このページの目次
WEBギャラリーについて屏風絵図絵巻絵画古文書拓本おことわり

WEBギャラリーについて

博物館収蔵の資料をHP上で気軽にご覧頂けます。画質を優先にしておりますので、表示に時間がかかることもございますが、予めご了承ください。

  1. 〔高精細画像Flash版〕は、資料を高精細画像でご覧いただけます。〔高精細画像Flash版〕と〔説明入り画像Flash版〕の閲覧にはFlash Player が必要となります。Flash Playerに関する情報はこちらをご覧下さい。
  2. 〔高精細画像Flash版〕および〔説明入り画像Flash版〕がご覧になれない場合は、〔高精細画像順次拡大版〕をご覧下さい。
  3. 〔電子企画展版〕は、館蔵品から興味深い資料やテーマを選び、教員の独自の切り口で紹介するページです。

屏風

洛中洛外図屏風(歴博甲本) 【重要文化財】 [16世紀前期]

現存最古の洛中洛外図屏風です

〔eラーニング版〕について
洛中洛外図屏風歴博甲本(重要文化財)を、当館の小島道裕教授(歴史研究系)が画像を見ながら読み解いていきます。現在の京都の地図をチェックしながら見ると、屏風との対比がしやすくなります。閲覧にはFlash Player が必要となります。Flash Playerに関する情報はこちらをご覧下さい。
※この教材は総合研究大学院大学 (SOKENDAI) の特別教育研究経費(広い視野を有する博士育成のためのテーラーメイド教育システムの構築事業)の支援を受けて制作しています。

洛中洛外図屏風(歴博乙本) 【重要文化財】 [16世紀後期]

初期洛中洛外図屏風のひとつです

洛中洛外図屏風(歴博C本) [江戸時代前期]

寛永二条城行幸を描く片隻のみが残ります

洛中洛外図屏風(歴博D本) [江戸時代前期]

祇園会の祭礼行列や遊楽の場面が目を引きます

洛中洛外図屏風(歴博E本) [江戸時代中期]

名所案内記『京童』の挿絵を使った異色作です

洛中洛外図屏風(歴博F本) [江戸時代中期]

装飾的な絵画となった洛中洛外図屏風です

東山名所図屏風 [16世紀後期]

清水寺を中心に東山と市街の一部を描いたものです。風俗描写も豊かです。

京都名所図屏風 [江戸時代後期]

[松川龍椿作] 京都の東西の名所だけを描いた屏風です

江戸図屏風

江戸城登城風景図屏風

絵図

額田寺伽藍並条里図 【国宝】

花洛一覧図 [文化5年(1808)]

[横山崋山画] 京都の全景を西山上空から描いた版本です

京都一覧図 [元治元年(1864)]

[歌川貞秀画] 京都の全景を西からパノラマ風に描いた版本です

絵画

「マリア十五玄義図(浦上天主堂旧蔵)」を撮影したガラス乾板9点

【解説】
「マリア十五玄義図」は、聖母マリアとイエス・キリストの物語を十五の絵で表した絵画で、カトリック教徒がロザリオ(数珠)を手繰りながら唱える十五の祈りに対応している。日本でもキリシタンの間で用いられ、現大阪府茨木市に伝わった二点と、現長崎市の外海(そとめ)地方に伝わった浦上天主堂本の三点が知られている。  浦上天主堂本は戦災によって焼失し、西村貞『日本初期洋画の研究』(全国書房、1945年1月)に写真が掲載されているものの、その写真原版も大阪大空襲で失われたと考えられていた。しかし、2011年に、浦上天主堂本の部分写真9枚を含む西村貞の著作に使われたガラス乾板の所在が公になり、本館が一括して収蔵することとなった。今回公開した写真は、キャビネ判のガラス乾板(ネガ)をデジタル化してポジに反転させたもので、個々の画像の全体の中の位置については、下図に示した。

おことわり

著作権表示でもお断りしているとおり、Webギャラリーで掲載している館蔵資料の写真を、法律で認められた範囲をこえ、当館に無断で複製あるいは改変して使用することはお止め下さい。資料写真の学術利用や刊行物掲載については、「資料写真の使用申請」をご覧になるか、本館博物館事業課資料係へお問い合わせ下さい。

国立歴史民俗博物館 博物館事業課資料係

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
Tel:043-486-6482 Fax:043-486-4210
E-mail daityo@ml.rekihaku.ac.jp

このカテゴリの他のページを見る
時代・場所等、描かれた内容での分類