このページの目次
研究者紹介 職歴 研究・調査活動

研究者紹介

職名 教授
役職又は所属 研究部
学位 博士(文学)(東京大学、2001年)
専門分野 日本古代史
所属学会 木簡学会、史学会、日本史研究会、正倉院文書研究会、東北史学会、韓国木簡学会ほか
学歴 東京大学文学部国史学専修課程卒業【1992年】
東京大学大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻課程【1998年単位取得退学】
主要研究課題 東アジア文字文化交流史、古代地域社会史、貨幣史
メールアドレス mikami※rekihaku.ac.jp(※を@に変えてください)

職歴

2000年4月 山形県立米沢女子短期大学講師(2002年3月まで)
2002年9月 山形大学人文学部助教授(2007年4月から准教授)
2014年4月 国立歴史民俗博物館准教授
2017年11月 国立歴史民俗博物館教授

研究・調査活動

2014年度

著書・論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳等)
【単著】
  • 『落書きに歴史をよむ』232頁、吉川弘文館,2014年4月
論文・研究ノート・書評
【論文】
  • 三上喜孝「東北の墨書土器と地域社会」(『講座東北の歴史 第二巻 都市と村』pp.120-143、清文堂,2014年10月)
  • 三上喜孝「古代の生産と流通」(『岩波講座日本歴史4 古代4』pp.119-143、岩波書店,2015年1月)
  • 三上喜孝「古代地方社会における儀礼・饗宴と記録簡-「折敷」を転用した木簡をめぐって-」(『国史学』215,pp.1-26、2015年2月)
  • 三上喜孝「境界世界の仏法-四天王法の広まりと四天王寺の変容」(『仏教文明と世俗秩序』pp.359-385、勉誠出版,2015年3月)
  • 三上喜孝「城山山城出土新羅木簡の性格-日本古代の城柵経営との比較から-」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第194集,pp.27-39、2015年3月)(査読付き)
【書評】
  • 三上喜孝「阿部浩一・福島大学うつくしまふくしま未来支援センター編『ふくしま再生と歴史文化遺産』」(『歴史と地理 日本史の研究』245,pp.44-47、2014年6月)
調査・発掘調査報告書、自治体史・史料集等、辞典項目
【調査・発掘調査報告書】
  • 三上喜孝「日本出土古代木簡 地方における儀礼と木簡」(韓国木簡学会『木簡と文字』12,pp.109-115、2014年6月)
展示・資料図録,目録,フォーラム刊行記録
【展示・資料図録】
  • 「カミホトケへの祈り」「カミホトケへの誓い」「書物の伝来」(『文字がつなぐ 古代の朝鮮半島と日本列島』平成26年度歴博企画展図録,pp.124-125、pp.134-134、pp.144-145、2014年10月)
学会・外部研究会発表要旨
  • 「古代日本文字文化の周辺世界-九九算木簡と画指の検討を中心に-」第1回慶北大史学科BK21プラス事業団 国際学術大会「文字,記録,そして記憶の伝送」2014年6月13日~14日,於:韓国国立慶北大学
  • 「古代地方社会における儀礼・饗宴と記録簡」平成26年度国史学会大会,2014年6月22日,於:國學院大學
  • 「古代における境界意識・対敵意識と仏教信仰」第25回出雲古代史研究会,2014年7月26日,於:島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館
その他(歴史系総合誌『歴博』、友の会ニュース、新聞署名原稿等)
【歴史系総合誌『歴博』】
  • 「研究者紹介・「東アジア」と「地域社会」の歴史を行ったり来たり」(『歴博』186,pp.26-27、2014年9月)
【友の会ニュース】
  • 「落書きの歌がつなぐ,過去と現在」(『国立歴史民俗博物館友の会ニュース』176,pp.3-3,2014年12月)

