歴博国際研究集会「アート・歴史分野における国際的な標準語彙(ボキャブラリ)の活用 ――Getty Vocabulary Programの活動と日本」

開催概要

名称:アート・歴史分野における国際的な標準語彙(ボキャブラリ)の活用
 ――Getty Vocabulary Programの活動と日本
日時:2018年6月16日(土) 13:00 ~ 17:15
場所:国立歴史民俗博物館 講堂
対象:研究者、学生、専門家(要事前申込)
使用言語:日本語、英語(同時通訳あり)
主催:国立歴史民俗博物館メタ資料学研究センター
共催:アート・ドキュメンテーション学会

スケジュール

13:00 開会挨拶 林部 均(国立歴史民俗博物館副館長)

13:10 趣旨説明 後藤 真(国立歴史民俗博物館)

13:20 講演1 ジョナサン・ワード(Jonathan Ward)
 米国ゲティ研究所 Getty Vocabulary Program シニアエディター
 The Getty Vocabularies: Access to Art History through Multilingual Thesauri
 (ゲティ語彙集:多言語シソーラス(分類語彙)を通じた美術史への接近)

14:00 講演2 ソフィー・チェン(Sophy Chen)
 (台湾中央研究院 歴史言語研究所 助研究員)
 台湾におけるゲティボキャブラリー翻訳の現状(仮)

14:40 休憩

15:00 話題提供 日本におけるシソーラス・語彙集に関する情報蓄積または情報源について
 ・ 橘川英規(東京文化財研究所)「日本美術人名情報」
 ・ 関野 樹(総合地球環境学研究所)「歴史地名情報」
 ・ 茂原 暢(渋沢栄一記念財団)「企業史分野の事例」
 ・ 本間 友(慶應義塾大学)「現代美術分野の事例」
 ・ 嘉村哲郎(東京藝術大学)「Linked Open Dataの事例」

15:50 パネルディスカッション
 進行:後藤 真
 登壇:ジョナサン・ワード、ソフィー・チェン、橘川英規、嘉村哲郎

17:00 閉会挨拶 前田富士男(アート・ドキュメンテーション学会会長)

開催趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます
国立歴史民俗博物館は、2015年度からメタ資料学研究センターを設置し、新しい異分野連携・融合のモデルケースたりうる新学問分野として「総合資料学」の創成を目指す研究を続けています。この研究の3つのユニットのうちのひとつ「人文情報ユニット」では、「大学や博物館の資料情報や研究成果をLinked Data等でつなぎ、各研究機関の資料や博物館資料をより活用可能にする」ための研究を行っており、「国際的な標準語彙(ボキャブラリ)の活用」もその主要要素のひとつに位置づけられています。

ここでいう標準語彙は、人名、作品名、地名、ジャンル・概念などの表記や定義を標準化し、語形や表記の変化・揺れや同形異義語などを整理することで、さまざまな事物・概念を整理でき、記録・情報化や理解を助けるものとなります。この標準語彙については新たな開発や実践の動向がみられます。例えば、さまざまな言語で構成された標準語彙を連携させ、国際レベルでの標準化を行うことや、LOD(Linked Open Data)のしくみを活用し、さまざまな領域や情報源(OPAC、データベースなど)を横断して情報の組織化を実現することが挙げられます。

芸術・歴史分野でその中心的な役割を担う機関のひとつが米国ゲティ研究所(Getty Research Institute)で、Getty Vocabulary Programと総称される標準語彙の策定・活用の現状と構想については、本集会の共催団体であるアート・ドキュメンテーション学会や関連機関・学会等での研究発表、及びゲティ研究所からの来日講演などにより、日本でも知られるようになっています。

本研究集会では、Getty Vocabulary Programの概要と実践事例を紹介しつつ、日本の関係者・関係機関がこのプログラムに関与することで拓かれる可能性や、その実現のための課題を論じることとします。

お申し込み方法

参加申込フォーム
以下のリンク先の参加申込フォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。
お申込みフォームはこちら

 

