歴博国際研究集会「文化財のデジタル化とその保存・活用―イギリスと日本」

開催概要

名称:文化財のデジタル化とその保存・活用―イギリスと日本
日時:2017年11月22日(水)17時45分~20時10分(17時20分開場)
場所:尚友会館 8階 会議室(東京都千代田区霞が関3-3-1)
定員:100名(申込不要、先着順)
参加費:無料
使用言語:日本語、英語 ※英語については逐次通訳(日英)あり
主催:国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成事業」
共催:全国歴史民俗系博物館協議会関東ブロック

スケジュール

17:45~17:50 開会挨拶・趣旨説明
  久留島浩(国立歴史民俗博物館長)
17:50~19:00 講演
  「イギリスにおける文化財の保存と活用について
   -ウェールズ国立博物館の実践をふまえて-」
  デイビッド・アンダーソン(ウェールズ国立博物館長)
19:00~19:20 報告
  「日本における文化資源と歴史資料の大規模デジタル化の現状と課題」
  後藤真(国立歴史民俗博物館)
19:25~20:05 討論
  デイビッド・アンダーソン
  後藤真
  三木美裕(国立歴史民俗博物館客員教授)
  司会:久留島浩
20:05~20:10 閉会挨拶
  小林淳一(東京都江戸東京博物館副館長)

開催趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます

文化財保護法の見直しや大規模なデジタル化事業が行われるなど、日本における文化財をとりまく状況が大きく変貌しつつある。文化財保護法の見直しは文化財行政がより「活用」へと重心をかえるものであり、それはともすれば保護とのバランスがくずれかねない状況にあるともいえる。一方で、世界全体をおおうデジタル化の波は、これらの保護と活用の関係性そのものも変えてしまうようなものになっている。

そこで、本研究集会では、デジタル化等を通じて文化財のさまざまな課題を乗り越えてきた先行事例であるイギリス(ウェールズ)の状況について、デイビッド・アンダーソン氏をお迎えして講演をいただく。アンダーソン氏の講演を踏まえ、日本ではどのように考えるべきなのか、議論を行いたい。

歴博国際研究集会「歴史展示におけるジェンダーを問う」

開催概要

名称:歴史展示におけるジェンダーを問う
日時:2017年7月2日(日)10:00~17:00
場所:国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム
定員:50名(要事前申込)
参加費:無料
使用言語:日本語(一部英語・逐次通訳あり)
主催:国立歴史民俗博物館
共催:日本学術会議史学委員会歴史学とジェンダーに関する分科会
後援:ジェンダー史学会、総合女性史学会

共同研究ホームページはこちら

申込み gender@rekihaku.ac.jp宛てにお申し込みください。
スケジュール

10:00-10:10 開催趣旨 横山百合子(国立歴史民俗博物館)
10:10-10:50 トノムラヒトミ(ミシガン大学歴史学部)
       「アメリカにおけるジェンダー史研究状況と博物館展示」
11:00-11:40 黄貞燕(國立臺北藝術大學博物館研究所)
       「博物館の資料収集・展示におけるジェンダー:台湾での経験から」
12:50-13:50 コー・リン・リー(シンガポール国立博物館前館長)
       「統合の歴史
        ―シンガポール国立博物館におけるケース・スタディ―」
14:00-14:40 松本直子(岡山大学大学院社会文化科学研究科、
       日本学術会議連携会員)
       「日本の博物館におけるジェンダー表現の課題と展望
        ―歴博の考古学展示に触れつつ―」
15:00-15:10 コメント1
       長志珠絵(神戸大学大学院国際文化学研究科、
        日本学術会議連携会員)
15:10-15:20  コメント2 三上喜孝(国立歴史民俗博物館)
15:20-16:50  総合討論
       報告者、コメンテータ、藤尾慎一郎(国立歴史民俗博物館、
       日本学術会議連携会員)

16:50-17:00  総括  久留島典子(東京大学史料編纂所、日本学術会議連携会員)

「歴史展示におけるジェンダーを問う」予稿集(PDF)

備考

本研究集会は歴博基盤共同研究「日本列島社会の歴史とジェンダー」の成果に基づく事業です。

開催趣旨


画像をクリックするとチラシが見られます
2016年度に開始した歴博基盤共同研究「日本列島社会の歴史とジェンダー」では、これまでの研究を通して、博物館における収集・展示とそれを支える研究、および来館者が展示を通して理解する歴史像の両面で、歴史展示に表象されるジェンダーの重要性を確認してきた。本研究集会では、資料収集、研究、展示等、博物館業務の全般にわたるジェンダー視点の導入の意義、方法、またその成果を国際的視点から検証し、「歴史叙述としての展示」へのジェンダー視点導入の実践的方向性を探る。