このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2018年4月17日(火)~ 5月20日(日)の期間、総合展示 第3展示室副室において、特集展示「錦絵 in 1868」を開催します。

2018年は慶応4年(明治元年、戊辰の年)から150年目にあたります。天保の改革以後、錦絵はメディアとしての性格を強め、政治や世相を描く錦絵は従来の役者絵や美人画、名所絵に次ぐような大きなジャンルに成長していました。当館は幕末・明治初期の錦絵を豊富に所蔵しており、それらの中から1868年に出版されたものを選び、錦絵でもって戊辰戦争を中心とした1868年の世の中の動きを視覚的に提示するとともに、当時の風刺画の特徴的手法についても紹介いたします。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
錦絵 in 1868』

開催期間2018年4月17日(火)~5月20日(日)

開催期間 2018年4月17日(火)~5月20日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
ただし、5月1日(火)は開館
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

2018年は慶応4年(戊辰の年)から150年目にあたります。天保の改革以後、錦絵はメディアとしての性格を強め、政治や世相の動きに取材したものは従来の役者絵や美人画、名所絵に次ぐような大きなジャンルに成長していました。とくに慶応4年1月3日(1868年1月27日)の鳥羽(とば)伏見(ふしみ)の戦いにはじまる戊辰戦争に関しては、勃発の初期からおよそ大勢の決まる東北戦争までの間、戦局の推移に従って大量の風刺画が出版され、時局に取材した幕末・明治初期の錦絵の中でひとつのピークを成しています。それらは近年、都市民衆の政治意識をさぐるための資料として注目されつつありますが、出版統制がおこなわれていた当時、新政府側と旧幕側の戦いを子ども同士の遊びに偽装したり、表向き過去の歴史的事件として描くなど、規制をかいくぐるためのさまざまな風刺画の絵づくりの手法を楽しむこともできます。

当館は幕末・明治初期の錦絵を豊富に所蔵しており、それらの中から戊辰の年に出版されたものを選び、錦絵でもって戊辰戦争を中心とし、明治天皇の東幸などの世の中の動きを視覚的に提示するとともに、当時の風刺画の特徴的手法についても紹介します。

みどころ

・子どもの遊びや虫の戦いなど、一見無邪気な画面の中に戊辰戦争の様相がうまく取り込まれています。
・人物の着物の柄や持ち物などで、新政府側、旧幕側それぞれの藩がたくみに暗示されています。
・戦国時代などの、よく似た過去の事件が、うまく「今」の戦いを描くのに使われています。

【展示代表】

大久保 純一(おおくぼ じゅんいち) 
 所属:国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授
 専門分野:日本近世絵画(浮世絵、江戸後期の風景表現)

主な展示資料

当世長つ尻な客しん 本館蔵

・「慶長四年大功記大山崎之図」
・三代歌川広重「幼童遊び子をとろ子とろ」
・「子供遊端午の気生」
・「夏の夜虫合戦」
・「当世長つ尻な客しん」
・「奥州会津図」

など計約30点(すべて本館蔵)

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。
問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

広報画像使用に際しての注意事項

  • 本展広報目的でのご使用に限ります。(展示期間終了まで)。
  • 展覧会名、会期、会場名、掲載図版のキャプションを必ず掲載してください。
  • 資料画像は全図で使用してください。文字を重ねるなど画像の加工・改変はできません。部分使用については事前申請・許諾が必要です。

  • Web上に掲載する場合は、72dpi以下のサイズにしてください。
  • 資料画像の使用は本展の紹介目的に限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 転載、再放送など2次使用をされる場合には、別途申請いただきますようお願いいたします。
  • 基本情報、図版使用の確認のため、校正紙(Web上の場合は掲載URL)でお送りください。
  • 掲載、放送後は必ず、掲載誌(掲載面PDF)、同録テープを、1部お送り願います。

 

1) 錦絵 幼童遊び子をとろ子とろ

戊辰戦争の風刺画としては早期の作で、三代歌川広重の筆になります。新政府側と旧幕側の戦いを、2グループに分かれた子どもたちが、相手側の子どもを捕らえて自分らのグループに加える、「子をとろ子とろ」という遊戯に見立てています。

2) 夏の夜虫合戦

新政府側と旧幕側の戦いを虫たちの戦いに見立てています。伝統的な異類合戦の主題を風刺画にもちいたものですが、虫たちのたくみな擬人化の手法に面白さが見いだせます。

 

3) 当世長つ尻な客しん

江戸城無血開城後、江戸の町に進駐してきた新政府軍の諸藩を、料理茶屋で長居する客に見立てています。箒を逆さに立てて早く帰らせようとしているのは天璋院と和宮。新政府の江戸支配に対する市民の複雑な感情が見て取れます。

4) 〈御酒頂戴〉

明治天皇は、明治元年10月に東京と改めた後の江戸城に入城します。11月4日に、お祝いとして市民に樽酒が振る舞われ、江戸市中はまるでお祭りのような賑わいとなりました。

5) 東京十二景 内桜田

「東京十二景」は明治天皇の東幸の行列を描く12枚組の錦絵揃物で、「内桜田」はかつて大名たちが将軍に拝謁するために登城した内桜田門から天皇の行列が入場する様を描いています。

6) 奥州会津図

日本各地を描いた鳥瞰図で知られる歌川貞秀の筆になります。会津若松城を中心に猪苗代湖周辺の風景を実景感豊かに描きますが、慶応4年8月という出版時期からすると、東北戦争への高い関心が制作の動機となっていたことが推測されます。

※すべて本館蔵

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 総務課
広報サービス室広報係 松澤・髙島

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp