国境を越える『延喜式』
Exploring the Importance of Engi shiki (the Protocol of the Engi Era) on a Global Level

開催概要

開催日時:2021年12月18日(土) 9:00 ~ 12:20
    :2021年12月19日(日) 9:00 ~ 13:00
開催場所:国立歴史民俗博物館(オンライン開催)      
参加費:無料
定員:50名(要事前申込み。先着順)締切12/10 (金)
対象:研究者、学生
使用言語:日本語および英語
主催:国立歴史民俗博物館
共催:人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「総合書物学」国立歴史民俗博物館ユニット「古代の百科全書『延喜式』の多分野協働研究」
科研費(基盤研究B)「格・式研究を踏まえた日本古代社会像の再構築」(代表:小倉慈司): JSPS20H01318

開催趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます

日本史だけでなく学際的研究にも使われてきた『延喜式』は、国境を越え幅広いニーズに応えうる可能性を持っている。この国際研究会では、その『延喜式』の魅力をどう引き出せるかについて、英語圏の教育研究者・大学院生と共に検討する。報告トピックには、以下のような例が挙げられる。
- アメリカの大学における歴史授業(学部講義、院ゼミ)
- 『延喜式』のポテンシャルを探る—グローバル・レベルでの研究成果共有を通して
- 翻訳の際に直面した問題やそれに対する解決案

これらの報告を通して、『延喜式』英訳の重要性やその際に遭遇した問題を共有するとともに、その解決法について議論し、新たな研究課題や活用法に向けて意見交換をおこなう。討論を通じ、国境を越える学術的ネットワークの拡大も目指す。

 

プログラム

第一日目

12/18 (土) 日本(12/17 [Fri] USA)
JST: 日本時間/ PST:西海岸時間/ EST:東海岸時間

 
時間
Time
報告テーマや内容
Titles and Contents
JST: 9:00-9:10
PST:16:00-16:10
EST:19:00-19:10
開会のあいさつ・趣旨説明・報告者紹介等
小倉慈司 (国立歴史民俗博物館教授)
JST: 9:10-9:40
PST:16:10-16:40
EST:19:10-19:40
報告1
外国史としての日本史—アメリカ合衆国における学位取得と教育
河合佐知子 (国立歴史民俗博物館特任助教)
JST: 9:40-10:20
PST:16:40-17:20
EST:19:40-20:20
報告2
アメリカの大学でどう日本法律史を教えるか—律令及び『延喜式』を中心に
ジョーン・ピジョー (南カリフォルニア大学教授)
JST:10:20-10:30
PST:17:20-17:30
EST:20:20-20:30
休憩
JST:10:30-11:20
PST:17:30-18:20
EST:20:30-21:20
質疑応答(報告1・2)
JST:11:20-11:45
PST:18:20-18:45
EST:21:20-21:45
報告3
『延喜式』英訳から「告文」について考える
山口えり(広島市立大学国際学研究科・国際学部准教授)

JST:11:45-12:05
PST:18:45-19:05
EST:21:45-22:05
質疑応答(報告3)
JST:12:05-12:20
PST:19:05-19:20
EST:22:05-22:20
まとめ

 

第二日目

12/19 (日) 日本(12/18 [Sat] USA)

