国立歴史民俗博物館共同研究「総合資料学の創成と日本歴史文化に関する研究資源の共同利用基盤構築」平成30年度全体集会

日時 2019年3月4日(月)10:00-18:00(開場 9:30)
会場 山形大学小白川キャンパス人文社会科学部1号館103教室(山形市小白川町1丁目4-12)
主催 国立歴史民俗博物館、山形大学附属博物館
備考 参加申込は下記のページよりお願いいたします。
https://www.metaresource.jp/meeting201903/
※定員100名。会場の都合により事前受付を実施します。

趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます
国立歴史民俗博物館では現在、「総合資料学の構築」を目指して研究を進めています。「総合資料学」とは、多様な「モノ」資料を時代・地域・分野等によって分類し、分野を超えた視点から統合的に分析することで、高度な共同利用・共同研究へと結びつける新たな学問です。
本全体集会では、今年度の成果報告を行うとともに、山形大学附属博物館との協定にもとづき、総合資料学と地域の歴史文化資料の保全と活用に関わる連携について多方面から検討し、次年度以降の事業への橋渡しとしたいと思います。

プログラム

10:00~ 開会挨拶 西谷 大(国立歴史民俗博物館 副館長)
第1部 活動報告
10:10~ 「総合資料学とは」 後藤 真(国立歴史民俗博物館)
10:30~ 活動報告1「地域連携・教育ユニットおよび歴史資料保全NW事業」
天野真志(国立歴史民俗博物館)
10:50~ コメント 川内淳史(東北大学)
11:00~ 活動報告2「異分野連携ユニット」 渋谷綾子(国立歴史民俗博物館)
11:20~ コメント 尾上陽介(東京大学史料編纂所)
11:30~ 活動報告3「人文情報ユニット」 後藤 真(国立歴史民俗博物館)
11:50~ コメント 原正一郎(京都大学)
第2部 講演・研究報告・成果報告
13:00~ 講演 三上喜孝(国立歴史民俗博物館)「大学所蔵資料と総合資料学」
13:45~ 研究報告 岡田義広(九州大学)「Linked Dataに基づく対話型Web 3D教材の開発」
大学との連携研究(奨励研究)の成果
14:05~ 成果報告1 佐賀大学 伊藤昭弘(佐賀大学)
14:25~ 成果報告2 神戸大学 藤田裕嗣(神戸大学)
15:00~ 成果報告3 鹿児島大学 深瀬浩三(鹿児島大学)
15:20~ 成果報告4 山形大学 佐藤琴(山形大学)
第3部 全体討論
15:50~ 全体コメント 奥村弘(神戸大学)
16:00~ 全体討論 「総合資料学、今後の3年間に向けて」 
司会:小倉慈司(国立歴史民俗博物館)
17:10~ 閉会挨拶 新宮学(山形大学附属博物館 館長)
17:20~ 山形大学附属博物館見学

お問い合わせ

国立歴史民俗博物館メタ資料学研究センター
E-Mail: meta-shiryo@rekihaku.ac.jp