このページの目次
「『延喜式』ってなに!?」(第2展示室)『もの』からみる近世「戦国の兜と旗」(第3展示室)「柳田國男と考古学」(4展示室)

「『延喜式』ってなに!?」(第2展示室)

開催概要

開催期間 2016年8月23日(火)~ 9月19日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第2展示室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

『延喜式』をご存知ですか?10世紀に作られた法制書、古代官人の業務マニュアルです。
そこにはお祭りや宮中で使う物品の原材料、地方から納入される貢納品など、様々な内容が含まれており、さながら「古代の百科全書」ともいえます。

『延喜式』は、全部で50巻からなる大部な内容でもあったため、難しいもの、かたくるしいものの代名詞のように用いられたこともありましたが、一方で、江戸時代以来、古代のことを調べるときには常に参照されてきた資料でもあります。

本展では、人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「古代の百科全書『延喜式』の多分野協働研究」「総合資料学の創成」が今年度より開始されたことをうけ、その研究成果の一端を速報的にご紹介します。

【展示代表 紹介】

小倉 慈司(おぐら しげじ)
(国立歴史民俗博物館 研究部歴史研究系 准教授)

専門は日本古代史および史料学。特に、古代神祇制度の研究、禁裏・公家文庫の研究をしている。1999年に博士(文学)の学位(東京大学)を取得。宮内庁書陵部編修課主任研究官としての経験を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を勤める。

みどころ

安倍晴明の末裔が写した『延喜式』公開!

陰陽道を家職とする土御門家の当主が江戸時代初めに写した『延喜式』を展示します。

小さくなっていく銭貨…『延喜式』から古代のお金をさぐる!

『延喜式』には、すり減った銭についてなど、お金に関することも規定されていました。

『延喜式』に見える“アワビ”の謎にせまる!

バラエティに富んだ加工アワビの名称。果たしてどのようなものだったのでしょうか?

『延喜式』編纂を命じた醍醐天皇はどんな人だったか?彼の人柄を紹介!

『古今和歌集』も編纂させた文化人でしたが、意外にも鷹好きでした。

展示構成

★第2展示室内に、8つの展示ケースを設け、テーマごとに実物資料を展示します。
I『延喜式』とは
『延喜式』の概要や『延喜式』を写し伝えた土御門家について紹介します。
II『延喜式』の諸相
『延喜式』の内容から銭貨や印・アワビに関する規定などいくつかをピックアップして紹介します。
III『延喜式』の時代
『延喜式』と同時代に編纂された『古今和歌集』、また『延喜式』『古今和歌集』の編纂を命じた醍醐天皇について紹介します。
IV『延喜式』と平安貴族
平安貴族は『延喜式』をどのように使っていたかを紹介します。

主な展示資料

・延喜式 土御門(つちみかど)家旧蔵 
・重要文化財 延喜式巻五十 三条西(さんじょうにし)家旧蔵
・大川天顕堂(おおかわてんけんどう)銭貨コレクション 古代銭貨 和同開珎~乾元大宝
・重要文化財 八街(やちまた)市出土銅印
・聆濤閣集古帖(れいとうかくしゅうこちょう) 
・類聚雑要抄(るいじゅざつようしょう)
・上総国安房郡調鰒木簡(かずさのくにあわぐんちょうあわびもっかん) 複製
・古今和歌集(こきんわかしゅう) 高松宮旧蔵
・重要文化財 文集(ぶんしゅう) 古今和歌集真名(まな)序
・大かがみ絵詞(えことば) 高松宮旧蔵
・左経記(さけいき) 高松宮旧蔵

計約30点 ※すべて本館蔵

1) 延喜式 土御門家旧蔵 1617~18年頃書写

10世紀に編纂された法典。全50巻で、官司別にまとめられており、古代官人にとって、業務マニュアルのようなものでした。原本は現存しておらず、後世に写された写本が伝わっています。展示本は江戸時代初めに安倍晴明の末裔である土御門泰重によって書写された写本です。

★Ⅰ章・Ⅱ章にて展示

2) 重要文化財 延喜式巻50 三条西家旧蔵 鎌倉写

『延喜式』巻50の現存最古の写本。全50巻中、最後の巻であり、商売をする人はすり切れて銭文不明な銭貨の受け取り拒否をしてはいけないことなど雑多な内容が規定されています。

