このページの目次
『もの』からみる近世「百貨店と近世の染織」(第3展示室)

『もの』からみる近世「百貨店と近世の染織」(第3展示室)

開催概要

開催期間 2016年10月18日(火)~ 12月18日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館


※画像クリックでチラシが開きます(PDF)

趣旨

展覧会が開催されるのは、博物館や美術館などの専門施設だけではありません。百貨店も主要な場の一つです。近代において、百貨店では、新製品を売り出すにあたり、参考品として歴史的な資料を陳列することが行われました。それは、歴史的な裏付けがあるという価値を新製品に与え、所持することの趣味の良さを訴えかける効果がありました。

本展では、「慶長風俗展覧会」(銀座・松屋呉服店、大正15年)、「近松時代風俗展覧会」(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)、「友禅遺品展覧会」(高麗橋および日本橋・三越呉服店、大正9年)と「友禅斎謝恩碑落成法要」(大正10年)をとりあげ、そこで実際に陳列された近世の染織品を展示します。そして、これらの染織品を百貨店がいかに利用したかを見ていくことにより、文化が発見され消費されるさまを示します。

なお、本展は同時期に開催の企画展示「身体をめぐる商品史」の第Ⅱ章「流行の創出と「伝統」の発見」と連動するものです。

みどころ

  • 近世の染織品とともに、それを参考にして制作された着物の図案を写真パネルで紹介します。近世の染織品をもとに、どのように新たな製品がつくられたかが、具体的に御覧いただけます。
  • 日本の代表的な染色技法である友禅染。「友禅遺品展覧会」と「友禅斎謝恩碑落成法要」は、友禅染の祖師を探求し、「天才の芸術家」として顕彰するものでした。天才にはじまる芸術という、友禅染の「伝統」が意図的に創造されていく過程がわかります。
  • 展示する近世の染織品のほとんどが、国内はもとより海外でも高い評価を得ている野村正治郎(古美術商、1879~1943年)のコレクションです。江戸時代の小袖の優品がまとまって見られる貴重な機会にもなっています。

【展示代表 紹介】

澤田和人(さわだ かずと)

国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 准教授
専門は染織史。服飾史。絵画史(絵巻)。特に、中世を中心とする染織および服飾・衣装風俗に関する研究をしている。1998年に文学修士(大阪大学)を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

主な展示資料

・桜花藤模様小袖(おうかふじもようこそで)(屏風装)(慶長風俗展覧会出陳品)
・藤花舟模様帷子(ふじばなふねもようかたびら)(近松時代風俗展覧会出陳品)
・舟楓千鳥模様小袖(ふねかえでちどりもようこそで)(近松時代風俗展覧会出陳品)
・幔幕桜楓模様振袖(まんまくさくらかえでもようふりそで)(友禅遺品展覧会出陳品)
・松梅鶴模様振袖(まつうめつるもようふりそで)(友禅斎謝恩碑落成法要出陳品)
・藤尾長鳥模様振袖(ふじおながどりもようふりそで)(友禅斎謝恩碑落成法要出陳品)

以上、本館蔵
計約20点(展示替があります)

 

1) 桜花藤模様小袖(おうかふじもようこそで)(屏風装)

江戸時代前期・17世紀
慶長風俗展覧会(銀座・松屋呉服店、大正15年)出陳品

2) 藤花舟模様帷子(ふじばなふねもようかたびら)

江戸時代中期・17~18世紀
近松時代風俗展覧会(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)出陳品

3) 舟楓千鳥模様小袖(ふねかえでちどりもようこそで)

江戸時代中期・18世紀
近松時代風俗展覧会(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)出陳品

4) 幔幕桜楓模様振袖(まんまくさくらかえでもようふりそで)

江戸時代後期・19世紀
友禅遺品展覧会(高麗橋および日本橋・三越呉服店、大正9年)出陳品

5) 松梅鶴模様振袖(まつうめつるもようふりそで)

江戸時代後期・19世紀
友禅斎謝恩碑落成法要(大正10年)出陳品

6) 藤尾長鳥模様振袖(ふじおながどりもようふりそで)

江戸時代中期・18世紀
友禅斎謝恩碑落成法要(大正10年)出陳品

※本展示でギャラリートークは開催しません。