このページの目次
開催概要広報用作品画像の使用について問い合わせ先

江戸時代から現代までの「おみやげ」を一堂に展示!
「おみやげ」という贈与の形式と旅や観光の様相を、主に所蔵する資料を通して紹介します。

 

このたび、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)では、企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」を2018年7月10日(火)から9月17日(月祝)まで開催いたします。

本展は、近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化とその背景となる旅と観光の様相を、主に国立歴史民俗博物館が所蔵する資料を通して紹介します。

国民すべてが一年に一度以上、旅行に行くとされる現代においては、おみやげの贈答もまた、日常的なやりとりの一つとなっています。本展では、おみやげが生まれる場所とその特質、おみやげと旅を経験する人々との関係、そして旅の果てにたどりつくおみやげの行方に注目していきます。

また「おみやげ」のコレクションを通して、日本人における人とモノと物語のつながりも問い直します。人はなぜ、おみやげを集めるのか、おみやげのコレクションからは、日本文化のどのような特質が見えてくるのか。本展では資料約1300点を展示し、さまざまな「おみやげ」の変遷や背景をたどります。

 

UKOUKU 輪唱(貝澤徹作)
(国立歴史民俗博物館蔵)

楼閣山水文水注 肥前(有田)
(国立歴史民俗博物館蔵)

和印 (国立歴史民俗博物館蔵)

屋久杉飾り壺 屋久杉岳南 日高英世 作
(国立歴史民俗博物館蔵)

「おみやげ」とは?

誰かが、ある場所から別の場所へとそれらを携帯して移動し、自分自身を含めた任意の誰かに贈与するモノやコトをさします。本展においては、“旅行先でその土地の名物を買い求め、友人や身内など身近な人に贈ること”という意味で使用しています。旅行先で得た感動や思い出を、贈った相手と共有するためのツールのひとつとして「おみやげ」を用いることや、欧米とはかなり異質な日本人の「おみやげ」の種類や用途について、展示資料から検証していきます。

開催概要

ニッポンおみやげ博物誌
開催期間2018年7月10日(火)~9月17日(月祝)
開催期間 2018年7月10日(火)~9月17日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金

一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。

開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
※ただし、8月13日は開館
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

【1章】 アーリーモダンのおみやげ

『アーリー・モダン(初期近代)』とも訳される江戸時代。近代以後に発達した旅や観光文化の特質の多くは、この時代に育まれました。この章では、近代以後のおみやげに付与されていく幾つかの系譜を紹介していきます。

1 参勤交代と庶民の旅
2 江戸のお土産事情
3 名所・名物の展開 -道中記・名所図会
4 景勝地の眼差し -「八景」を中心に

東都名所・浅草観世音 
歌川広重 和泉屋市兵衛版
(国立歴史民俗博物館蔵)

山本店前図 歌川国芳 画
(国立歴史民俗博物館蔵)

 

【2章】観光地のブランド化とおみやげへの波及

この章では、旅の目的をめぐる近代以後の制度の変遷と、そこに注がれた人々の眼差しの所在を見ていきます。新たな「名所」の選定と創造が行われるようになった明治期。それを機に、旅の新たな目的やおみやげが生まれました。そして戦後になると、法改正や世界遺産の登録制度などを通じて、名所や観光地を格付けるようになっていきます。さらに近年は、『ジオパーク』あるいは『世界農業遺産』といった新たな「世界」クラスの規格も誕生。観光地をどのようにしてブランド化していったのか、おみやげを通して検証していきます。

1 近代の「文化財」と帝国の聖地の創造
2 国立公園の誕生と展開
3 戦後の文化財制度とおみやげ
4 世界遺産狂詩曲
5 新たなブランド化の諸相


漫画絵巻「富士登山勝地漫画」
(個人蔵)

赤福餅 (株式会社赤福蔵)

絵葉書 日本の名城
(千葉県立中央博物館蔵)

 

【3章】現代におけるおみやげの諸相

この章では、様々な旅の目的や経験と結びつくおみやげの諸相を紹介します。自然の風物や景観を目的としたおみやげのほか、有名な建造物をモチーフにしたおみやげ、各地に伝わる有形・無形の文化資源を用いたおみやげ、近年人気のご当地キャラクターを採用したおみやげなどを取り上げます。

1 自然を資源とするおみやげ
2 建物・場所を資源とするおみやげ
3 有形の文化財を資源とするおみやげ
4 無形の文化資源のおみやげ
5 人物・キャラクター・物語、そして、身体

鮭咥え熊(アイヌ工芸品) (個人蔵)

赤べこ (国立歴史民俗博物館蔵)

 

【4章】 旅の文化の多様化とおみやげの展開

戦後から高度経済成長期を経て現代に至るまで、旅や観光は、その形態や目的地、手段や予算に至るまで様々な変化を遂げてきました。この章では、多様化する旅の目的とそれに関連したおみやげに着目します。おみやげの定番である食品や雑貨から、個性的なおみやげ、海外でしか手に入らないおみやげまで展示いたします。