★Ⅱ章にて展示

3) 大川天顕堂銭貨コレクション 古代銭貨和同開珎~乾元大宝 708~958年

古代国家によって発行された銅銭。時代がくだるにつれ、原料の不足などもあって径が小さくなるなど、品質が低下していったことが見てとれます。

★Ⅱ章にて展示

4) 重要文化財 千葉県八街市出土銅印「山辺郡印」8世紀

1967年に畑から出土した奈良時代中期の銅印。「山辺郡」とは上総国の山辺郡のことです。印面は4.7センチ四方で、郡を管轄する国の印より小さなサイズで作られています。

★Ⅱ章にて展示

5) 類聚雑要抄 巻1下 江戸写

12世紀中頃の故実書『類聚雑要抄』を江戸時代に立体図として描き直し彩色したものです。饗宴の際の配膳や調度・装飾が指図といわれる見取り図で描かれ、平安時代の貴族の食文化がうかがえます。画像は永久4年(1116)正月に東三条殿で行われた摂関家藤原氏による饗宴の様子です。

★Ⅱ章にて展示

6) 大かがみ絵詞 巻8上 高松宮旧蔵 江戸前期写

平安時代の歴史物語『大鏡』をもとに江戸時代に製作された絵巻物。『延喜式』を編纂させた醍醐天皇についての逸話も記されています。

★Ⅲ章にて展示

関連イベント

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
2016年9月3日(土) 11:00~11:30 三上 喜孝 (当館研究部)
2016年9月4日(日) 13:30~14:00 仁藤 敦史 (当館研究部歴史研究系)
2016年9月10日(土) 11:00~11:30 小倉 慈司 (当館研究部歴史研究系)
2016年9月11日(日) 13:30~14:00 清武 雄二 (当館研究部)
2016年9月17日(土) 11:00~11:30 小倉 慈司 (当館研究部歴史研究系)
仁藤 敦史 (当館研究部歴史研究系)
三上 喜孝 (当館研究部)
清武 雄二 (当館研究部)

※開始時間までに第2展示室にお集りください。

 

『もの』からみる近世「戦国の兜と旗」(第3展示室)

開催概要

開催期間 2016年8月9日(火)~ 9月19日(月・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
国立大学法人 東京大学史料編纂所

趣旨

戦国時代末期、日本における戦いの装いは大きく変化しました。兜は、奇抜な形に仕立て、個性的な飾り付けた「変わり兜」が発達しました。また、鎧の背中には、「指物」と言われる旗や飾りを付けるようになりました。おそらく、大規模な集団戦が行われるようになり、活躍を認められるためには戦場で個人の存在を際立たせることが必要になったこと、そして、「カブキ」と呼ばれるような、常識破りの派手な行動や装いをすることが流行した世相が反映していると思われます。

このほど、戦国時代の旗指物として著名な「落合左平次道次背旗(おちあいさへいじみちつぐせばた)」が修理を終えたのを機会に、この旗と当館所蔵の変わり兜類を併せて展示します。

東京大学史料編纂所の所蔵する「落合左平次道次背旗」は、掛軸の形にされていましたが、このほど修理されて裏面も見られるようになり、合わせて科学的な調査も行われました。修理後の旗のお披露目と、調査成果の公開を兼ねて、当館での展示のはこびとなりました。

変わり兜については、当館にはその例として知られるものが十点ほどあります。兎の耳の形をしたもの、大きなムカデの飾りが付いたもの、植物や抽象的な形の物など、斬新なデザインに驚かされます。

そんな兜と旗から、戦国の世相に思いを馳せていただければ幸いです。

「落合左平次背旗」について

「落合左平次道次背旗」は、甲斐の戦国大名武田勝頼と織田信長・徳川家康が戦った「長篠の戦い」にまつわるもので、武田軍に包囲された徳川方の奥平氏が守る長篠城から脱出して、援軍が来ることを確認した鳥居強右衛門(とりいすねえもん)という武士を描いたとされます。強右衛門は帰路に捕えられた際、味方に援軍が来ることを伝えたため、磔にされました。その姿を見て感動した落合左平次道次という武士が、描かせて自分の旗指物にしたのがこの旗です。掛け軸の形にされていましたが、このほど修理されて裏面も見られるようになり、合わせて科学的な調査も行われました。旗と共に、調査結果もパネルで展示します。(旗の実物の展示は8月21日(日)まで。その後は複製品になります。)

