このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2018年10月30日(火)~ 12月9日(日)の期間、総合展示 第3展示室副室において、特集展示「紀州徳川家伝来の楽器-琵琶Ⅱ-」を開催します。

当館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクションは、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(とくがわはるとみ・1771~1852)によって収集されたものと伝えられます。今回はその中から、琵琶をとりあげ、楽器はもちろんのこと附属品や関連資料とともに展示し、琵琶をめぐる文化の一端をご紹介します。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『紀州徳川家伝来の楽器-琵琶Ⅱ-』

開催期間2018年10月30日(火)~12月9日(日)

開催期間 2018年10月30日(火)~12月9日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
※11月3日(土・祝)は明治150年記念として入館が無料です。
開館時間 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

国立歴史民俗博物館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクション(161件)は、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(とくがわはるとみ・1771~1852)によって収集されたものと伝えられています。意欲的な文化政策を推進したことで有名な治宝は、のちの伝えによれば、特別に勅許を得て黄金五万両を投じ、国内外、古今の楽器を集めたといいます。コレクションは、雅楽器を中心に、吹きもの(管楽器)・弾きもの(弦楽器)・打ちもの(打楽器)など各種の楽器や、楽譜、調律具、収納袋や箱などの附属品、さらに楽器にまつわる情報を記した附属文書から構成されており、楽器史や音楽史上きわめて重要な資料です。

今回の特集展示では、この中から、琵琶をとりあげ、附属品や附属文書とともに展示します。コレクション中の琵琶は23面におよびますが、そのうち12面に関しては、平成22年度に開催した特集展示において紹介しています。そこで、2回目となる今回は、前回の展示で出品しなかった11面を中心に展示します。
治宝が雅楽を嗜んでいたことを示す琵琶の楽譜や、享和3年(1803)十月、江戸藩邸において催された管絃の様子を表す絵巻(赤阪御薗積翠池試楽図并記)も琵琶とともに展示し、江戸後期の大名家を中心とした音楽をめぐる文化の一端をご覧いただけます。

なお、本資料は最大級の日本古楽器コレクションとして広く知られており、平成17年度に特別企画「紀州徳川家伝来の楽器」、平成24年には企画展示「楽器は語る―紀州藩主徳川治宝と君子の楽―」を開催し、主要なものを紹介してまいりました。また、平成15年度に刊行した『国立歴史民俗博物館資料図録3紀州徳川家伝来楽器コレクション』、および<データベースれきはく>において、その豊富な資料情報を公開しています。

みどころ

  • コレクションの中で最も古い伝来をもつ「白鳳」とともに、この琵琶が実際に演奏された管弦の様子を描いた記録的な絵画「赤阪御薗積翠池試楽図并記」(江戸時代)を展示します。
  • コレクション中の琵琶23面のうち、平成22年度に開催した特集展示「琵琶」では出品しなかった11面を中心に展示します。歴博で初公開のもの6面を含みます。

【展示代表】

日高 薫(ひだか かおり)
国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授
専門は漆工芸史。主な研究テーマは、蒔絵を中心とする漆工芸史および日本の装飾芸術の特質に関する研究、交易品としての漆器をめぐる文化交流に関する研究。また、在外の日本関係資料の調査研究をすすめている。東京大学文学部美術史研究室、共立女子大学国際文化学部日本文化研究の助手を経て、1994年に国立歴史民俗博物館に勤務。

主な展示資料

・紀州徳川家伝来楽器コレクションより
琵琶(銘「白鳳」)  1面 在田坊作
琵琶(銘「朝陽」)  1面 平安~鎌倉時代初期
琵琶(銘「小嵐」)  1面 室町時代
琵琶(銘「花園」)  1面 室町時代
琵琶(銘「嘉吉丸」) 1面 嘉吉2年(1442)
琵琶(銘「雲鶴」)  1面 慶長11年(1606)銘 山室永斎作
琵琶(銘「雲上」)  1面 文化3年(1806)三井伊織作
『琵琶譜』       1帖 寛政4年(1792)徳川治宝奥書
赤阪御薗積翠池試楽図并記 1巻 文化2年(1805)住吉廣尚筆

など約15件              
                           

その他歴博で開催する催事

企画展示「日本の中世文書―機能と形と国際比較―」

10月16日(火)~ 12月9日(日)企画展示室A・Bにて開催
開館時間 9:30~16:30(最終入館16: 00)
入場料 一般830円、高校生・大学生450円、中学生以下無料

総合展示 第3展示室 特集展示 「吉祥のかたち」

2019年1月5日(土)~ 2月11日(月祝)第3展示室にて開催
開館時間 9:30~16:30(最終入館16:00)
入場料 一般420円、高校生・大学生250円、中学生以下無料

総合展示 第4展示室 特集展示 「変わりゆく結婚式と近代化」

12月11日(火)~2019年 5月12日(日)第4展示室にて開催
開館時間 ~2月     9:30~16:30(最終入館16:00)
               3月~    9:30~17:00(最終入館16:30)
入場料 一般420円、高校生・大学生250円、中学生以下無料

くらしの植物苑特別企画 季節の伝統植物

「伝統の古典菊」

10月30日(火)~ 11月25日(日)くらしの植物苑にて開催
開苑時間 9:30~16:30(最終入苑16:00)
入苑料 高校生以上100円

「冬の華・サザンカ」

11月27日(火)~ 2019年1月27日(日)くらしの植物苑にて開催
開苑時間 9:30~16:30(最終入苑16:00)
入苑料 高校生以上100円

※ほか、歴博フォーラム(要申込制)、歴博講演会なども開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。
問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

広報画像使用に際しての注意事項

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。

  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 資料画像の使用は本展の紹介目的に限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)でお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

 

1) 琵琶(銘「白鳳」)(国立歴史民俗博物館蔵)

嵯峨天皇(786-842)が兵庫の鶴林寺に寄進したとの伝承をもつ由緒正しい琵琶。

2) 琵琶(銘「白鳳」)(国立歴史民俗博物館蔵)

嵯峨天皇(786-842)が兵庫の鶴林寺に寄進したとの伝承をもつ由緒正しい琵琶。撥面の桐鳳凰の絵は、寛政12年(1800)の修理の際に、住吉内記広行によって描かれた。

 

3) 琵琶(銘「嘯月」)(国立歴史民俗博物館蔵)

雅楽に用いる琵琶。撥面には、金泥と墨で樹木を表し、銀製の月を嵌める。絃の周辺に残された傷が、実際に演奏されたことを物語る。

4) 赤坂御薗積翠池試楽図并記(部分)(国立歴史民俗博物館蔵)

享和3年(1803)年10月、治宝が江戸の紀州藩邸において催した管弦の様子を描いたもの。舟上に琵琶を演奏する人物が表される。文化2年(1805)住吉廣尚筆、紀三冬跋。

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 総務課
広報サービス室広報係 小林・味戸・髙島

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp