エピローグ 文書の後世における利用