1 旅の目的の多様化とおみやげの創造
2 個別化するおみやげ ―唯一度の旅の思い出
3 国際化する観光 ―日本からのおみやげ、日本へのおみやげ
4 お土産の定型化の諸相

ご当地名物を使ったレトルトカレー
(左からメカジキカレー、馬くて生姜ねえ!!カレー、津軽の桃 ピンクカレー)
(個人蔵)

ティキ像
フランス領ポリネシア・マルケサス諸島
(個人蔵)

フェティッシュ 
コンゴ民主共和国(個人蔵)

 

【5章】 おみやげからコレクションへ

最後の章では、おみやげの行方を見ていきます。おみやげはどこにいくのか、そこにはどのような思いが託されているのか―おみやげを通して、人とモノと物語の関係を問い直します。職場や家庭に持ちゆかれたおみやげたちは、どのようにふるまい、どのように扱われていったのか。また消費され、利用され、保管され、あるいは忘却されるおみやげは、何を語り、何を表しているのか。展示資料を通して、おみやげの意味を考えるきっかけを作ります。

さらに、おみやげを含めた様々なものとそれらを集めるコレクターとの関係についても考察します。おみやげのいくつかのジャンルを通して、人がどのようにコレクターになるのか、どんなこだわりを持ってモノを集めるようになるのか検証していきます。

1 消費されるおみやげ ―とある職場のおみやげ目録
2 保存されるおみやげ
3 みやげからコレクションへ

 

懐溜諸屑 (国立歴史民俗博物館蔵)

 

【展示代表 紹介】

川村 清志(かわむら きよし)国立歴史民俗博物館 民俗研究系 准教授

主な研究テーマは、口頭伝承の近代的展開、祭礼芸能の実践と習得過程の探求、メディアによる民俗文化の再表象過程、現代日本のサブカルチャーと伝統文化などに関する研究。神戸学院大学人文学部地域研究センター、札幌大学を経て、2012年から国立歴史民俗博物館に勤務。

青木 隆浩(あおき たかひろ)国立歴史民俗博物館 民俗研究系 准教授

主な研究テーマは、酒、商家、社会規範に関する研究。神奈川工科大学工学部非常勤講師を経て、2002年から国立歴史民俗博物館に勤務。

主な展示資料

楼閣山水文水注 肥前(有田)(国立歴史民俗博物館蔵)
和印(国立歴史民俗博物館蔵)
フェティッシュ(個人蔵)
UKOUKU 輪唱(貝澤徹作)(国立歴史民俗博物館蔵)
屋久杉飾り壺 屋久杉岳南 日高英世 作(国立歴史民俗博物館蔵)
赤福餅(株式会社赤福蔵)
懐溜諸屑(国立歴史民俗博物館蔵)
鮭咥え熊(アイヌ工芸品)(個人蔵)

歴博講演会

「おみやげからみる日本文化の特質とその広がり」

開催日時 7月14日(土)13:00~15:00
講師 川村清志(本館研究部民俗研究系准教授)
会場 国立歴史民俗博物館 講堂

 

そのほか、関連イベント(検討中)

企画展示会期中、開催予定(ギャラリートークなど)

※詳細は、企画展示ページにてご確認ください。

広報用作品画像の使用について

本展の資料画像を、広報素材としてご提供いたします。別紙返信用紙に必要事項をご記入のうえご返信ください。
※下記素材以外の作品画像が必要な場合は、別途お問い合わせください。

<画像使用に際しての注意>

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、クレジット(リスト参照)を必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。
  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 資料画像の使用は本展の紹介目的に限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、ゲラ刷り・原稿の段階で広報事務局までお送りいただきますようお願いします。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌、同録テープを、本展広報事務局へ1部お送り願います。
1. UKOUKU 輪唱(貝澤徹作)
国立歴史民俗博物館蔵
2. 楼閣山水文水注 肥前(有田)
国立歴史民俗博物館蔵

3. 屋久杉飾り壺
国立歴史民俗博物館蔵

4.和印
国立歴史民俗博物館蔵
5.東都名所・浅草観世音
歌川広重 和泉屋市兵衛版 
国立歴史民俗博物館蔵
6. 山本店前図
歌川国芳 画 丸屋清次郎版 
国立歴史民俗博物館蔵
7. 赤福餅 株式会社赤福蔵 8.赤べこ 国立歴史民俗博物館蔵 9.ご当地名物を使ったレトルトカレー (左からメカジキカレー、馬くて生姜ねえ!!カレー、津軽の桃 ピンクカレー)
国立歴史民俗博物館蔵

10. ティキ像 
フランス領ポリネシア・マルケサス諸島
個人蔵

11.フェティッシュ 
コンゴ民主共和国 個人蔵
12.鍋島染付牡丹文大鉢 
国立歴史民俗博物館蔵

本リリースに関するメディア問い合わせ先

国立歴史民俗博物館 広報事務局(株式会社ユース・プラニング センター内)担当:岩川、大山
〒150-8551 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル3F
TEL:03-3406-3411/FAX:03-3499-0958/Mail:rekihaku@ypcpr.com