みどころ

1. 修理後 初お披露目!「落合左平次道次背旗」歴博で公開

戦国時代を象徴する資料として名高いあの旗が、修理を終えてついに公開。「裏」を見られるのは、これが初めてです。

2. 意表を突くかぶり物のデザイン ―「変わり兜」のいろいろ

兎の耳、ムカデ、蝶々・・・ひたすら目立つことを追求した異形の兜を、十点ほど展示します。

主な展示資料

<旗>
・落合左平次道次背旗(おちあいさへいじみちつぐせばた)(東京大学史料編纂所蔵)※8月9日(火)~ 21日(日)のみ
・落合左平次道次背旗複製(国立歴史民俗博物館蔵) ※原本の展示期間以外
<変わり兜>
・銀箔押張懸兎耳形兜(ぎんぱくおしはりかけうさぎみみなりかぶと)(国立歴史民俗博物館蔵)
・二葉葵張懸兜(ふたばあおいはりかけかぶと)(国立歴史民俗博物館蔵)
・鉄一枚張南蛮鎖兜(てついちまいばりなんばんくさりかぶと)(国立歴史民俗博物館蔵)
・鉄六枚張桃形前付臥蝶兜(てつろくまいばりももなりまえつきふせちょうかぶと)(国立歴史民俗博物館蔵)
・鉄三枚張峯界形張懸兜(てつさんまいばりほうかいなりはりかけかぶと)(国立歴史民俗博物館蔵)
・鉄八枚張椎形眼鏡付兜(てつはちまいばりしいなりめがねつきかぶと)(国立歴史民俗博物館蔵)
<その他>
・紺糸素掛威二枚胴具足(こんいとすがけおどしにまいどうぐそく)(国立歴史民俗博物館蔵)
・錦絵「甲陽二十四将之一個(こうようにじゅうししょうのひとり) 小山田備中守昌辰(おやまだびっちゅうのかみまさたつ)」(国立歴史民俗博物館蔵)

など約20点

1) 落合道次背旗(おちあいさへいじみちつぐせばた)(表)東京大学史料編纂所蔵
修理後の展示は本展が初めてです。
※展示期間は8月9日~ 21日

2) 落合道次背旗(裏)東京大学史料編纂所蔵
修理により見られるようになった裏面を公開します。
3) 銀箔押張懸兎耳形兜(ぎんぱくおしはりかけうさぎみみなりかぶと)
国立歴史民俗博物館蔵

4) 二葉葵張懸兜(ふたばあおいはりかけかぶと)

国立歴史民俗博物館蔵

5) 鉄一枚張南蛮鎖兜(てついちまいばりなんばんくさりかぶと)
国立歴史民俗博物館蔵
6) 鉄六枚張桃形前付臥蝶兜(てつろくまいばりももなりまえつきふせちょうかぶと)
国立歴史民俗博物館蔵

7) 鉄三枚張峯界形張懸兜(てつさんまいばりほうかいなりはりかけかぶと)

国立歴史民俗博物館蔵

8) 鉄八枚張椎形眼鏡付兜(てつはちまいばりしいなりめがねつきかぶと)
国立歴史民俗博物館蔵
9) 紺糸素掛威二枚胴具足(こんいとすがけおどしにまいどうぐそく)
国立歴史民俗博物館蔵
10) 錦絵「甲陽二十四将之一個(こうようにじゅうししょうのひとり) 小山田備中守昌辰(おやまだびっちゅうのかみまさたつ)」
国立歴史民俗博物館蔵

関連イベント

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
2016年8月20日(土) 11:00~11:20
金子 拓 (東京大学史料編纂所)
小島 道裕 (当館歴史研究系)
13:00~13:20

※開始時間までに第3展示室副室にお集りください。

 

「柳田國男と考古学-柳田考古遺物コレクションからわかること-」
(第4展示室)

開催概要

開催期間 2016年4月12日(火)~2016年10月10日(月祝)
会場 国立歴史民俗博物館 総合展示 第4展示室副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円/中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間

~9月:9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
10月~:9時30分~16時30分 (入館は16時00分まで)