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 共同研究「古代の百科全書『延喜式』の総合書物学研究」(研究代表者:小倉慈司)研究副代表者(2014~2017年度)
外部資金による研究
  • 基盤研究(C)「東アジア古代・中世における境界意識と仏教信仰の研究」研究代表者(2014年度~2016年度)
  • 基盤研究(A)「古代における文字文化形成過程の総合的研究」(研究代表者:平川南)研究分担者(2010~2014年度)
国際交流事業
  • 三上喜孝「帳簿文書をめぐる古代日本と古代朝鮮~慶州・仏国寺重修文書の紹介を中心に~」人間文化研究機構連携研究「正倉院文書の高度情報化研究」正倉院文書国際シンポジウム,2014年11月2日,於:国立歴史民俗博物館
主な展示・資料公開実績
  • 国際企画展示 文字がつなぐ 古代の日本列島と朝鮮半島」(2014年度開催)展示プロジェクト委員
教育(大学非常勤講師,大学院セミナー担当,学位審査の主査・副査・委員,博物館活動など
【教育】
  • 愛知大学非常勤講師
  • 山形大学非常勤講師
館外における各種委員
  • 福島県立博物館展示収集委員
  • 原町市史編さん専門研究委員
  • 山形古文書伝承事業実行委員白河舟田・本沼遺跡群及び白河官衙遺跡群保存管理計画策定委員会委員
講演・カルチャーセンター等
【講演】
  • 「出土文字資料が語る古代庄内地域の交流史」平成26年度鶴岡市市民大学講座「歴史から学ぶ -交わる人々とその時代」第1講,2014年5月31日,於:鶴岡市中央公民館大視聴覚室
  • 「仏堂墨書の世界」平成26年度文化財建造物修理主任技術者講習会(普通コース前期)2014年8月28日,於:東京国立博物館
  • 「古代出羽国の移民について」シンポジウム「1200年前の長井」2014年9月6日,於:置賜生涯学習プラザ
  • 「文字がつなぐ古代東アジアの宗教と呪術」歴博フォーラム「古代東アジアの文字文化交流」,2014年11月1日
  • 「仙台市・鍛治屋敷A遺跡出土刻書砥石にみる古代東北の文字文化」文化財展関連講演会「文字資料から探る古代仙台」,2014年11月16日,於:仙台メディアテーク
  • 「墨書土器と古代地域社会研究 -東北地方の墨書土器を素材として-」平成26年度 第1回福島県遺跡調査部職員研修会,2015年1月22日,於:福島県文化センター視聴覚室
  • 「古代の貨幣史をたどる」横浜市栄区・古代史セミナー,2015年3月19日,神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)
【カルチャーセンター等】
  • 「古代東アジアをつなぐ文字文化」朝日カルチャーセンター千葉,2014年10月18日

2013年度

著書・論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳等)
【単著】
  • 三上喜孝『日本古代の文字と地方社会』335頁、吉川弘文館、2013年
論文・研究ノート・書評
【論文】
  • 三上喜孝「広開土王碑石灰拓本の「来歴」」古瀬奈津子編『広開土王拓本の新研究』同成社、2013年7月、107ー119頁
  • 三上喜孝「古代日本における九九算の受容と特質 -九九算木簡を手がかりに-」『萬葉集研究』34、221-249頁、2013年10月
  • 三上喜孝「中近世における砂糖の容器と贈答 -山形県・亀ヶ崎城跡出土木簡「さたう一斤」から発して-」伊藤清郎編『最上氏と出羽の歴史』高志書院、2014年2月
調査・発掘調査報告書、自治体史・史料集等、辞典項目
【調査・発掘調査報告書】
  • 三上喜孝「日本出土の古代木簡 -正倉院伝世木簡-」『木簡と文字』10、韓国木簡学会、2013年6月、285-290頁
展示・資料図録,目録,フォーラム刊行記録
【フォーラム刊行記録】
  • 三上喜孝「古代地方社会と文字文化 学ぶ・記録する・信仰する」国立歴史民俗博物館・平川南編『古代日本と古代朝鮮の文字文化交流』大修館書店、2014年3月、72-94頁
学会・外部研究会発表要旨
  • 三上喜孝「古代の境界世界における対敵と仏法」科研費基盤研究(A)「文明移動としての『仏教』からみた東アジアの差異と共生の研究」(研究代表者:新川登亀男)シンポジウム「対敵と仏法」2013年9月28日、於早稲田大学小野記念講堂
主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)
外部資金による研究
  • 基盤研究(A)「古代における文字文化形成過程の総合的研究」(研究代表者:平川南)研究分担者(2010~2014年度)