歴博国際研究集会「葬送儀礼の近代化と専門家教育」

開催概要

名称:葬送儀礼の近代化と専門家教育
 MODERNIZATION OF FUNERAL RITUALS AND PROFESSIONAL EDUCATION
日時:2018年4月13日(金) 13:00 ~ 17:00
場所:国立歴史民俗博物館ガイダンスルーム
対象:研究者、学生、専門家
使用言語:日本語(一部中国語・逐次通訳あり)
主催:国立歴史民俗博物館
共催:JSPS科研費(16H03534)
 「現代日本における死者儀礼のゆくえ―生者と死者の共同性の構築をめざして」
 中国・長沙民政職業技術学院
特別協力:株式会社冠婚葬祭総合研究所

スケジュール

13:00-13:10 挨拶、趣旨説明
13:10-13:40 沈宏格(長沙民政学院)「中国における葬儀教育の概況」
13:40-14:10 李毓超(長沙民政学院)「中国の公共墓地制度」
14:10-14:40 梁小花(長沙民政学院)
 「中国の大学生における生命教育の現状、葬儀と生命教育との関係について」
14:40-15:10 郭灿辉 (長沙民政学院)「中国の葬儀文化」
15:20-15:50 小谷みどり(第一生命経済研究所)「日本における葬儀の変容」
15:50-16:20 山田慎也(国立歴史民俗博物館)「日本における葬儀業の資格化」
16:20-16:50 総合討論
16:50-17:00 閉会挨拶

開催趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます
アジア地域では近代化が進み葬儀産業が発展していくなかで、従事者の専門家教育が課題となり、教育システムの構築と資格化が進んでいる。本研究集会では、中国長沙民政職業技術学院の研究者を迎え、それぞれの葬儀の状況と専門家教育、資格制度について報告を行い、それぞの相違や死を取り巻く環境の変化について検討することを目的とする。

歴博国際研究集会「東アジアにおける文字文化とジェンダー」

開催概要

名称:東アジアにおける文字文化とジェンダー
   동아시아 문자문화와 젠더
   Culture of Writing and Gender Studies in East Asia
日時:2018年2月21日(水) 10:30 ~ 16:45
場所:国立歴史民俗博物館大会議室(管理棟1階)
   ※管理棟入口からご入場ください。地図はこちら
定員:50人程度(対象:研究者、学生)先着順(要事前申込)
参加費:無料
使用言語:日本語(一部韓国語・逐次通訳あり)
主催:国立歴史民俗博物館

共催:韓国国立ハングル博物館
協力:JSPS科研費(15K02813)
「東アジア諸王室における『后位』比較史研究に関する国際的研究基盤の形成」


共同研究ホームページはこちら

スケジュール

10:30-10:45 開会・開催趣旨説明
10:45-11:45 館長挨拶・博物館活動紹介
       国立歴史民俗博物館/韓国国立ハングル博物館
11:45-13:00 休 憩
13:00-14:00 ユ ホソン(Riw, Ho sun)韓国国立ハングル博物館
       「朝鮮時代女性読者のためのハングル資料」
14:00-15:00 イ ヒョンジュ(Lee, Hyunju)韓国成均館大学校
       「韓国古代金石文と女性
        -『蔚州川前里書石』から見た新羅の王室女性-」
15:10-15:15 休 憩
15:15-16:00 三上 喜孝(MIKAMI Yoshitaka)国立歴史民俗博物館
       「古代日本の文字文化とジェンダー」
16:00-16:40 コメント 伴瀬 明美(BANSE Akemi)東京大学史料編纂所
       総合討論
16:40-16:45  閉会挨拶

司会:仁藤敦史(国立歴史民俗博物館)

開催趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます
ジェンダー史研究は世界の学界の重要な潮流となっており、国立歴史民俗博物館においても平成28年度から共同研究「日本列島社会の歴史とジェンダー」を進めています。こうした流れを前提に本研究集会では、日本と韓国の文字文化の問題を比較史的に検討し、東アジアの文字文化の特質をジェンダーの視点から浮かび上がらせることを目的とします。

たとえば日本においては、漢字と仮名の関係をジェンダーの問題としてとらえることができますが、同様に韓国においても、漢字とハングルの関係をジェンダーの視点からとらえることが可能です。交流協定を締結している韓国国立ハングル博物館とともに本研究集会を主催し、文字文化とジェンダーの関係を、東アジアの中でとらえることをめざします。