半世紀にわたる歴博の挑戦!正倉院に残された古代の文書を後世へ


画像をクリックするとチラシが見られます

国立歴史民俗博物館では、クラウドファンディングサービス「Readyfor」にて、「正倉院文書」複製製作のための支援募集を開始します。

1300年前の日本最古の紙史料群「正倉院文書」は、東大寺の正倉院に伝えられた、紙史料として世界に類を見ない貴重なものです。この貴重な文化財の保存と国内外での研究や展示に活用していくことを目的として、長期間の展示に耐えられる精巧な複製を国立歴史民俗博物館は35年にわたり製作してきました。現在全約800巻のうち半分の製作が完了しています。しかし、予算縮減により、今のままのペースでは、複製製作完了まであと半世紀以上かかる可能性があります。そこで、一刻でも早く複製をつくり後世へと残していくために、皆様のお力をお借りいたしたく、インターネットで支援金を募ることといたしました。皆様のご支援をなにとぞよろしくお願いいたします。

プロジェクトのページはこちら

プレスリリースはこちら