地域連携イベント「学術野営2020 in 奥州市」(オンライン開催)

国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成」事業(代表:後藤真)は、合同会社AMANEと共同で「学術野営」を開催します。当館が地域資料継承支援に関する覚書を締結した岩手県奥州市と連携しながら、新型コロナウイルスの影響を鑑み、発表・議論・巡見をオンラインにて行います。

開催要項 開催日時:2020年7月11日(土) 13:00 ~ 18:00
          12日(日) 10:00 ~ 17:00
開催場所:オンライン(Google Meetを利用)
対象:自ら議論に参加する意志のある方(所属等による制限はありません)
主催:合同会社AMANE、国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成」事業
共催:奥州市教育委員会、えさし郷土文化館、大学共同利用機関法人人間文化研究機構、
   科研・挑戦的研究(萌芽)18K18525、基盤研究(B)20H01382
後援:科研・特別推進研究19H05457

開催趣旨

「学術野営」は、地域に存在する資料の保存・伝承・利活用に関わる専門家が交流し、その物理的な継承・情報公開及び共有・社会での利活用など、多面的かつ学際的な議論を展開する集会です。

今回は、地域資料をめぐる事例として岩手県奥州市の状況に焦点をあてるとともに、地震などの大規模自然災害(有時)および過疎化・人口減少(平時)双方を原因とした資料消失について、その現状や対策を一体的に議論することを試みます。さらに、新型コロナウイルスの世界的な流行による地域資料継承への影響や今後の展望についても、参加者全員で考えます。

なお、12日のオンライン巡検は、人の移動が制限(自粛)されている状況下での博物館施設の展示解説の手法を実験するもので、全国に先駆ける試みです。

プログラム(内容は変更される場合があります)

7月11日(土)

13:00~13:30 開催挨拶・趣旨説明
堀井洋(合同会社AMANE)・後藤真(国立歴史民俗博物館)
発  表
13:30~14:00 奥州市所在の史資料に関する現状と課題
高橋和孝(奥州市教育委員会)
14:00~14:10 休憩
14:10~15:30 新型コロナウイルス流行後の社会における資料保存・活用について
司会:川邊咲子(国立歴史民俗博物館)
15:30~15:40 休憩
議  論
15:40~18:00 【壱ノ座】「災害を超えて資料を「喪失」より救う -大規模自然災害と地域資料の保全・活用-」
   座主:川内淳史(東北大学災害科学国際研究所)
【弐ノ座】「縮退化するコミュニティ、失われゆく資料」
   座主:山内利秋(九州保健福祉大学)
【参ノ座】「ミュージアム起点のものづくり -好奇心と学びをデザインする-」
   座主:原嶋亮輔(Root Design Office)
18:00〜19:00 休憩
19:00〜 総合討論(飲食可)

※各発表・議論の要旨はこちら(合同会社AMANE)の通りです。

7月12日(日)

オンライン巡検
10:00~12:00 (1)奥州市牛の博物館
http://www.isop.ne.jp/atrui/mhaku.html
12:00~13:00 休憩
13:00~15:00 (2)後藤新平記念館
http://www.city.oshu.iwate.jp/shinpei/
15:00~17:00 (3)えさし郷土文化館
https://www.esashi-iwate.gr.jp/bunka/

お申し込み方法

本イベントは、当館の通常のイベントとは異なる運営方法にて実施します。
参加をご希望の方は、まず「学術野営の参加者に向けて(外部サイト)」をご確認ください。

「学術野営の参加者に向けて」の趣旨にご賛同いただけましたら、こちらのwebフォーム(外部サイト)よりお申し込みください。ご登録いただいたご連絡先に、追って当日の参加方法等をお知らせいたします。

※ご不明点等は下記までお問い合わせください。
info@amane-project.jp(合同会社AMANE 問合せ窓口)