このページの目次
Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5Vol.6Vol.7Vol.8Vol.9Vol.10Vol.11Vol.12Vol.13Vol.14Vol.15Vol.16Vol.17Vol.18Vol.19

Vol.1 「揺らぐ考古学の常識-前・中期旧石器捏造問題と弥生開始年代-」

2004年1月発行

項目 執筆者
日本旧石器文化の起源-旧石器捏造事件を越えて- 春成秀爾
年代研究の最先端-AMS炭素年代法による第二革命- 今村峯雄
[コラム] AMS年代測定の考古学への応用 小林謙一
[座談会]弥生時代の開始年代 今村峯雄
春成秀爾
小林謙一
[司会]
設楽博己
AMS炭素年代測定による弥生時代の開始年代をめぐって 設楽博己

Vol.2 「環境史研究の課題」

2004年3月発行

項目 執筆者
水田の環境史-なぜ日本人は稲を選んだのか- 安室 知
地球時代の環境史 辻誠一郎
[コラム] いま、なぜ環境史か-魚と人をめぐる比較環境史- 卯田宗平
[コラム] 環境史研究と時空間情報科学 津村宏臣
貝塚はゴミの山か宝の山か 西本豊弘

Vol.3 「新しい近現代史研究へ」

2004年9月発行

項目 執筆者
幕末維新史の史料学 宮地正人
[コラム] 静岡藩←→佐倉藩の御貸人・留学生-維新期の軍事・教育と人材交流- 樋口雄彦
民衆史研究の現在-『<帝国>』との接点で- 安田常雄
[コラム] 環境史研究と時空間情報科学 一ノ瀬俊也

Vol.4 「出土文字資料の新展開」

2005年3月発行

項目 執筆者
文献資料と出土文字資料 吉岡眞之
在銘鉄剣・銅印-その調査と保存活用について- 永嶋正春
[コラム] 柳町遺跡出土棒状留具の文字 永嶋正春
[コラム] 中世の出土文字資料-経塚の可能性 村木二郎

Vol.5 「歴史と文学のあいだ」

2006年3月発行

項目 執筆者
倭武天皇の巡行する東国 三浦佑之
古代「東国」論-歴史と文学の往来- 平川 南
[討論] 歴史と文学のあいだ 三浦佑之
平川 南
[司会]
仁藤敦史
[補論] 相武の焼津と駿河の焼津 仁藤敦史

Vol.6 「日本人の心性を探る」

2006年3月発行

項目 執筆者
古代人の心性を探る-弥生・古墳時代の首長墓からのアプローチ- 広瀬和雄
しぐさと呪い 常光 徹
研究展示から見えてくるもの(企画展示「日本の神々と祭り 神社とは何か?」より)-博物館と大学院- 新谷尚紀

Vol.7 「儀礼を読みとく」

2006年10月発行

項目 執筆者
中世の知と儀礼-日本中世史研究の現代的課題- 井原今朝男
[コラム] 中世における三席御会-漢詩と和歌と管絃と- 酒井茂幸
[コラム] 儀礼と食-赤飯とはなにか 安室 知
修正会・修二会を読み解く-王権と民俗- 松尾恒一
[コラム] 儀礼の変遷からみる民俗習俗-山寺夜行念仏を例にして- 工藤紗貴子
[対談]儀礼を読みとく-王権、暴力、排除と統合- 井原今朝男
松尾恒一

Vol.8 「史料の新しい可能性をさぐる」

2007年3月発行

項目 執筆者
中世の出土文字資料を読む 高橋一樹
[コラム] 戦死者の幽霊話を読み解く 村山絵美
呪術の歴史と民俗 小池淳一
[コラム] 今町供養人の特質と図解-初期洛中洛外図の魚棚描写をめぐって- 西山 剛

