9 土器の表面を見てみよう
穀物の圧痕をもつ土器の時期を決めることは,ほとんど文様のない西日本の縄文土器の場合,大変難しい作業になります。日本でもっとも早く農耕が始まった可能性のある九州において,穀物の圧痕をもつ土器の時期が上がらないのは,これが原因の一つです。(藤尾)
参考文献
・中沢道彦2014『先史時代の初期農耕を考える−レプリカ法の実践から−』日本海学研究叢書,富山県観光・地域振興局,国際・日本海政策課

2014 国立歴史民俗博物館