このページの目次
研究者紹介 職歴 研究調査活動

研究者紹介

職名 准教授
役職又は所属 民俗研究系
学位 学術博士(京都大学人間環境学研究科)【2003年取得】
専門分野 文化人類学/民俗学
所属学会 文化人類学会 日本民俗学会、口承文芸学会、京都民俗学会
学歴 大阪大学文学部【1992年3月卒業】
京都大学人間・環境学研究科大学院(修士)【1994年3月修了】
京都大学人間・環境学研究科大学院(博士)【1999年3月単位取得退学】
主要研究課題 口頭伝承の近代的展開、祭礼芸能の実践と習得過程の探求、メディアによる民俗文化の再表象過程、現代日本のサブカルチャーと伝統文化など

職歴

2002年10月 神戸学院大学人文学部地域研究センターP.D.F.(~2005年3月)
2005年4月 札幌大学文化学部日本語・日本文化学科助(准)教授(〜2009年3月)
2009年4月 札幌大学文化学部文化学科 教授(〜2012年3月)
2012年4月 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部 准教授

研究調査活動

※最新の研究調査活動についてはこちらをご覧ください

人間文化研究機構研究者データベース

researchmap

2016年度

著書・論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳等)
【編著】
  • 『気仙沼尾形家(大家)の年中行事─尾形栄一日記を中心に─』川村清志・葉山 茂(共編),国立歴史民俗博物館,2017年3月
  • 『日本と世界のくらし どこが同じ?どこがちがう? 教科書に出てくる「くらしの中の和と洋」 食』野林厚志,川村清志,小池淳一,森 明子,関野 樹他(共編著)汐文社,2017年2月
論文・研究ノート・書評
【論文】
  • 「ニセモノとミセモノ」『月刊みんぱく』40-9,国立民族学博物館,pp.8-9, 2016年9月
展示・資料図録,目録,フォーラム刊行記録
【展示・資料図録】
  • 『明日に向かって曳け─石川県輪島市皆月山王祭の現在』民俗研究映像DVD(102分)
  • 「近代スポーツの拡大と商品化」,企画展図録『図録 身体をめぐる商品史』,国立歴史民俗博物館,p.182,2016年11月
  • 「解説 特集展示 大見世物博覧会」,総合誌『歴博』201,p.31,2017年3月
学会・外部研究会発表要旨
  • Contemporary folk beliefs regarding articles washed ashore(yorimono)and visiting deities(raihōshin)in Noto peninsula in north-central Japan, Sea Religion in Japan An International Conference at UC Santa Barbara(カリフォルニア大学サンタバーバラ校), 2016年6月13-15日
その他(歴史系総合誌『歴博』、友の会ニュース、新聞署名原稿等)
【新聞署名原稿等】
  • 「祭りが/を育む子どもたち~祭りのフィールドワークから」,『定年時代』,新聞編集センター,2016年6月15日

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 基盤研究「海の生産と信仰・儀礼をめぐる文化体系の日韓比較研究」(研究代表者:松田睦彦),研究分担者(2015年度~2017年度)
  • 国立民族学博物館「宇宙開発に関する文化人類学からの接近」(研究代表者:岡田浩樹)分担研究者,(2015-2018年度)
  • 機構「地域における歴史文化研究拠点の構築」(研究代表者:小池淳一),研究副代表(2016年度~2018年度)
  • 機構「日本列島における地域文化の再発見とその表象システムの構築」(研究代表者:日高真吾),研究分担者(2016年度~2018年度)
主な展示・資料公開実績
  • 『身体をめぐる商品史』(2016年開催)展示プロジェクト委員
  • 『1968年』(2017年度開催予定)展示プロジェクト委員
  • 『見世物大博覧会』(2016年度開催)展示プロジェクト代表
  • 『見世物大博覧会 現代編』(2017年度開催予定)展示プロジェクト代表
  • 『おみやげからみる旅と観光の現代(仮称)』(2018年度開催予定)展示プロジェクト代表
講演・カルチャーセンター等
【講演】
  • 「民俗研究映像フォーラム「明日に向かって曳け」」東京大学 2016年7月2日
  • 「歴博アンコール上映会「明日に向かって曳け」」国立歴史民俗博物館 2016年10月1日
  • 「歴博アンコール上映会「明日に向かって曳け」」鹿児島大学 2016年12月17日
  • 「播州明石・大蔵谷の獅子舞」佛教大学宗教文化ミュージアム第33回シアター公演,2016年11月5日
  • 「歴博フォーラム「酉年の鳥」「民俗(族)芸能の鳥」」,国立歴史民俗博物館,2017年1月21日

2015年度

著書・論文等

論文・研究ノート・書評
【論文】
  • 「移動する身体と故郷の物語の行方──移動によって見いだされた故郷と移動のなかで変容する故郷」(『歴博研究報告[共同研究] 人の移動とその動態に関する民俗学的研究』199集,pp.143-170,2015年12月)
【研究ノート】
  • 「「文化財レスキュー」という桎梏─宮城県気仙沼市の現場から」(『東北学』07,pp.123-145,2016年2月,東北芸術工科大学東北文化研究センター編)
展示・資料図録,目録,フォーラム刊行記録
【展示・資料図録】
  • 「『菊と刀』における菊」『図録 伝統の古典菊』,p.69,2015年10月
  • 「万年筆の「秘密」─あるいはサブカルチャーのなかの万年筆」『図録 万年筆の生活誌─筆記の近代』,p.184,2016年3月
学会・外部研究会発表要旨
  • 「文化財レスキューと生活文化の再編成」,第57回日本民俗学会年会(関西学院大学),2015年10月11日発表
その他(歴史系総合誌『歴博』、友の会ニュース、新聞署名原稿等)
【歴史系総合誌『歴博』】
  • 「祭りの終わる日,あるいは民俗文化と民俗学の行方」(『歴博』191,16-19,2015年7月)
【新聞署名原稿等】
  • 総研大リーフレット「災害の遺構は保存されるべきか!?─奥尻・阪神淡路・中越,そして東日本─」『歴史研究の最前線18 メディアリテラシーを育む』pp.36-79,2016年3月

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 基幹研究「東日本大震災被災地域における生活文化研究の復興と博物館型研究統合」(研究代表者:川村清志),(2012~2015年度)
  • 基盤研究「保護地域制度が周辺地域の生業変化や資源化に及ぼす影響─持続可能な地域発展における規制のあり方─」(研究代表者:柴崎茂光)研究分担者,(2013~2015年度)
  • 基盤研究「研究資源としての民俗研究映像の制作と活用に関する研究」(研究代表者:内田順子),研究分担者(2013~2015年度)
  • 基盤研究「海の生産と信仰・儀礼をめぐる文化体系の日韓比較研究」(研究代表者:松田睦彦),研究分担者(2015~2017年度)
外部資金による研究
  • 挑戦的萌芽研究「宇宙開発に関する文化人類学的アプローチの検討」(研究代表:岡田浩樹)研究協力者(2013~2014年)
  • 挑戦的萌芽研究「被災地域のネットワーク化と持続的な文化的支援の可能性」(研究代表)(2014-2015年)
主な展示・資料公開実績
  • 『身体をめぐる商品史』(2016年開催予定)展示プロジェクト委員
  • 『1968年』(2017年度開催)展示プロジェクト委員
  • 『見世物大博覧会』(2016年秋,国立民族学博物館開催予定,2019年冬,国立歴史民俗博物館にて特別展示で開催予定)展示プロジェクト委員
館外における各種委員
  • 2015年度「メディア芸術アーカイブ推進支援事業」審査委員,文化庁
講演・カルチャーセンター等
【講演】
  • 「災害の遺構は保存されるべきか─奥尻・阪神淡路・中越,そして東日本─」,北海道博物館・国立歴史民俗博物館共同講演会,北海道札幌市北海道博物館,2015年7月26日
  • 「気仙沼の「文化財」を眠らせない~レスキューから保存・活用のための試み」,『第2回けせんぬま学講座』宮城県気仙沼市,2016年1月22日
  • 「現代の"おみやげ"と民俗文化」,歴博友の会,国立歴史民俗博物館,2016年2月25日

