このページの目次
「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」(企画展示室) 「伝統の朝顔」(第3展示室) 「よみがえる地域文化-岐路に立つ共同体(コミュニティ)のいま-」(第4展示室)

特集展示(企画展示室)
「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」

開催概要

開催期間 2019年7月30日(火)~9月8日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室
料金 一般600(350)円/大学生250(200)円
高校生以下無料
(  )内は20名以上の団体

※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※開館日・開館時間・料金を変更する場合があります。

開館時間 9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
※8月13日(火)は開館します
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 美術史的あるいは民俗学的に価値の高い「百鬼(ひゃっき)夜行図(やぎょうず)」や「化物絵巻」など、国内有数の「怪談・妖怪コレクション」からお宝が続々出品!
  • 絵双六やカルタ絵などの玩具絵を通し妖怪が娯楽の中に溶け込んでいたことを垣間見ます
  • 幽霊をあつかい大がかりな仕掛けを用いた演目が江戸末期の歌舞伎で大人気だったことを紹介します
  • 無数の妖怪を描く「百鬼夜行」が、幕末の風刺画の中で大きな役割を担っていたことを紹介します

 

 

特集展示(第3展示室)
『もの』からみる近世「伝統の朝顔」

開催概要

開催期間 2019年7月30日(火)~9月8日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室 副室
料金 一般600(350)円/大学生250(200)円
高校生以下無料
(  )内は20名以上の団体

※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※開館日・開館時間・料金を変更する場合があります。

開館時間 9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
※8月13日(火)は開館します
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 『園芸文化としての朝顔の育成のブーム』と『デザインやイメージとして人々にうけとめられた朝顔』という二つのテーマで展示します。
  • 館蔵品の中から、朝顔に関する図譜や園芸書、美術工芸品を選んで展示し、近世・近代における朝顔にまつわる文化を紹介します。

 

 

「よみがえる地域文化-岐路に立つ共同体(コミュニティ)のいま-」(第4展示室)

開催概要

開催期間 2019年7月23日(火)〜 11月4日(月)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 副室
料金 一般600(350)円/高校生・大学生250(200)円
高校生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館無料。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※開館日・開館時間・料金を変更する場合があります。
開館時間 ~9月 : 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
10月~ : 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
※8月13日(火)は開館します
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

みどころ

  • 災害を乗り越え、あるいは災害を契機に再発見された各地の貴重な文化財の数々。
  • 写真・映像を通して災害や地域社会の変貌を再認識するとともに、新しい脈動を見出します。