Vol.9 「建築史と考古学の接点を求めて-平泉と鎌倉から-」

2008年3月発行

項目 執筆者
平泉と鎌倉、発掘された虚と実 小野正敏
[コラム] 平泉の発掘調査 羽柴直人
平泉・鎌倉の建築文化-建築史と考古学の接点を求めて- 玉井哲雄

Vol.10 「人がつくる環境-」

2008年7月発行

項目 執筆者
つくられた景観-街道絵図を読む- 山本光正
[コラム] 創られた名所-文人層の旅世界- 原 淳一郎
[コラム] 役者と「つくられた景観」 加藤征治
つくられた自然-人為的自然と生業- 篠原 徹
[コラム] 干潟と風景-千葉県香取市与田浦周辺をめぐって- 秋山笑子
[コラム] 人がつくる景観-南房総の自然と農業- 渡部鮎美
[コラム] 蒲田の植木市 厚 香苗

Vol.11 「美術資料に歴史を読む-漆器と洛中洛外図-」

2009年3月発行

項目 執筆者
ヨーロッパ向け輸出漆器にみる異国観 日高 薫
[コラム] 謎の御庭焼「三楽園焼」 新免歳靖
洛中洛外図屏風の登場人物 小島道裕
[コラム] 描かれた禁裏の記憶-洛中洛外図屏風(歴博乙本)- 杉山美絵

Vol.12 「分析科学と歴史学」

2010年1月発行

項目 執筆者
失われた技術「大鍛冶」の再現  齋藤努
炭素一四年代と新弥生時代像 藤尾 慎一郎
[コラム] 安定同位体分析と家畜  金 憲奭
[コラム] 弥生時代の新年代観に対する青銅器時代の年代観 李 昌熙

Vol.13 「資料で酒を味わう-生産と消費から-」

2011年2月発行

項目 執筆者
江戸の酒事情 岩淵令治
近代の酒造技術-東京市場をめぐる品質競争- 青木隆治
[コラム] 酒史研究、とくに縄文時代の酒造について 辻 誠一郎
[コラム] 杜氏の「職人」イメージとその実態 松田睦彦

Vol.14 「信仰と儀礼の歴史学」

2012年2月発行

項目 執筆者
聖地の形成と展開 村木二郎
告別式の展開と葬儀の変容 山田慎也
[卒業生最前線]
 なぜ総研大を選んだのか-私の異分野への挑戦
卯田宗平

Vol.15 「今、なぜフィールドワークなのか」

2013年2月発行

項目 執筆者
生と死の考古学-縄文時代の死生観- 山田康弘
世界遺産の民俗学-屋久島でのフィールドワークから- 柴崎茂光
[総研大の魅力最前線]
 歴博で学んで-文化財保護行政の現場で思うこと-
岡村一幸

Vol.16 「もの資料で見る歴史-絵画と服飾-」

2014年1月発行

項目 執筆者
特集1 名所絵をどう見るか 大久保純一
特集2 記号としての服飾
     -小袖意匠に映し出された身分・階層-
澤田和人
大学院の魅力を語る
 歴博で学んで-被災地で民俗誌を考える-
葉山 茂

Vol.17 「越境する『日本史』-欧米にある日本関係資料の研究-」

2015年3月発行

項目 執筆者
特集1 ヨーロッパのアイヌ関係資料
     -イギリス・フランスの事例から-
内田順子
特集2 ハワイの移民社会を見直す
     -ステレオタイプの克服を目指して-
原山浩介
大学院の魅力を語る
 歴博、朝顔、園芸文化
平野 恵

Vol.18 「メディアリテラシーを育む」

2016年3月発行

項目 執筆者
特集1 メディアリテラシーを育む
     -アイヌ文化に関する映像を中心に-
内田順子
特集2 災害の遺構は保存されるべきか?!
     -奥尻・阪神淡路・中越、そして東日本-
川村清志

Vol.19 「地域史の可能性―越前から描く中世―」

2017年3月発行

項目 執筆者
特集1 南北朝期の越前と室町幕府 田中大喜
特集2 越前の「領」にみる越前松平氏の領国支配構造 長谷川裕子
特集3 討論 田中大喜
長谷川裕子
村木二郎