館内の教員と館外の研究者が共同研究などの成果を踏まえて合同で行う催しで、講演会形式もしくはシンポジウム形式をとります。

聴講料は無料ですが、聴講には事前に申込みが必要です。申し込みは開催日の2ヶ月前から前々日まで受け付け、定員に達した時点で締め切ります。先着順となります。(申込開始日は都合により前後する場合がありますのでご了承ください)


このページの目次
第105回「URUSHIふしぎ物語―人と漆の12000年史―」第106回「年号と日本文化」第107回「戦後社会運動のなかの『1968年』」

第105回「URUSHIふしぎ物語―人と漆の12000年史―」

開催要項

日程 2017年8月5日(土)
時間 13時00分~16時30分
場所 歴博講堂
定員 260名(先着順)※定員満了によりお申し込みは終了しました
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館

開催趣旨

共同研究「学際的研究による漆文化史の新構築」(2013~2015年度)の成果にもとづき、縄文時代から現代にわたる日本列島の漆文化に関する最新の研究状況を報告するとともに、7月11日(火)~9月3日(日)に開催中の企画展示に対するより深い理解をうながすことを目的とします。

プログラム(内容は変更される場合があります)

13:00〜13:10 開会の挨拶 久留島 浩(本館館長)
13:10〜13:35 報告1 能城 修一(明治大学)
「植物としてのウルシとその利用」
13:35~14:00 報告2 四柳 嘉章(石川県輪島漆芸美術館館長)
「中世の漆器生産と流通」
14:00~14:25 報告3 小池 淳一(本館研究部民俗研究系)
「うるしの伝承」
14:25〜14:45 休憩
14:45~15:10 報告4 竹内 奈美子(東京国立博物館)                             
「漆器の領分―婚礼調度の世界 」
15:10~15:35 報告5 北野 信彦(龍谷大学)                             
「桃山文化期における東南アジア産輸入漆の調達と使用」
15:35~16:00 報告6 日高 薫(本館研究部情報資料研究系)                             
「海を渡った漆器」
16:00~16:30 質疑応答

総合司会 工藤雄一郎(本館研究部考古研究系)

※内容や講師は都合により変更することがあります。予めご了承ください。

 

第106回「年号と日本文化」

開催要項

日程 2017年9月16日(土)
時間 13時00分~16時00分
場所 歴博講堂
定員 260名(先着順)
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館

開催趣旨

年、月、日、曜日、時、分、秒……「時」にはさまざまな区分があり、私たちはそれらを使い分けながら生活しています。日本は、今なお「年号」という区分を設けて使っている唯一の国です。フォーラムでは、このことが持つ文化的な意義について考えてみたいと思います。なお、本企画は、特集展示「朝廷と年号」および国際シンポジウム「年号と東アジアの思想と文化」の関連事業でもあります。

プログラム(内容は変更される場合があります)

13:00〜13:05 開会挨拶 久留島 浩(本館館長)
13:05〜13:10 趣旨説明 水上 雅晴(中央大学/本館客員)
13:10~14:10

基調報告 所 功(京都産業大学)
「漢字文化史上の日本年号」

14:10~14:20 休憩
14:20〜14:50

各論報告1 石 立善(上海師範大学哲学与法政学院)
「中国の年号と予言」

14:50~15:20

各論報告2 福島 金治(愛知学院大学)
「鎌倉幕府の『延慶』改元・改暦への関与」

15:20~15:45

各論報告3 水上 雅晴
「難陳―朝廷における改元議論の実態」

15:45~16:00 質疑応答・まとめ 大川 真(中央大学)

総合司会 大川 真

※内容や講師は都合により変更することがあります。予めご了承ください。

お申し込み方法

第106回歴博フォーラムお申し込みフォーム
下記のリンク先のお申し込みフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。
お申し込みフォームはこちら

往復ハガキ:「9月16日 第106回歴博フォーラム 参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、下記宛先までお申し込み下さい。(料金不足のハガキでお申し込みの場合、受付はできませんのでご注意ください)※2017年6月1日より郵便料金改定により往復ハガキの価格が124円になっておりますのでご注意ください。
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係

※定員に達した時点で締め切ります。

 

第107回「戦後社会運動のなかの『1968年』」

開催要項

日程 2017年10月21日(土)
時間 10時30分~16時00分
場所 歴博講堂
定員 260名(先着順)
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館
備考 申込受付開始は8月22日(火)を予定しています

開催趣旨

平成29年度本館企画展示「『1968年』—無数の問いの噴出の時代」が対象とする個々の社会運動(ベ平連を中心とするベトナム反戦運動、熊本水俣病闘争、三里塚闘争、横浜新貨物線建設反対闘争など)に即した問題提起、および企画展示ではエピローグで扱う沖縄闘争の報告を特に取り入れ、1968年の社会運動の特質と歴史的意義、およびその限界(問題点)を全体として議論する。

学生運動を含む「1968年」像については、討論の中で問題提起の場を作り、歴博講演会の主題につなげる。


お問い合わせ先

国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係
TEL 043-486-0123 (代)


これまでのフォーラムはこちら