このページの目次
「新出の野村コレクション」「江戸の妖怪絵巻」

第3展示室
「新出の野村コレクション」

開催概要

開催期間 2024年1月5日(金)~ 2024年2月4日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑(入苑は16:00まで)にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日 2024年1月9日(火)、15日(月)、22日(月)、29日(月)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

● 新発見資料を初めて一般に公開します。
● 江戸時代の染織工芸の美をご覧いただけます。
● 小片すらも大切にしたコレクターの情熱が看取できます。

趣旨


オーキッドツリーを植樹する野村賤男とマイアミ市長
個人蔵

野村コレクションとは、京都の美術商であり小袖を中心とする近世日本の衣裳の蒐集家でもあった野村正治郎(1880-1943)が築きあげた服飾品・装身具の一大コレクションです。小袖、衣桁にかかった小袖をかたどって貼装した「小袖雛形屛風」、袖形に装幀した小袖裂、櫛・簪などの髪飾り、筥迫・煙草入れなどの袋物等、その数は1000点を優に越えています。コレクションの大部分は本館に収蔵されていますが、いくつかは国内外の各地に分蔵されており、また、散逸し行方知らずとなったものもあります。

今回展示する小袖裂を貼装した3点の2曲1隻屛風は、野村コレクションのうちに含まれ、近年新たに発見された資料です。2021年度に寄贈を受け、一般に公開するのは初めての機会となります。いずれにも裏面に野村賤男の印章があり、賤男が制作に関与したとわかります。賤男は旧姓を森下、ミドルネームをモリスといい、日系2世のアメリカ移民でしたが、1930年に正治郎の一人娘の政子と結婚し、野村家に婿入りしました。

本特集展示では、新出の3点の小袖裂貼装屛風を紹介するとともに、賤男の足跡をたどり、第二次世界大戦を挟む時期の日系アメリカ移民の活動についても見ていきます。

主な展示資料


小袖裂貼装屛風(7点貼装)
国立歴史民俗博物館蔵

・小袖裂貼装屛風(6点貼装)
・小袖裂貼装屛風(8点貼装)
・小袖裂貼装屛風(7点貼装)  他

約 20 点(一部個人蔵、その他全て本館蔵)

展示資料一覧はこちら

 

 

 

 

【展示代表】

澤田 和人 さわだ かずと(国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 准教授)

専門は染織史。服飾史。絵画史(絵巻)。
特に、中世を中心とする染織および服飾・衣装風俗に関する研究。
1998年に文学修士(大阪大学)を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

 

1) 小袖裂貼装屛風(6点貼装) 国立歴史民俗博物館蔵

新出資料。貼装されている裂は、みな野村コレクションの「小袖雛形屛風」(全100点、本館蔵)と一連のものであり、江戸時代前期から中期の作。

2) 小袖裂貼装屛風(8点貼装) 国立歴史民俗博物館蔵

新出資料。貼装されている裂は、野村コレクションの「小袖雛形屛風」(全100点、本館蔵)や袖形装幀裂(全100点、本館蔵)と一連のものや、コレクション図録『続誰が袖百種』(芸艸堂、1930年)掲載資料と同一ないし一連のものを含み、江戸時代前期から中期の作。

3) 小袖裂貼装屛風(7点貼装) 国立歴史民俗博物館蔵

新出資料。貼装されている裂は、野村コレクションの袖形装幀裂(全100点、本館蔵)と一連のものや、コレクション図録『続誰が袖百種』(芸艸堂、1930年)掲載資料と同一ないし一連のものであり、江戸時代前期から中期の作。

 

第3展示室
「江戸の妖怪絵巻」

開催概要

開催期間 2023年8月1日(火)~ 2023年9月3日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 特集展示室
料金

一般600円/大学生250円
高校生以下無料
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等の提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑(入苑は16:00まで)にご入場できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 8月7日(月)、8日(火)、21日(月)、28日(月)
※8月14日(月)は開館します
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

●一口に絵巻といっても、さまざまな表現形式が用いられたことをご覧ください。
●滑稽でどこか愛らしい妖怪たちの姿は、今日の妖怪ブームにも通じるものがあります。
●「百鬼夜行図」や「土蜘蛛草子」「地獄図巻」など、一流絵師の手による優品です。

