第4章 素材と手段