このページの目次
開催概要趣旨関連の催し

開催概要

日本の中世文書―機能と形と国際比較―
開催期間2018年10月16日(火)~ 12月9日(日)
開催期間 2018年10月16日(火)~ 12月9日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金

一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体 

※総合展示もあわせてご覧になれます。 
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。

開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります) 
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
後援 日本古文書学会

趣旨

中世の古文書は、見て面白いものです。書式、名前の書き方、印の押し方、紙の大きさや種類、そういったことに重要な意味があります。日本の中世、およそ平安時代後期から安土桃山時代にかけては、政治や社会のあり方が大きく変わり続け、それに応じて文書の形も変化していきました。

本展では、館蔵資料を中心とする約260点の古文書によって、日本の「文書史」をたどると共に、東アジアの他の国々の文書と比べることで、日本の文書の特徴も考えます。歴史上有名な人物の文書も多数。日本の文書の成り立ちが分かる、「見て楽しむ古文書展」です。

足利尊氏下文 本館蔵

展示構成

【プロローグ】口頭伝達と文書

「文書以前」の口頭伝達の世界と文書の関係を、読み上げられるための文書から考えます。

【第1章】古代の文書

律令国家の文書や、古代から存在した書状様式の個人の文書を紹介します。これらが中世以降の文書に引き継がれていきました。

【第2章】中世の文書へ

国の官僚機構が出した公文書は、公印のない「下文(くだしぶみ)」などに変容して、様々な組織が用いました。一方で「綸旨(りんじ)」などの書状様式の文書が公文書化していきました。

【第3章】武家文書の様式

武家の文書も下文系統の文書と書状系統の文書から成り、次第に後者が中心になっていきました。様々な様式について図解を交えて解説します。

【第4章】契約と社会集団

土地売券などの中世の契約文書は、私文書でありながら、律令文書の様式を受け継いでいます。集団としての一揆や寺院の文書、公家の家に伝えられた資料群(改元関係など)も紹介します。

【第5章】書状と印判状

戦国大名の出した文書は、ほとんどが書状様式です。ハンコの押された印判状(いんぱんじょう)も多くは書状様式ですが、アジア的な公文書を意識したものも存在します。

【第6章】外交の文書とアジアの文書

日本の文書を相対化して考えるために、中国、韓国、琉球、ベトナム、イランの文書を紹介し、また国家間の外交で用いられた文書の様式について考えます。複製やパネルが中心ですが、重要文化財などの実物資料も展示します。

【エピローグ】近現代に受け継がれた文書の形

近代に入ると、「王政復古」を掲げた明治政府は再び印のある公文書を発行します。今日に受け継がれた文書様式のあり方を考えます。

ギャラリートーク

展示期間中、展示プロジェクト委員によるギャラリートークを開催します。
※詳細が決まり次第お知らせいたします。

歴博フォーラム(一般向けのシンポジウム)

「日本の中世文書」

開催日時 10月27日(土)13:00~16:30
講師 小倉慈司・田中大喜・佐藤雄基・横内裕人・金子拓
会場 国立歴史民俗博物館 講堂(定員260名)
備考 要事前申込

詳細はこちら

国際シンポジウム

「東アジアの古文書と日本の古文書-形と機能の比較-」

開催日時 11月17日(土)9:30~17:15
会場 国立歴史民俗博物館 講堂(定員260名)
備考 要事前申込

歴博講演会

※事前申込不要

第410回「太上天皇の『詔勅』」

開催日時 10月13日(土)13:00~15:00
講師 仁藤 敦史(本館 歴史研究系 教授)
会場 国立歴史民俗博物館 講堂(定員260名)

第411回「日本の中世文書を考える」

開催日時 11月10日(土)13:00~15:00
講師 小島道裕(本館 歴史研究系 教授)
会場 国立歴史民俗博物館 講堂(定員260名)

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。