ファミリープログラム


れきはくでは、家族で楽しめるさまざまなプログラムを用意しています。
事前申し込みが必要なプログラムは、定員がありますので、お早めにお申し込みください。


●参加モニター募集●

立体版れきはくをかこうよ

【協力 大日本印刷株式会社】
毎年、夏休みファミリープログラムにて「れきはくをかこうよ」が開催されています。今年は、その立体版を試験的に実施いたします。「れきはく展示資料を立体にかくことができるの?」と思われた方、大丈夫です。大日本印刷株式会社ご協力のもと、ペーパークラフトを使います。ペーパークラフトを使って土偶を組み立て、展示資料をじっくり観察して自分だけのオリジナル土偶を完成させます。

日程
令和元年10月20日(日)
時間
(1)10:00~12:00 
(2)13:00~15:00
場所
ガイダンスルーム、第1展示室
対象
小学生以上(小学生は保護者同伴)(保護者の入館は有料)
定員
1回につき15名
費用
無料(モニターとしての参加のため)
内容
土偶の解説後、2種類のペーパークラフト土偶から1種類を選び、組み立てます。その後、第1展示室に移動し、展示資料を観察し、その場でクーピーで色を塗り、自分だけのオリジナル土偶を完成します。(クーピーは博物館で用意します)
申込
メールによる事前申込(先着順)
kakoyo@rekihaku.ac.jp
□件名に「立体版れきはくをかこうよ」を明記
□メールに記載する内容:
(1)希望時間 (2)氏名(よみがな) (3)年齢 (4)当日連絡がつく電話番号 (5)【小学生以下のみ】保護者氏名(よみがな)
※返信メールを参加証とします。
※9月17日(火)の正午より受付開始(定員になり次第終了)

●2つの体験スペース●

たいけんれきはく

学習キットを使って,中世の人が食べていた食事をもりつけてみたり,土器パズルを組み立てたりしてみよう。

開室
10:00~閉館(入館は閉館30分前まで)
場所
第6展示室「現代」の前

 

寺子屋「れきはく」

江戸時代の学校「寺子屋」のようすが体験できるコーナー。江戸時代の文字の書き方を学んだり,すごろくで遊んだりしてみよう。

開室
10:00~16:00
場所
第3展示室「近世」の部屋の中

●問題をときながら博物館でお気に入りをみつけよう●

れきはくこどもワークシート
「じっくりみよう」「さがしてみよう」

さがしてみよう
ひとやどうぶつをさがしてみよう
じっくりみよう
展示されている資料をじっくり見ながら、考えてみよう
配布
土曜、日曜、祝日と春休み・夏休み(7/19~8/30)・冬休みの毎日
時間
9:30~閉館(入館は閉館30分前まで)
対象
小学生

ワークシートは受付でお渡しします。


●過去に開催されたイベント●

●展示室でスケッチ●

れきはくをかこうよ作品展

2019年7月28日[日]に開催した「れきはくをかこうよ」の作品展です。


●弥生人に変身●

弥生衣装体験

衣装やアクセサリーを身に付けて写真撮影。

※2018年8月13[月]~8月17日[金]におこなわれた弥生衣装体験の記念撮影(さつえい)に参加された方たち(一部)を是非ご覧ください。

このページのトップへ

「スケジュール」へ戻る