趣旨

江戸時代には絵本や草双紙、絵巻、錦絵などありとあらゆる種類の妖怪図が無数に制作され、妖怪ブームの時代だったといわれています。その理由のひとつは、妖怪というものが描き手の想像力を刺激するものだったからでしょう。当館は「怪談・妖怪コレクション」と題して、国内でも有数の幽霊や妖怪の絵画コレクションを有しています。今回の特集展示はその中から絵巻という形式に焦点を当てて展示資料を選抜します。室町時代に成立し、江戸時代に多数の模写作やアレンジ作を生んだ“百鬼夜行絵巻”の中で、当館所蔵の狩野益信作は江戸初期の優品です。

「百鬼夜行図」のように妖怪たちのパレードを描く“百鬼夜行絵巻”の他に、江戸時代には妖怪図鑑ともいうべく、多種類の妖怪を羅列的に並べた絵巻も生み出されました。「化物絵巻」はそうした作例のひとつです。

また、源頼光と四天王らによる土蜘蛛退治を描く「土蜘蛛草子」のように中世の御伽草子の流れを汲むものや、鹿児島を舞台に妖狐を退治する侍大石兵六を主人公にした物語「大石兵六物語絵巻」など、絵巻本来のストーリー性を持つ構成をとるものも展示します。

併せて、純粋の妖怪だけではなく、地獄をテーマにした耳鳥斎の戯画「地獄図巻」も加えることで、絵巻という形式の中で多彩な展開を見せた江戸期の妖怪図を紹介します。

「大石兵六物語絵巻」(部分) 
江戸時代後期 国立歴史民俗博物館蔵
※この場面は8月22日(火)より展示します。

 

主な展示資料


狩野益信「百鬼夜行図」(部分) 
江戸時代前期 国立歴史民俗博物館蔵

・狩野益信「百鬼夜行図」
・「化物絵巻」
・狩野来信「土蜘蛛草子」
・「大石兵六物語絵巻」
・耳鳥斎「地獄図巻」

など8点(すべて本館蔵)

展示資料一覧はこちら

 

【展示代表】

大久保 純一(国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 教授)
専門分野 日本近世絵画史
著書、論文、原稿執筆、講演多数。主な著書に、『アートセレクション 千変万化に描く北斎の冨岳三十六景』(小学館、2005年)、『カラー版 北斎』(岩波新書、2012年)、などがある。

 

狩野益信「百鬼夜行図」(部分) 江戸時代前期 国立歴史民俗博物館蔵

室町時代に成立した「百鬼夜行絵巻」は、江戸時代に無数の類作・模本を生みました。本作は幕府御用絵師の狩野益信が描いたもので、江戸期につくられた同種の作中でも、とくにすぐれた出来栄えを見せています。

「化物絵巻」(部分) 江戸時代 国立歴史民俗博物館蔵

妖怪図鑑ともいうべく、多種類の妖怪を羅列的に並べた絵巻。個々の妖怪の名称を添えて20種以上も図示されています。描かれた妖怪たちの姿からは、みなどこかしら愛嬌がにじみ出ています。
※この場面は8月22日(火)より展示します。

狩野来信「土蜘蛛草子」(部分) 寛政11年(1799) 国立歴史民俗博物館蔵

源頼光と四天王らによる土蜘蛛退治を描く絵巻。中世に成立した土蜘蛛の物語の流れを汲むもので、作者は狩野来信。幕府の御用絵師らしい手堅い描写力を示しています。

「大石兵六物語絵巻」(部分) 江戸時代後期 国立歴史民俗博物館蔵

鹿児島を舞台に妖狐を退治する侍大石兵六を主人公にした物語を絵巻にしたもの。兵六はときに妖怪から逃げ惑いつつも、最後は無事に妖狐を捕えることができます。
※この場面は8月22日(火)より展示します。

耳鳥斎「地獄図巻」(部分) 寛政5年(1793) 国立歴史民俗博物館蔵

鳥羽絵というコミカルな画風で活躍した耳鳥斎の作。地獄の鬼たちが亡者らをさまざまな滑稽な手段で責めさいなむ様子が描かれています。

関連イベントのご案内

歴博講演会 第445回「絵画史から見た江戸の妖怪絵巻」

日時 8月12日(土) 13:00~15:00
講師 大久保 純一(展示代表)
場所 歴博講堂