布のご案内

日時 10月28日(土) 9:30~13:30
場所 くらしの植物苑
価格

1鉢・・・・・1,030円
* 数量に限りがあります。品切れの節はご容赦ください。
* 別途、入苑料が必要となります。

くらしの植物苑観察会 第237回観察会「くらしの中のツバキとサザンカ」

日時 12月15日(土) 13:30~15:30
場所 くらしの植物苑
講師 箱田 直紀(恵泉女学園大学名誉教授)
備考 事前申し込み不要、要入苑料

展示についてのお問い合わせ

電話番号 ハローダイヤル:03-5777-8600 (8時00分から22時00分まで)

その他歴博で開催する催事

くらしの植物苑観察会

くらしの植物苑にて開催、要入苑料、申込不要

第235回 「よみがえれ、木の実の食文化」

日時 10月27日(土)13時30分~15時30分
講師 辻 誠一郎(東京⼤学名誉教授)

第236回 「菊栽培の道具」

日時 11月24日(土)13時30分~15時30分
講師 平野 恵(台東区立中央図書館)

第238回 「幕末プロイセン使節団のクリスマスツリー探しー江戸の最初のドイツ風降誕祭―」

日時 2019年1月26日(土)13時30分~15時30分
講師 福岡 万里子(本館研究部准教授)

総合展示 第3展示室 特集展示 「吉祥のかたち」

開催日時 2019年1月5日(土)~ 2月11日(月祝)
9時30分~16時30分(最終入館16:00)
会場 本館第3展示室副室
入苑料 一般 420円(350円)、高校・大学生250円(200円)、小中学生 無料
※( )内は20名以上の団体

総合展示 第4展示室 特集展示 「変わりゆく結婚式と近代化」

開催日時 12月11日(火)~ 2019年5月12日(日)
~2月 9:30~16:30(最終入館16:00)/ 3月~ 9:30~17:00(最終入館16:30)
会場 本館第4展示室副室
入苑料 一般 420円(350円)、高校・大学生250円(200円)、小中学生 無料
※( )内は20名以上の団体

歴博講演会

歴博講堂にて開催、13:00 ~ 15:00、入場無料、申込不要、先着順(定員260 名)

第412回 「市民参加で読む 地震史料」

日程 2019年1月12日(土)
講師 橋本 雄太(本館研究部助教)

※そのほか、歴博フォーラムも開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。画像(JPEG)はメールで送信いたします。問い合わせ先はリリース本文「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は、『2018年度くらしの植物苑特別企画「冬の華・サザンカ」』の広報に関するものに限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物(掲載面PDF)をご送付ください。
  • ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下または72dpi以下のサイズにしてください。

サザンカ群

自生種に近いグループで、10~12月にかけて咲く、一重か二重咲の花です。

1.三国紅(みくにこう)

2.七福神(しちふくじん)

3.銀月(ぎんげつ)

カンツバキ群

中国地方に古木が多い“獅子頭”をもとに作られたと考えられている。グループで、11~3月にかけて咲く、八重咲や獅子咲などがあります。

4.長春(ちょうしゅん)

5.皇玉(こうぎょく)

6.曳馬乙女(ひくまおとめ)

ハルサザンカ群

サザンカとヤブツバキの自然交雑でうまれたと考えられているグループで、12~4月にかけて咲く、一重から八重、千重咲などがあります。

7.東牡丹(あずまぼたん)

8.鎌倉絞(かまくらしぼり)

9.讃岐(さぬき)

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 小林・味戸・髙島

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp