本館研究部の坂本教授と若木准教授が、それぞれ日本文化財科学会第40回大会ポスター賞を受賞しました

2023年10月21・22日、なら歴史芸術文化村(天理市)で開催された日本文化財科学会第40回大会において、本館の教員2名のポスター発表が「ポスター賞」を受賞しました。

この賞は、大会のポスターセッションで優れた研究成果を発表し、日本文化財科学会が主旨とする文化財科学研究を深め、学界に寄与する者に対し、学会賞選考委員の選考により授与されるものです。

受賞対象となった発表は以下の通りです。

Rb-Sr同位体系分析による緑色凝灰岩材の産地推定の可能性(若木重行、山田琴子、松木武彦、齋藤努)

人骨の年代測定とゲノム解析によるヤボネシア人の諸相(坂本稔、瀧上舞、藤尾慎一郎、篠田謙一)

詳細はこちら