2014年度

著書・論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳等)
【共著】
  • 小池淳一・川村清志(共著)「文化財レスキューと生活文化の再創造─気仙沼小々汐オオイの事例から」(木部暢子編『災害に学ぶ─文化資源の保全と再生』pp.145−174,勉誠出版,2015年3月)
論文・研究ノート・書評
【論文】
  • 「民俗文化の「保存」と「活用」の動態─祭りと民俗芸能を事例として─」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第193集,pp.113−152,2015年2月)(査読有)
  • 「商品化される「民俗文化」─「現代の観光とおみやげ」から─」(国立歴史民俗博物館+重信幸彦・小池淳一編『民俗表象の現在─博物館型研究統合の視座から』pp.33-76,岩田書院,2015年3月)
【研究ノート】
  • 「『機動戦士ガンダム』スタディーズ─研究の射程と課題(二)」(『比較日本文化研究』17,pp.123-145,2014年12月)(査読有)
学会・外部研究会発表要旨
  • "The imagination for "reality" of space in Japanese animations", a panelist of 'Challenges of space anthropology' International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, IUAES, 15 May, 2014, 開催地千葉市美浜区
その他(歴史系総合誌『歴博』、友の会ニュース、新聞署名原稿等)
【歴史系総合誌『歴博』】
  • 「マンガと聖地巡礼─「かんなぎ」の聖地,宮城県七ヶ浜町から」(歴史系総合誌『歴博』188,pp.9,2015 年1月)

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 基幹研究「東日本大震災被災地域における生活文化研究の復興と博物館型研究統合」(研究代表者:川村清志),研究分担者(2012〜2015年度)
  • 基盤研究「保護地域制度が周辺地域の生業変化や資源化に及ぼす影響─持続可能な地域発展における規制のあり方─」(研究代表者:柴崎茂光)(2013〜2015年度)
  • 基盤研究「研究資源としての民俗研究映像の制作と活用に関する研究」(研究代表者:内田順子),研究分担者(2013〜2015年度)
  • 機構連携研究「大規模災害と広域博物館連携に関する総合的研究」(研究代表者:小池淳一)研究分担者(2012〜2014年度)
外部資金による研究
  • 挑戦的萌芽研究「宇宙開発に関する文化人類学的アプローチの検討」(研究代表:岡田浩樹)研究協力者(2013〜2014年度)
  • 挑戦的萌芽研究「被災地域のネットワーク化と持続的な文化的支援の可能性」(研究代表)(2014−2015年度)
主な展示・資料公開実績
  • 平成25年度第4展示室特集展示─人間文化研究機構連携展示「東日本大震災と気仙沼の生活文化」展示プロジェクト委員,3月19日〜9月23日
  • 総合展示第4室 大テーマ「現代の観光とおみやげ」展示プロジェクト委員