休館日

月曜 (休日の場合は翌日を休館日とします)
※5月2日(月)、8月15日(月)は開館します

主催 国立歴史民俗博物館

趣旨

昭和初期、柳田國男は、私たち日本人の生活の歴史的変遷を独特の方法で明らかにする民俗学を確立しました。柳田の主張する民俗学は、同時代の人々の生活に息づく伝承を素材とするものでした。つまり、古文書を資料とする歴史学や、出土遺物を資料とする考古学の方法論的限界を鋭く指摘することで、民俗学が誕生したのです。

このような経緯から、これまで柳田は歴史学嫌い、考古学嫌いとみなされてきました。しかし、民俗学を生み出した柳田の考え方の背景に、歴史学や考古学に対する広い関心と深い理解とが横たわっていたことを無視することはできません。特集展示「柳田國男と考古学―柳田考古遺物コレクションからわかること―」では、初公開となる「柳田國男旧蔵考古資料」をとおして、柳田と考古学との関係を考えます。

当館が所蔵するコレクション「柳田國男旧蔵考古資料」は、柳田のご子息為正氏が世田谷区成城にある中の原書店に寄贈したものを、2004年に収蔵したものです。当館では2011~2013年度にかけて共同研究「柳田國男収集考古資料の研究」(研究代表者 設楽博己)を実施して資料の詳細な調査を行ない、遺物の種類や収集地、収集年代などが明らかとなりました。さらに、柳田の考古学に対する関心の移り変わりについても、民俗学、考古学双方の視点から学史的な研究が行なわれました。

本展では、こうした共同研究の成果を一般の来館者のみなさまにご紹介し、民俗学や考古学に対する関心をより一層高めてもらいたいと思います。

【展示代表 紹介】

松田 睦彦(まつだ むつひこ)
所属:国立歴史民俗博物館 研究部 民俗研究系 准教授
専門分野:生業および生業にともなう信仰・儀礼・人の移動に関する研究

みどころ

  • 柳田國男が明治後期にサハリンなどで収集した考古資料67点を初公開!
  • 先住民族の生き残りとしての山人の存在を主張した柳田國男が、その関心を平地に住む人びとに向け、新たに民俗学という学問が形成されていく過程を、柳田宛の南方熊楠の書簡『南方来書』や『椎葉山根元記』(いずれも成城大学民俗学研究所蔵)といった資料から明らかにします。
  • 柳田國男が民俗学を形成していく過程では考古学や人類学が批判の対象となりました。明治から昭和初期にかけて、考古学や形質人類学が様々な議論を経ながら独自の手法を獲得する過程を、伊川津貝塚有髯土偶や大洞貝塚出土縄文土器(東京大学総合研究博物館蔵)といった資料をとおして検証するとともに、柳田國男が考古学から離れていった背景を探ります。

主な展示資料

・柳田國男旧蔵考古資料(本館蔵)
  打製石斧10点(サハリン・ソロイヨフカ、伊那下川路などのラベル付)
  柳田國男の名刺箱とそれに入った石器・化石類14点
  明治39年東京日々新聞とそれに包まれた石器4点

・柳田為正旧蔵考古資料(本館蔵)
  為正の注記ラベル付きの縄文土器一括26点

・伊川津貝塚出土 有髯土偶1点(東京大学総合研究博物館蔵)

・大洞貝塚出土 縄文土器3点(東京大学総合研究博物館蔵)

・『南方来書』(成城大学民俗学研究所蔵)

など約200点

 

柳田國男(明治41年頃)
(成城大学民俗学研究所提供)
「柳田」と書かれた名刺箱に入っていた石器や化石
(国立歴史民俗博物館蔵)

柳田國男『明治三十九年樺太紀行』に出てくる
「ソロイヨフカ」の注記がある石斧 
(国立歴史民俗博物館蔵)

柳田國男が北海道・サハリン旅行の際に 収集したかと
思われるオホーツク文化の十和田式土器
(国立歴史民俗博物館蔵)

 

南方来書 
(成城大学民俗学研究所蔵)

 

関連イベント

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
2016年5月15日(日) 13:30~14:00 山田 康弘 (当館考古研究系)
2016年5月28日(土) 11:00~11:30 設楽 博己 (東京大学大学院)
2016年6月11日(土) 11:00~11:30 松田 睦彦 (当館民俗研究系)
2016年6月26日(日) 13:30~14:00 工藤 雄一郎 (当館考古研究系)

※開始時間までに第4展示室副室にお集りください。