 
時間
Time
報告テーマや内容
Titles and Contents
JST: 9:00-9:10
PST:16:00-16:10
EST:19:00-19:10
日程確認・報告者紹介等
河合佐知子
JST: 9:10-9:35
PST:16:10-16:35
EST:19:10-19:35
報告4
世界食文化史研究における『延喜式』の意義
エミリー・ウォーレン(南カリフォルニア大学院歴史学科PhDキャンディデイト)
JST: 9:35-9:55
PST:16:35-16:55
EST:19:35-19:55
質疑応答(報告4)
JST: 9:55-10:20
PST:16:55-17:20
EST:19:55-20:20
報告5
『延喜式』にみえる朝堂政務の形跡-考選文申送手続きを事例として
古田一史 (東京大学大学院人文社会系研究科博士課程)
JST:10:20-10:40
PST:17:20-17:40
EST:20:20-20:40
質疑応答(報告6)
JST:10:40-10:50
PST:17:40-17:50
EST:20:40-20:50
休憩
JST: 10:50-11:15
PST: 17:50-18:15
EST: 20:50-21:15
報告6
海外における教材としての『延喜式』-巻37「典薬寮」を中心に
アレッサンドロ・ポレット(京都大学文学研究科日本学術振興会外国人特別研究員)
JST:11:15-11:35
PST:18:15-18:35
EST:21:15-21:35
質疑応答(報告6)
JST:11:35-12:00
PST:18:35-19:00
EST:21:35-22:00
報告7
『延喜式』からみた古代中世移行期の日本における天皇の変質
井上正望(国立歴史民俗博物館科研費支援研究員)
JST:12:00-12:20
PST:19:00-19:20
EST:22:00-22:20
質疑応答(報告7)
JST:12:20-12:50
PST:19:20-19:50
EST:22:20-22:50
最終討論
JST:12:50-13:00
PST:19:50-20:00
EST:22:50-23:00
閉会のあいさつ
ブルース・バートン(アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター所長)

 

各報告および対応する質疑応答の司会
報告1報告者:河合)及び報告2(報告者:ピジョー)司会:エミリー・ウォーレン(南カリフォルニア大学院歴史学科 PhD candidate)
報告3(報告者:山口)司会:河合佐知子(国立歴史民俗博物館 特任助教・人文知コミュニケーター)
報告4(報告者:ウォーレン)司会:山口えり(広島市立大学国際学研究科・国際学部 准教授)
報告5(報告者:古田)司会:山口えり
報告6(報告者:ポレット)司会:河合佐知子
報告7(報告者:井上)司会:アレッサンドロ・ポレット(京都大学文学研究科 日本学術振興会外国人特別研究員)
総合司会:河合佐知子

お申し込み方法

参加をご希望の方は以下よりお申し込みください。
https://bit.ly/3kSSHKL

申込締切:12月10日(金)

 

 

Exhibiting “Japan” Overseas 
海外で《日本》を展示すること:海外のコンテクストと日本のコンテクスト

開催概要 名称:Exhibiting “Japan” Overseas 
   海外で《日本》を展示すること:海外のコンテクストと日本のコンテクスト
開催日時:2021年3月29日(月)
     日本時間 17:30 ~ 19:30 スイス時間 10:30~12:30
開催場所:国立歴史民俗博物館(オンライン開催)
参加費:無料
定員:100名(要事前申込、先着順)
対象:研究者、学生、一般
使用言語:日本語
主催:国立歴史民俗博物館、チューリッヒ大学東洋美術史研究室
   

開催趣旨

日本の研究者は、海外に所在する日本関係資料を、日本における成立背景の中でとらえる傾向にあります。いわば、日本の失われた遺産として、在外資料を回収することを主眼としています。しかし、在外資料は運ばれた先でも新たな意義を築いています。

このたびのオンライン・シンポジウムでは、そうした日本とはまた異なる海外における在外資料の役割という視点から、報告を行います。加えて、現在のコロナ禍に対応すべく、リモート調査の試みについて、事例研究を紹介します。

プログラム

17:30~17:40 開会の挨拶
17:40~18:05 ハンス・ビャーネ・トムセン(チューリッヒ大学)
「西洋における日本美術とその展示」
18:05~18:30 福岡万里子(国立歴史民俗博物館)
「万延元(1860)年遣米使節団が見せたかった「日本」」
18:30~18:45 久留島浩(国立歴史民俗博物館)

コメント

18:45~19:10 チューリッヒ大学東アジア美術史学科および チューリッヒ工科大学グラフィックコレクション
「リモート資料調査の試み」
19:10~19:25 後藤真(国立歴史民俗博物館)
コメント
19:25~19:30 閉会の挨拶
司会 澤田和人(国立歴史民俗博物館)

※都合により、プログラムの一部を変更することがあります。