2008~2013年度

著書,論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳など)
単著
  • 『クリスチャン女性の生活史─「琴」が歩んだ日本の近・現代』青弓社,292頁,2011年1月
論文・研究ノート・書評
論文
  • 「琴:近代日本クリスチャン女性の生活史(二)」(『比較文化論叢:札幌大学文化学部紀要(越野武教授 清水隆教授 進藤賢一教授 定年退職記念号)』21 pp.53-97,2008年4月)
  • 「琴:近代日本クリスチャン女性の生活史(三)」(『比較文化論叢:札幌大学文化学部紀要』22 pp.93-119,2008年11月)
  • 「都市民俗学からフォークロリズムへ─その共通点と切断面」(小池淳一編『民俗学的想像力』pp.60-83,せりか書房,2009年3月)
  • 「民俗芸能への参入と習得─兵庫県明石市大蔵谷獅子舞の事例から」(後藤静夫編『日本伝統音楽研究センター研究報告5「近代日本における音楽・芸能の再検討」』pp.187-199,京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター,2010年3月)
  • 「民俗芸能の習得と実演における言葉と身体,そして意識についての断章」(『人間文化』(27),pp.28-32(27)28-32,2010年7月)
  • 「祭りの習得と実践:子どもによる準備過程を中心に(『比較文化論叢:札幌大学文化学部紀要』25 pp.7-54,2010年12月)
  • 「近代における民謡の成立─富山県五箇山地方「こきりこ」を中心に」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第165集,pp.175-204,2011年3月)(査読有)
  • 「ネットのなかのフェティシズム」(大浦康介/他『共同研究 ポルノグラフィー』,pp.321-354,平凡社,2011年4月)
  • 「ガンプラ,我らが世代のフェティシズム」(『比較文化論叢:札幌大学文化学部紀要』26,pp.15-43,2011年7月)
  • 「ふたつの"ハガレン":アニメ「鋼の錬金術師」にみる物語の相補的構造」(『札幌大学総合論叢』32,pp.pp.131-162,2011年10月)
  • 「景観・ひと・法(1):民俗学と民法からのアプローチ」(共著/上机美穂)(『札幌大学総合論叢』33,pp.115-143,2012年3月)
  • 「近代に創造された民謡とメディアの位相─五箇山地方のお小夜節を中心として」(後藤静夫編『日本伝統音楽研究センター研究報告8「近代日本における音楽・芸能の再検討II」』pp.99-111,京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター,2012年4月)
  • 「近代に生まれた「民謡の里」─富山県五箇山地方」『地域開発と文化資源(歴博フォーラム民俗展示の新構築)』pp.67-90,岩田書院,2013年3月
  • 「警鐘と鎮魂─「記念碑」に込められた「知恵」の所在」(葉山茂,川村清志,加藤秀雄,小池淳一編『東日本大震災と気仙沼の生活文化:図録と活動報告』,pp.72-77 2013年3月)
  • 「『機動戦士ガンダム』スタディーズ─研究の射程と課題(一)」(『比較日本文化研究』16,pp.110-129,2013年12月)
  • 「アニメ聖地巡礼者たちの被災地支援─宮城県七ヶ浜町花渕浜の事例から─」(『無形民俗文化財が被災するということ─東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌』兼城糸絵・川村清志(共著)pp.121-131,新泉社,2014年1月)
  • 「ガンプラというフェティシズム」(共著/田中雅一他)『越境するモノ(フェティシズム研究 第2巻)』pp.449-472,京都大学学術出版会,2014年3月)
書評
  • 「書評 日本口承文芸学会編『シリーズ ことばの世界』全四巻」(口承文藝研究(32)pp.158-165,2009年3月)
  • 「書評 野村典彦著『鉄道と旅する身体の近代』」(『口承文藝研究』(36),pp.173-186,2013年3月)
調査・発掘調査報告書,自治体史・史料集,辞典項目など
調査・発掘調査報告書
  • 「七ヶ浜町吉田浜・花渕浜地区」(共著/兼城糸絵)(『東日本大震災に伴う被災した民俗文化財調査 2011 年度報告集』pp.125-133,2012年3月)
  • 「七ヶ浜町吉田浜・花渕浜地区」(共著/兼城糸絵)(『東日本大震災に伴う被災した民俗文化財調査 2012 年度報告集』pp.117-125,2013年9月)
展示図録・資料図録・映像・データベース・フォーラム刊行記録など
  • 「東日本大震災と気仙沼の生活文化」(葉山茂・川村清志・加藤秀雄・小池淳一編著『東日本大震災と気仙沼の生活文化:図録と活動報告』平成25年度第4展示室特集展示─人間文化研究機構連携展示,pp.89,国立歴史民俗博物館,2013年)
学会・外部研究会発表要旨
  • "The Development of Disaster Monument in North East Japan(震災モニュメントの行方)",Japanese Studies Association of Australia 『Cities,Nature & Landscapes:From Nara to the Networked City』,8th,Jul 12th,Jul. 2013,開催都市名キャンベラ,国名オーストラリア
その他(歴史系総合誌,友の会ニュース,新聞署名原稿等)
  • 「青森県平川市新山ねぷたの復活と継承」(共著/福士絢香)(『比較日本文化研究』15,pp.107-128 2012年9月)
  • 「特集について:フィールドワーク実習の意義─教育と研究への双方向的展開にむけて」(『比較日本文化研究』16,pp.7-16,2013年12月)
  • 「土産物の民俗文化」(歴史系総合誌『歴博』176,pp.6-7,2013年1月)

主な研究教育活動(共同研究,調査,展示,教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 基幹研究「東日本大震災被災地域における生活文化研究の復興と博物館型研究統合」(研究代表者:川村清志)
  • 機構連携研究「大規模災害と広域博物館連携に関する総合的研究」(研究代表者:小池淳一),研究分担者
外部資金による研究
  • 挑戦的萌芽研究「宇宙開発に関する文化人類学的アプローチの検討」(研究代表,岡田浩樹)研究協力者
主な展示・資料活動・DBなど
  • 平成25年度第4展示室特集展示─人間文化研究機構連携展示「東日本大震災と気仙沼の生活文化」展示プロジェクト委員,3月19日~9月23日
  • 総合展示第4室 大テーマ「現代の観光とおみやげ」展示プロジェクト委員