当館研究部の後藤真准教授が「科学技術への顕著な貢献2021(ナイスステップな研究者)」に選ばれました

当館研究部の後藤真准教授が「人文学の研究を可視化し未来につなぐデジタル・ヒューマニティーズの開拓」を行ったとして、「科学技術への顕著な貢献2021(ナイスステップな研究者)」に選ばれました。

これは文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、科学技術イノベーションの様々な分野において活躍し、日本に元気を与えてくれる研究者を「ナイスステップな研究者」として10名選定したものです。

後藤准教授は、当館の「総合資料学の創成」事業において中心的役割を果たしています。

科学技術・学術政策研究所「科学技術への顕著な貢献2021(ナイスステップな研究者)」の選定について(文部科学省)
「科学技術への顕著な貢献2021(ナイスステップな研究者)」の選定について(科学技術・学術政策研究所)
ナイスステップな研究者(科学技術・学術政策研究所)
後藤真准教授