  • 基盤研究(C)「古代・中世の朝鮮半島における貨幣流通の様相と東アジア世界」研究代表者(2011~2013年度)

2012年度

著書・論文等

論文・研究ノート・書評
  • 三上喜孝「山形大学小白川図書館所蔵「物部守屋大連之碑」拓本について」『山形大学歴史・地理・人類学論集』14、2013年3月
  • 三上喜孝「横手市手取清水遺跡出土木簡の再検討」『秋田考古学』56、2012年12月、61-65頁。
学会・外部研究会発表要旨
  • 三上喜孝「出羽から考える越後、越後から考える出羽 ―再考・国司分割統治システム」第40回古代史サマーセミナー全体会、2012年8月24日、於新潟市万代市民会館
  • 三上喜孝「古代地方社会と文字文化」歴博国際シンポジウム「古代日本と古代朝鮮の文字文化交流」2012年12月15日(土)、於イイノホール
  • 三上喜孝「古代日本における繊維製品の生産と流通 -文字資料を手がかりに」山梨県考古学協会2012年度研究集会「紡織の考古学 -紡ぐ・織る・縫う―」2013年1月26日(土)~27日(日) 於山梨県笛吹市・帝京大学山梨文化財研究所

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な科研・共同研究等参加状況
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)2011~2013年度「古代・中世の朝鮮半島における貨幣流通の様相と東アジア世界」(課題番号23520786)研究代表者
  • 基盤研究「古代における文字文化形成過程の総合的研究」(代表・小倉慈司)共同研究員
学会・外部研究会発表
  • 三上喜孝「出羽から考える越後、越後から考える出羽 ―再考・国司分割統治システム」第40回古代史サマーセミナー全体会、2012年8月24日、於新潟市万代市民会館
  • 三上喜孝「古代地方社会と文字文化」歴博国際シンポジウム「古代日本と古代朝鮮の文字文化交流」2012年12月15日(土)、於イイノホール
  • 三上喜孝「古代日本における繊維製品の生産と流通 -文字資料を手がかりに」山梨県考古学協会2012年度研究集会「紡織の考古学 -紡ぐ・織る・縫う―」2013年1月26日(土)~27日(日) 於山梨県笛吹市・帝京大学山梨文化財研究所
講演・カルチャーセンター等
  • 朝日カルチャーセンター新宿「古代日本と古代朝鮮の文字文化交流」第5回「古代地方社会に広がる漢字文化」(2012年6月30日)
  • 秋田県立湯沢高等学校出張講義「足もとはワンダーランド~埋もれた資料から歴史をさぐる~」2012年9月12日
  • 平成24年度山形大学小白川図書館公開講座「石に刻まれた日本の歴史」第1回「物部守屋はなぜ顕彰されたか-山形市千歳山の「物部守屋大連之碑」拓本」「芭蕉がみた「つぼのいしぶみ ―「多賀城碑」拓本」10月6日(土)、第2回「東アジアの中の広開土王碑 ―「高句麗広開土王碑」拓本」、ならびに特別展示「石に刻まれた日本の歴史 ~山形大学小白川図書館所蔵・石碑拓本の世界~」担当(10月15日(月)~20日(土))

2011年度

著書・論文等

論文・研究ノート・書評
  • 三上喜孝「心経会とカンジョウ坂 -中近世武家社会の習俗-」『村山民俗』25、2011年6月
  • 三上喜孝「石に刻んだ「筆の跡」-仏堂落書き歌とその広まり-」『羽陽文化』156、2011年3月
  • 三上喜孝「石背郡地域における墨書土器の意義について」福島県須賀川市教育委員会『須賀川市文化財調査報告書第60集 栄町遺跡 -陸奥国岩瀬郡衙の発掘調査報告-』2012年3月
その他(歴史系総合誌『歴博』、友の会ニュース、新聞署名原稿等)
  • 金相勲 「韓国人の起源に関する中高生の意識と『国史』教科書との関係」『山形大学歴史・地理・人類学論集』の解説執筆(2012年3月)

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な科研・共同研究等参加状況
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)2011~2013年度「古代・中世の朝鮮半島における貨幣流通の様相と東アジア世界」(課題番号23520786)研究代表者
  • 基盤研究「古代における文字文化形成過程の総合的研究」(代表・小倉慈司)共同研究員
学会・外部研究会発表
  • 三上喜孝「『龍王』銘木簡と古代東アジア世界-韓日出土木簡研究の新展開-」韓国国立中央博物館特別展「文字、それ以後」記念シンポジウム2011年10月14日

社会活動等

講演・カルチャーセンター等
  • 山形考古学研究発表会(於山形市遊学館)講演題「仏堂墨書の世界-県内資料を中心に-」(2012年2月5日)
  • いいで地域史学習会〔第3講座〕(於飯豊町民総合センター「あーす」研修室)講演題「飯豊町・天養寺観音堂の落書きが語るもの」(2012年2月4日)
  • 朝日カルチャーセンター千葉「古代日本・文字の来た道」第5回「古代地方社会に広がる漢字文化」(2011年12月.10日)
  • 第28回山形県民俗研究協議会総会(於山形県立博物館講堂)講演題「仏堂墨書と巻数-飯豊町中観音の墨書によせて-」(2011年11月12日)
  • 平成23年度村山民俗学会総会(於霞城セントラル23階山形市民活動支援センター)講演題「石に刻んだ「筆の跡」~上宝沢・王子権現の万年堂によせて~」(2011.6.25)
  • 平成23年度 山形県高等学校社会科教育研究会村山支部大会(於山形県立天童高等学校)講演題「災害・疫病・戦乱の世紀-9世紀の東北地方からみた平安時代-」(2011.5.18)

2010年度

著書・論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳等)
  • 『Jr.日本の歴史2 都と地方のくらし 奈良時代から平安時代』小学館(共著/三上喜孝・藤森健太郎)、2010年11月、301頁。
論文・研究ノート・書評
  • 三上喜孝「日本出土古代木簡 -近年出土の木簡-」(韓国語)『木簡と文字』第5号、2010年6月、韓国木簡学会

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な科研・共同研究等参加状況
  • 基盤研究「古代における文字文化形成過程の総合的研究」(代表・小倉慈司)共同研究員
学会・外部研究会発表
  • 三上喜孝「古代日本の境界意識とその変遷-北方地域を中心に-」山形大学歴史・地理・人類学会第12回大会(於山形大学人文学部)2010年6月19日
  • 三上喜孝「日本古代地方社会における論語の受容 -習書木簡の検討を中心に-日本古代の文字と言語」成均館大学東アジア学術院 国際会議「『論語』と東アジア -地下の『論語』・紙上の『論語』2010年8月26~27日。

社会活動等

講演・カルチャーセンター等
  • 2010年度山形大学人文学部公開講座「海を渡ったJapanese」講演題「「日本」の船出 ~古代「日本」と東アジア世界の交流~」2010年6月7日 於山形大学
  • 岩手県立盛岡第三高等学校緑丘プレ講座にて「『日本』の誕生 ~『日本史』 はいつからはじまるのか~」と題して出張講義を行う(2010年10月13日)
  • 國學院大學栃木高等学校にて「出土文字資料からみた日本の歴史」と題して出張講義を行う (2010年10月30日)。